So-net無料ブログ作成

『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』ほっともっとのおにぎりサンドがなくなって多少ショック。 [映画(仮)]

笑いが止まらない-

って言うじゃないですか。

金絡みの話題でよく使う気がしますけれど。
だからなんかあまりいいイメージがないですけれど。

結構簡単に使ってくれてますけれど、僕が思うに、笑いが止まらなかったら大問題だと思うんですよ。吃逆(※変換されたので使用)が止まらない場合と同じって言うかね。


プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

PRINCE OF PERSIA: THE SANDS OF TIME

●キャッチフレーズ:砂よー時間を巻き戻せ!

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人

●観て思ったこととか。
これはプレステとかで出てるゲームが原作なんですけど、まあ僕やったことないんですけど、でも前からやろうかなと思ってたんですけど、でもまだやってないんですけど、結局やりそうにないんですけど、何かその、ゲームだなー、っていう感じのストーリー展開でした。ほどほどのハラハラドキドキ感で。だから何も考えずに見られて楽しかったです。主演のジェイク・ギレンホールはこういうアクションには向いてないかなと思ってたのですが、やっぱり役作りしてるものですね、うん。普通に面白かったです。それもそうなんですが、始まる前の『トイ・ストーリー3』の予告で泣きそうになりつつ。


で、冒頭の話に戻しますけれど、それって言うのはつまり、

わーはっはっはっはっはっ…

ってずっと続くわけでしょ?

周りからしたら、
愉快なお方だ…、はっはっはっ…。
程度にしかとらえてないと思いますが、
でも僕はそれに警鐘を鳴らしたいんです。

わーはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっ…ごふっ…、ふごっ!!

ダーーーーーーーーイ。

ってことになるから。

それはさ、何て言うのかな、金儲けちゃったから毎日高いもんばっかり食べててさ、でさ、いろんな疾患が出てきちゃってさ、さらに歩くこととかしないからさ、太る一方でさ。笑う門には福来たる、って言うけどさ、この人の場合はさ、門って言うか過度に笑いすぎてるからさ、福って言うかさ、大福が来ちゃってさ、近所の人から大福御殿て言われるんだよね。そりゃ太るよね。

当たり前だよね。

そんなのはね。

SHIBUYA-AX前のマッスルシアターカフェって何売ってるんだろう。 [思想(仮)]

さて、
好き勝手綴っているこのブログですが、

炎上

とは、無縁でこれまで平穏にやってこれました。

ただ、だからとて、
ブログ炎上は対岸の火事と思うことなかれ、いつ自分の身に降りかかるかわかりません。

そこで今日は突然なのですが、

ブログ炎上訓練をしてみようと思います。

ただこれはものすごく実験的なものなので、僕自身すごく緊張しているのですが、善は急げ、君に届け、やってみましょう。

まず、校長室から出火したということにしておきます。

はい、避難開始。

おかしを守ってください。

あ、地方によっては言い方違うみたいですね。

そうこうしている内に、避難完了しました。

出火原因は校長の寝ヅラだったことが判明しました。

寝たままヅラを被っていたことが原因です。

・・・。

・・・。

・・・で、僕としてはもうこれどうしていいかわからなくなってるんですけれど、

とりあえず固唾を呑みながらこのブログを読んでしまったあなた、

コメント欄に、

ぼーーーーーーーっ。

って書いてください。

5ぼーーーーーーっ。でブログ炎上成功。

4ぼーーーーーーっ。以下は炎上失敗です。


・・はいそこ!恥ずかしがらない。

僕が一番恥ずかしいんだから恥ずかしがらない!!

・・・。

・・・で、ある程度、

ぼーーーーーーーっ。が溜まったところに僕が、


じゅーーーーーーーーーーっ。


ってやるから、それで鎮火したってことになります。



・・・ええ。





それだけですけれど?!

『ボックス!』と『アリス・イン・ワンダーランド』 [映画(仮)]

今日も世界情勢は刻一刻と変化し続けていますが、

最近の僕はと言えば、
来月に取れた有給休暇で行く一人旅の計画をちまちまと立てて、
書店でその地のガイドブックを立ち読みして、

あ、このパフェ食べたい。

こっちのパフェとこっちのパフェ、どっちがいいかな。

昼がここのパフェで、夜がここのかな。

と、観光名所とかそっちのけでそういう写真にばかり目が行ってしまいます。

に、しても、



わしゃOLか。



ボックス!

