So-net無料ブログ作成
検索選択

『脳内ニューヨーク』久々タイトル買いで観た映画。 [映画(仮)]

わかろうとしないから、わからない、っていう言葉があると思うんですけれど、僕もそう思うんですね。何にしても、理解しようとしないから、わからないんだ、っていう。何にでも言えると思うんです、それはもう根本的に言えば、人のこととか、自然のことだとか、演歌の心とか、いろいろありますけれど、その中にもちろん、映画も含まれるわけですね、ええ。たとえばこの映画は何でこんなに意味がワカラナイんだろう、とか。そこで考えるのを止めてしまったらダメだと思うんですよ、どうしてこうなってるんだろう、っていう疑問を持って、自分なりに考えるということも必要なわけだと思うんですよ。で、今日紹介するのはこの映画なんですが、

脳内ニューヨーク

SYNECDOCHE, NEW YORK

●キャッチフレーズ:人生には“何か”あるはず

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ

●観て思ったこととか。
意味がわからねえよ。

・・・。

・・・。

・・・。

・・・まあそれでも、ちょいちょい面白かったけれどもさ。
たぶんアレだろ、ひっく・・・、脳の中はニューヨークみたいにゴチャゴチャしてる、みたいなことだろ、そんなことが言いてえんだろ、ひっく・・・。

だから頑張って僕なりに考えましたが、
この映画は、

脳の中がね、ばぼーーんしちゃってる人の話です、たぶん。
それにしてもこれ、
日本版のポスターと本国版のポスター、180度違う感じですね。




で、話変わりますけれど、
渋谷のタワレコで買い物してたんですが、昨日今日はモバイルサイト会員はポイント3倍!つって。
それで僕もそれを利用しない手はないなと。
ただあの、新宿もそうなんですが、渋谷のタワレコも、文字通り、タワーになってるからフロアーごとの会計にすると損になることがあるんですよ。
まとめて会計してもらわないと、合計金額は一緒でもそれを別々に買ってたらばポイント少ないパターンとか出てきてしまう。
なんで、

まとめて会計してもらいたいんですけどー。

って言えば、まとめて会計してくれるシステムにはなってるんですね。僕はそれは今回で2回目ですけれど。

新宿の場合は店員さんが次に買い物したいフロアまで付いてくるんですよ、防犯ゲートをピーピー鳴らして。
それはもう羨望の眼差しですよ、周りの客から。
で、今日の渋谷の場合もそうなのかなーと思ってたらば、

ではそのフロアーでお預かりしておきますので。

って言われて、
で、その次の目的地のフロアーに行ってまとめて精算してもらったんですけれど、
そのほうがいいですよね、やっぱり。

ただそれで僕今思ったのは、そのCDを何の手段を使ってそのフロアーまで届けたのか、っていうこと。

あれかな、
洋画のアクション映画とかでよくある、
ホテルのクリーニングダッシュートみたいなのがあるのかな。
で、
送り先が2Fだとしたら、
そこにアタマ突っ込んで、

へーーーーーイ!セカンドフロアースタッフー!!

って呼んで、で、

2Fのスタッフの顔出てきたらそのCD放り込むのかな。

で、たとえばそれが恋人同士で昨日ケンカしたとかだったらば、
5Fの女がものっそいたたきつけるような感じでそのCDを2Fの男に投げてきて、

わっち!!(危ない、的な)

みたいな。

それかアレかな、

ではそのフロアーでお預かりしておきますので。

って言われて僕を見届けてから猛ダッシュで階段駆け下りようとするものの、でもその前を僕が階段を下りているのを見て、はっ!ってなって追い越すことが出来ず、じわじわと僕の後を気づかれないように下りてきていて、事前に連絡を受けていた2Fのスタッフはまだ来ねえのかよ、もうその客来ちまうぜ・・・みたいな感じで焦って、なんかそれはもうたとえるならば駅伝みたいな感じで、で、ようやくそのスタッフがぜーぜー言いながら到着するかしないかっていうあたりで僕の姿が見えたのでどっちが先にゴールするか?!みたいなことになってとりあえずオビだけでも!みたいなことでパッケージばりばり破いてオビをまるめてぽーーーーーーんっしてオビだけ先に到着、そんな陰のエピソードがあるとは知らない僕は・・・、





・・・っていうか今度猛スピードで次のフロアーに移動して猛ダッシュで目的のCD探してカウンター持って行ってみてどうなってんのか試してみよーっと。(嫌な客。)

エコポイントの申請が何気にめんどくさいと思うのは僕だけですか。

よく、雪虫はキレイだ、とか言うじゃないですか。
僕思うんですけれどね。

いくらきれかろうが、



って時点でダメ。

もうダメ。

雪の恰好をした虫、って時点で子供の夢をブチ壊しですよ。

うわ、雪だー!!

…つって、校庭に出てみたらそれは雪じゃなくて虫なわけですよ。

ムキーッ!なりますよ。

ある種の振り込め詐欺ですよ。

残酷ですよ、雪虫ってヤツは。

…見たことないけど。

それと僕最近思うんですけれど。

ご用のかたは発信音のあとにお話しください…ピーッ!

て言うじゃないですか、留守番電話が。

ご用の~くださいのおばばのことは別にいいんですけれど、
この、

ピーッ!

が、デカすぎる留守番電話、ありますね。

あれ、ムカつく。

おばばの声量とのギャップにびくってなってムキーッ!ってなります、あれ。
しかもちょっとピーッ!がおばばヴォイスにカブってフライング気味な。

もうどうせならあのおばばがピーッ!って言えばいいと思うの。

そうしたらば、おばば声量で一定だからびくってならないと思うの。
そうしたらば、
おばばが、リフレインが、叫ぶかも知れないけれど、無機質なピーッ!に比べたらどうってことないよ。

あのおばばが言うならば、どうせなら、ピーッ!でなくてもいいと思うの。

でーっ

とか、

ばぉーっ

とか、

ずちゃ

とか、

すぇ…あ、なんか考えるのめんどくさい。

唐突にめんどくさい。

それはなんでかって言ったらば、どうせそんなの絵空事なんだ、僕の絵空事なんだ…。



(気を病んでる体)

なんでなんだか、清水ミチコのブログだけ表示されなくなった件について。 [素(仮)]

お気づきの方はいないと思いますが、
このブログ、
ただいまちょっとした改装工事をしとりまして。

年末ですし、ブログでも、道端でも工事も増えるということでね。

今、たまたまそれにかこつけて言ってみただけですけれど。

簡単に言うと、映画カテゴリの件名を映画のタイトルに書き換える作業をしてます。一個の記事で数本紹介してるのとか結構ありますから。画像だけではほかに何を紹介してるのかわからないですし。

これまで紹介した映画本数、ざっと250本以上になると思いますが、言わずもがな、書き換えるのめんどくさい。

もしこれが一本一本ずつ記事を書いてたら…と思うとゾッとします。

-と、現場近くに住む恰幅の良い主婦(67)は声を震わせながら振り返った-って感じなんですけれど。

…だから記事のタイトルが徐々に変わってますので、ってか最初はもろともすぱーっと消してたんですけれど、途中から今のタイトルが長くなって近況書くスタイルにしてから、記事本文よりタイトルだけに触れるコメントが増えてきたので、タイトルを本文中に移動したりもしてます。だってタイトル完全に消しちゃったら、この人は何でこんな記事の内容と関係ないコメント書いてるの?お母さん、みたいなことになって子供電話相談室沙汰なので考えましたよ、僕。僕はそうなっても構わないですが、コメント書いていただいた方はそうはいかないと思うので。

だから映画カテゴリだけで見たらどこにその感想が書いてあるか一目瞭然です。なんかちょっと、成長したな、って思います、我ながら。

ってか、もっと早くにやっときゃ良かった、って思いました。資格とかと一緒ですよ。ユーキャンに頼るくらいなら…!みたいなことですよ。

で、近況としましては、僕は前々から、カレンダーの赤い日とはあんまし関係ない生活をしてますので、連休なんか関係ないですし、だから部屋にカレンダーないですし。
だからなんかそんなカレンダーとは無縁の生活なので、12月を11月プラス1、みたいな考えにして、11月で本体を切り離して12月はあくまでも、十一ヶ月とご一緒に12月もいかがですか、の感覚でできれば過ごしたいと考えているわけでっていうか僕何言ってるんですか。

悪あがきっていうかなんていうかそれはもう、13月を用意して欲しい気分。

なんていうんですか、物心ついたときから身近な存在だったわけで、
でも別に日頃から格別なご高配を賜っているほど好きだとかそういうんじゃないんですけれど、
でもこうしてたまにばったり会ったりしてしまうと、欲してしまったりもしますよね、

ミッキー。

これ、1メートルサイズで、

294,000円だそうなんですけれど。

ちょっと欲しい。

一桁多かったらそう思わないけれど微妙に欲しいと思える額。

でも買わない。

海賊版DVD、

わたしは見ない、わたしは、買わない。


こんばんは。


映画館でドリンク頼んで、

M

って言ったのに、

L

が出てきて、
この寒いのにLなんか飲んでるよ!とか思われたら嫌だなと思いつつ、
季節はずれのLを飲みました。

100円しか違わないからね。

294,000円のミッキーと293,600円しか違わないからね。

金銭感覚がこういうところで麻痺しますよね。

・・僕だけね。

ってかこれ結構誰でも思うと思うんですけれど、

S
M
L

ってまぎらわしくないですか。

全部、

えう
えう
えう

なんですよ、母音が。

これ考えたやつ・・・、

バカじゃん!!

って目の前にしたら言えないけれど、心の中では言うじゃないですか、たぶん。

え!あの、S、M、Lを考えた人なんですかー!
すごいー!!

とか言っておきながら内心では、バカじゃん!って思うじゃないですか。

S、M、Lと言って聞き間違われるのを防ぐには、
一番手っ取り早いのは、
ラージで、とか言えば間違われないんですけれど、
スモール、だとなんか、嫌でしょ。
ネタの流れ的にそううことにしておきますけれど。

だから、
ひととようでいけばいいのかな、って思いますね、手っ取り早いのは。

ええ

ああ

で、3段階。

わかりやすい。

ひととようわかりやすい。



お断り。
何度かこのブログではひととようをネタにしていますが、筆者は別にファンでも何でもありません。

ネタにしやすいだけです。

すいません。

多目的室って思ってるよりそんなに多目的でもないと思う今さら。 [思想(仮)]

紅白のオファーを断ったfootsです。

こんばんは。

そんな前フリはどうでもいいのですが、

こないだ、池袋にオープンした、

ヤマダ電機日本総本店

・・・ってとこに行ってきたんですよ。

このネーミングセンス、絶対ジジイが考えたとしか思えない。

総本山、みたいなことですよね、たぶん。

なんか宗教みたい。

てことは高嶋政伸が広告塔ってことですね。

で、行ってみて思ったことは、客より店員のほうが多い。

あんまし居心地よくない。

店内広い割りに品揃え悪い。

別にさほど安くない。

ヤマダっていうか、ヤマタって感じ。

えーと、
テレビ探して量販店まわりしてて思ったんですけれどね、

他店より一円でも高い商品はお申しつけください。


的な売り文句があるじゃないですか。

ただそのあとどうなるか書いてないじゃんってことに気付いたのよ。

例えば、
これ、この店では10000円で売ってるけど、ディラ・バッテュシィブリカミィーティンズ電機(プライバシー保護のため量販店名は変えてあります)では8500円で売ってたんですけどー。
ってチクるわけじゃないですか。

そのあと、

他店より一円でも高い商品はお申しつけください。

と、うたっている量販店はどんな対応をするのか、予想してみました。

1.よし、でかした!と褒めてつかわして終わり。
2.じゃあそこで買えばいいじゃん!ぷんっ!とキレられる。
3.気持ちでは負けてないんですけどね…と泣きつかれる。
4.その場でその店に電話して、おたくの店の値段をうちに言ってきたスパイが今ここにおる、わたしらもナメられたもんだ…、と、電話口で、たーーーん、される。実は競合店と言えども裏でつながっていた陰謀説。
5.北緯26度のベルマ、応答しろ。偵察に行ってこい。…5分後…。ベルマ?ベルマァァァァァ!ベルマとの交信、途絶える。
6.わーたーしぃーがっ!証明です!

…など、いろいろ考えられます。

が、一番はこれかな、って。

最近、マクドナルドがスタバの客層を狙って新商品を投入って記事を見たんですが、まあ、つぶしあいなわけですよ、この時代。

だから、こんな感じになるのかな、と思います。

これ、この店では10000円で売ってるけど、ディラ・バッテュシィブリカミィーティンズ電機(プライバシー保護のため量販店名は変えてあります)では8500円で売ってたんですけどー。

店員:…少々お待ちください…。

どこかへ電話で連絡している店員。
すべては聞き取れないものの、起爆、コード、にいまるまるろくじ、決行、など、断片的に聞こえてくる。

店員:お待たせしました。では、レジへどうぞ…。

レジ操作する店員、レジキーをまわしたらレジの中から、よく映画で見かける爆弾発射スイッチみたいなんがういーーん出てくる。

店員:おゆるしくださいー、おゆるしくださいー…。

…ポチッ。

ディラ・バッテュシィブリカミィーティンズ電機:ちゅどーーーーーーーん。

店員:…ディラ・バッテュシィブリカミィーティンズ電機はなくなりましたので、うちが一番安いです。

…みたいなつぶしあいなことになるのかなって思います。
何て言うんですか、

水槽から取り出してお客の目の前でかっさばいて目の前で焼いてくれる店、みたいな、
パフォーマンスが売りです、みたいなことだと思うんですよ。

…って思っていたけれど、実際に、ディラ・バッテュシィブリカミィーティンズ電機(プライバシー保護のため量販店名は変えてあります)だと、〇〇円(その店は5000円高く、ポイントも10%低く)で、ポイント25%だったんですけど…。

って言ったらば、
ちょっと待たされましたが、値段もそれより安く、ポイントも30%にしてくれました。

やったー。
やったよー。

てことで先週テレビ買いました、って話でした。

それとあの、

偏見はよくないね、って話です。

『2012』と『ウェイヴ』に『なくもんか』 [映画(仮)]

こんばんは。

今日はもうさっそく映画レビューもどきだよ。

WARNING!!!
ネタバレしないように心がけましたがそれでも溢れんばかりのネタバレがありますので要注意。


なくもんか

●キャッチフレーズ:これは“泣ける喜劇”か!?“笑える悲劇”か!?

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ

●観て思ったこととか。
どうしたいのかわからない、っていうのが第一印象。クドカンは好きですよ、好きですけれども、相性が良い人が演出なり監督なりしないと、その良さを活かしきれないんじゃないかなと思います。この映画もそう。『舞妓Haaaan!!!』と同じスタッフが集結、みたいな売り文句も書いてありましたが、監督名なり、それらを押すほどか?と思いましたし、何より僕あれそんなに面白いと思わなかったし。キャストも相性が良い人が出たほうがいいと思うんですよ、でもそれだとずっと同じ、木村拓哉の演技みたいになってしまうのでちょっとずつ試行錯誤しながら変えていかなければいけないんだろうな、とは思いますが。あ、塚本高史に白ブリーフ姿をさせたのはちょっとすごいなーと思いました。個人的にはストーリーの内容関係なく、片桐はいりが出てるのが良かった。高橋ジョージは不要。ものっそい不要。

ウェイヴ/DIE WELLE 

●キャッチフレーズ:高校生たちが熱狂した、恐るべき心理実験

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人

●観て思ったこととか。
これは結構見入りました。引き込まれたというか。実話が基になっているというだけあって、なんかこんなのありそうだなと思ったし。これの程度をもっと本格的にしたのが怪しい宗教とかになってくるんだなと。でも高校生って、多感な時期、って称されますけれど、こういう年頃にこういうのって、いともたやすく感化されるというか、影響されてしまうもんなんだなー、とか思うとほんと、宗教とかには気をつけたほうがいいですよね、って話ではないですが、見応えあります。


2012

●キャッチフレーズ:2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる-。

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人ノ

●観て思ったこととか。
えーーーーーーーーーーーーーと、長い。2時間38分は長いなーと。あの、ディザスタームービーが好きでそんなシーンばっかり見たい、っていう人には逆にオススメできないかもしれない。僕もその中の一人ですけれど、これの3本の予告編で十分、おなかいっぱいっていう。予告編がそんなシーンを見せすぎた感はあります。だから、早く予告編のあのシーンになれ!とか思いながら見てると、序盤とかは結構もたつくので退屈するかもしれない。ただ、やはりとにかくCGなりVFXなりは凄いです。竜巻以外は何でもアリ、っていう映画ですから、『ポセイドン』を5分弱で味わえる。ストーリーとしては、どうなんでしょ。この世界はもうすぐ滅びますよ、って一般市民に伝えるのがそれの6時間前とか、そんなくらいなんですよ。だからもうどうしようもなく沈んでいく以外ほかにないんですけれど、その一方でそれから逃れるための箱舟に乗るくだりが終盤にあるんですけれど、金持ちはその箱舟を作る金を提供する代わりにその舟に乗せてもらえる、っていうわけで、だから金持ちばっかりが助かる(それと要人と動物とか)、っていうことになるわけですよ。金持ちはそれをだいぶ前から知ってるっていう話で、だから金持ちの性格みんな悪いみたいな感じに受取れなくもない、あながち。で、主演の家族はそれを知ってしまった唯一の金持ちではない家族で、で、飛行機乗り回したりしながら箱舟に乗り込もうと四苦八苦するわけで、で、問題はそれがきっかけで箱舟に問題が生じて・・・、最終的にどうもそれはしっくりこない、どうも後味の悪いなーっていう感じになって終わるんですけれどね。僕的には。ただその、箱舟に乗れるはずだった金持ちも、乗り込む直前で見捨てられる可能性が出てきて、で、そこで、わしが!わしが!みたいなことになって、醜い争いが若干描かれるわけですがそれはもう、骨肉の争いっていうか、君島ブランド、っていうか、だからこれは、一郎と十和子の話、と言っても過言ではないんじゃないかと言えば過言でした。すいません。

あんだけいろいろやってる映画だからエンドロールだけで20分とかありそう。

『2012』が今日公開ということで。
僕明日観る。絶対観る。
なんですかね、あの、数年前までは、会社帰りにレイトショーの映画観て始発で帰ってそのまま会社に行って仕事して帰宅、っていうのもしてたんですけれどね、もう老いですよ、老い。
今は翌日が休みじゃないとダメ。いや、それ以前に最近それを試したことないからわからないですけれど。
朝帰りは夏、っていうスタイルが一般的なのかもわからないですが、僕は別に冬場でもいいんですよ。
なんていうかその、寒いのも苦手ではあるけれど、冬の朝のぴりっとした空気だったり、電車から見える富士山だったり、そんなのが好きなので、ええ。
ただ、冬場の電車の暖房って、全然空いていて座席に座ったら降りる駅でも降りたくなくなりますよね、座席下から出る温風から離れたくなくてね。結構そんな人多いんじゃないかと思うのですが。
だから将来的には、座席にひとりひとり降りる駅をインプットしておいて、で、降りる駅近くになったらば座席下から冷風が・・・、とまではいかないまでも、座席下から大蛇が!テキサスチェーンソーが!ペンキ塗り立て中の貼り紙が!

・・・ここ最近、わりかし近所も近所、歩いて30秒もかからない家にドロボーが入ったそうなんですよ。
ドロボーに入られること自体が当然嫌なことですけれど、

入ったのかわからないくらい荒らされていない。
入ったのが分かるくらい荒らされている。

このどっちが嫌かって言ったらば、僕の感覚では、入ったのかわからないくらい荒らされていない、ほうが嫌かなと思います。

有識者の意見はどうですか。

で、ドロボーをね、その、ブロックするシステムが必要だと、

ボクにはキミが必要だと、

セコムとか以外でカネのかからないシステムを考えてみました。

はい、

置き手紙。

目に見えるところ、また、プロのドロボーは荒らさなくてもどこに高価な貴金属、有価証券、とかがあるのか勘でわかるということなので、そこに潜ませておくのもいいかもわからないです。

だってドキッ!とするでしょ、たぶん。

文面は・・、そうですね、

今、あなたがこれを読んでいるということは、わたしは留守であり、あなたはその隙をつけ込んでこの家にドロボーに入った頃ということですね。わたしはあなたの侵入を防ぐことが出来ず、本当に残念です。でも、聞いてください、わたしはあなたの、本当の姉です。この通帳はあなたが小さい頃から貯めてきましたがこのような形であなたに渡すときが来るとは・・・。

・・・みたいな。


まあそんなのはまやかしっていうか今まやかしって言いたくなっただけなので、まあ、おまじないみたいなもんなんですけれど、それ以前にね、僕は思うに、

あのドロボーヒゲ、

あの、緑色が主体の風呂敷を背負った人間が近所をうろついていたならば、

誰かが気付いてもおかしくないと思ったんですけれど。



・・・え?

ドロボー全員そんな格好しているとは限らない?

そうか、そうですか。

へえーあんな人が人気あるんだー僕には不快にしか思わないけどー、な、司会者。

昨日今日とサクメリはシモキタでライヴということで。
僕はどちらも不参加なんですが、
そろそろ今日のライヴも終盤だと思いますので、
これをご覧になられた方は、

今日の21:30になったら、

シモキタの方角に向けてXジャンプしてください。

そしたらば、

ずん

てなりますから床が。

ずん、て。



前置きはさておき今朝電車に乗って窓の外を眺めていたんですけれど、
とある小さいビルの屋上に設置されたこれまた小さい電光掲示板に、
こんなメッセージが出ていました。


エバ携帯

予約受付中


エバ携帯て。


なんていうか、その、

携帯ショップ、ではなくて、

携帯電話取扱販売店、の、

店長でもオーナーでもなくて、

店主、

っていう、

まとめると、

携帯電話取扱販売店の店主

って感じの年齢の人が経営してそうなショップだなと思いました。

それにしてもその、エバ携帯。

正解は、ヱヴァ携帯、ですが、なんていうのかな、

いないいないばぁ

に、例えるならば、

いないいないばー

で、棒読み感丸出し、且つ、アイスみたいですね。

いないいないばあはね、本来ならば、

いないいないぶわぁ

くらいいかないとダメだと思うんですよ。

いないいないぶわぁ、
いないいないばぁ、
いないいないばー、

この3段階活用でね、全国の子供のご機嫌取りに必死な方はがんばってください。

僕、ほとほとこのくだり書いてて興味ねえな、と思いましたけれど書いたもんは仕方ないのでアップしますけれど。

あと何気なく思ったのは、

いないいないばぁ

の語源というか元ネタというか言い伝えは、

いないいないばばあ

だと思いました。

この件に関しても、ほんとどうでもいいな、と、思いました。

「テレビ東京」それはなんていうか、謝られたら逆に嫌だなっていうときってある。 [テレビ(仮)]

何気なくラテ欄を見てて思ったんですけれど。

以下、テレビ東京の番組タイトル。


ガイアの夜明け

カンブリア宮殿

ソロモン流

ミューズの晩餐

ルビコンの決断

ぴかぴかマンボ

・・・。

・・・。

・・・。

どこへ向かうんだ、テレビ東京。

駐輪場までレインコートでも駅までは傘だからつまりはダブルの効果。

街の装いを見ているともうすぐクリスマスですね。
僕としては季節感を演出する記事はあまり書きたくないのでこの件に関しては今年は今のうちに片付けておきます。


そんなクリスマスな曲、

あわてんぼうのサンタクロース。

僕の記憶の中ではすでにうろ覚えの、
あわてんぼうのサンタクロースとはいったいどんなサンタクロースなのか、考えてみました。

その前にまず、
慌てるとロクなことがないので、慌てさせないようにすることが重要であって、幼少期からそのように育てないといけないのかな、と僕は思うんですが、それはすでに手遅れなので、その件に関しては後世に伝えていってもらうよりほかにないのが残念です。

で、
あわてんぼうのサンタクロース。
たとえば。

残り物のクリスマスカードに「年賀」って書いて年賀状を送ろうと思ってたのに「年賀」って書き忘れて投函、年内に年賀が届く。
あわてんぼう度:65ヒゲ。※100ヒゲがMAX。

トナカイのペットフードをいつもと違う銘柄で買ってしまう。
あわてんぼう度:40ヒゲ。

トナカイの名前を間違える。
あわてんぼう度:52ヒゲ。

衣装の袖のところに米粒。
あわてんぼう度:68ヒゲ。

空から地面に着地する際に雪が積もってないところに着地したため、がくんっ!ってなって軽度のムチウチ。さらにそりががりがりがりーってなってトナカイの足もイタタタタタ・・・、もう辞める!トナカイを辞職に追い込む。
あわてんぼう度:94ヒゲ。残りは温暖化の影響。

もしくは、
着地した地点がワカサギ釣りの池でワカサギが釣れる。
あわてんぼう度:6ヒゲ。

これから入ろうとした家の中に泥棒がいるのを窓ガラス越しに発見、持っていた銃で撃とうとし、近くにいた住人に、この窓ガラスは防弾か?!と聞くが、そうだ、と言われたのに防弾ガラス越しに撃ってしまい弾が跳ね返って(以下略。
あわてんぼう度:93ヒゲ。

クリスマス前日に衣装をクリーニングに出してしまい当日やむなくTシャツ。
あわてんぼう度:99ヒゲ。

ヒゲが煩わしくなってきたからクリスマス終わってから剃ろうと思ってたのにやっぱりクリスマス前日に剃り落としてそこへTシャツときたもんだから、誰だかわからない。
あわてんぼう度:100ヒゲ。

外国は銃社会だということを忘れ、煙突のない家にノックなしで入ろうとしたところを撃たれる。
あわてんぼう度:87ヒゲ。

プレゼントを入れる靴下の先っぽが五本指ソックスになっていてプレゼントを入れたときの形が変なことに憤りを感じ、五本指の部分を切り捨てようとしたところを子供に見つかり通報される。
あわてんぼう度:78ヒゲ。

書いてて思ったんですけれど、

あわてんぼう、って言うよりかは、

精神的に疲れてる人みたいな感じだな、と思いました。


・・・それでは後味をよいブログにするため、

気が早いですが、


Merry X’mas。