●キャッチフレーズ:幼なじみの二人は、やがて運命のライバルに-。

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ

●観て思ったこととか。
原作読んでみようと思ってはいたものの、結構な分厚さがあるので諦めていた作品。まとめると、スポ根青春映画ですよね。ストーリーは典型的な。寒々しくなってしまいがちだけれど、これは成功と挫折、とか、そういうのがうまいこと描かれているなーと。でも笑いの部分はもうちょい削ればよかったかなとか思います。やっぱりキャストの力が大きいのではないかと。それにしても、高良健吾はアレですね。『ソラニン』とかほかの作品でもそうだけど、全然違いますね。要注目株ですね。来月公開の『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』も観ます。この映画、基本的に良かったですけど、一点だけ言わせてもらうと製作がTBSだからでしょうか、某亀田さんをチラ出演させてるところがものっそい嫌でした。しかもアップにするな。


アリス・イン・ワンダーランド

ALiCE IN WONDERLAND

※2D版

●キャッチフレーズ:世界はもう、マトモではいられない・・・。

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:-

●観て思ったこととか。
公開から1ヶ月経った映画を観ることは僕からすると珍しいことですがほかに観たいのがなかったので鑑賞。周りでもネットでも評判が芳しくなかったので期待せず観たのですが、そういう覚悟をしながら見たせいか、別にいいんじゃないだろうか、っていう作品でした。予告編を何度も見かけていて、一番は“赤の女王”が見たかったのですが、これは期待通り。赤の女王だけ、もうちょっと見てても良かったかも。ストーリーは王道な展開でしたが、だからこそハラハラドキドキせずに平々凡々と見ていられるというか、そこが良くもあり、悪くもあるところなのでしょう。ティム・バートンの映画は『ビッグ・フィッシュ』で号泣してしまった僕ですが、ほかの作品はあまりそんな思い入れもないので、でも何ですかね、ある種のブランド、と化してるのかな。とりあえず見ておこう、みたいな。字幕の2Dだったせいもあるのか、お客さんが僕含めて4人しかいなくて、ひとりあと15秒座っててくれればエンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度も表示できたのですが。残念。


と、いうわけで、しばらく切り詰めた生活をしなくてはならない、
のですが、
それでも映画は観に行きましたけれど。
しかも観るつもりなかったのを。

その代わり旅行先では、
じゃぶじゃぶとカネを使ってやりますよ。ムハハハハ。
旅先でも映画館行きますよ。ムハハハハ。

・・・。

ただそれまでカラダが持つだろうか、という心配も無きにしも非ず。
たぶん大丈夫ですけれど。
もしかしたらば、
旅先初日に道端で倒れて、
現地の人に拾われ、
回復するまでしばらくそこに住まわせてもらうことになり、
ただ近所からは好奇の目で見られ、

あの家の奥さん、若いツバメを飼いこんだらしいわよ。
いやだわああああ。

とか陰口を言われたりして、僕はいたたまれずに家に帰り、


やっぱり家が一番だなー。


って言う流れ。

ポイント使い切って利用するのやめようと思ってたら有効期限切れてた。 [素(仮)]

むーすーんーでー



ひーらーいー…ばああああああああああん!!




…こんばんは。


なんか、顔と勢い先行でティーンを中心にそこそこ売れてる若手芸人のギャグみたいな感じになってしまいましたけれど、そんなんやられても僕は真顔で見続けるよりほかならないと思うfootsですあらためましてこんばんは。

僕はプロフ画像は一貫してこのままを貫こうっていう話は前述の通りですが、ハート付けてくれた人一覧でほとんど交流のない人を見てるとプロフ画像が変わってたり全然名前が変わってたりして、元が誰なのか全然わからなかったりするんですけれど、だからアレですよね、その、リメイクするのもいいけれど、オリジナルの根幹の部分はある程度残しておかないと、何なの?ってことになってしまうから、そこは注意が必要ですよね。

で、夜遊び感覚で僕もちょっと一時的にプロフ画像を変えてみようかな、って思ったんですよ。もちろん、エミーコに。ただエミーコでほかの人のブログにコメントを残した場合、本当のエミーコがコメントを書きに来たと勘違いされて、ありがとうエミーコ!ってなってしまうし、エミーコでハートを付けたら、魔よけになりそうですね!とか言われてしまうだろうし、僕のブログは、なりすましエミーコのブログってことになっちゃって、今日作った料理はくそまずかったわ!とか言わないといけないのかな、っていう強迫観念に駆られるし、逆に、芸能人なら空飛んでみろよ!とか言われちゃったりして、そうなったらばエミーコがそう言われることは僕からしたら耐えられないことであるし、いや、でも逆にエミーコの影武者になったりして僕がエミーコの身代わりに…、僕が、盾に、なってや





(言い過ぎたので強制終了。)

ドキドキし過ぎて吐きそー。 [思想(仮)]

事故った人が、

考え事をしていて気づくのに遅れた。

という供述があるじゃないですか。

あれで思うのは、運転も気もそぞろになるくらいのレベルの放射能的な考え事を、いや、放射能レベルな考え事を抱えていながら運転しちゃダメだと思うんですけれど、やっぱりそういうわけにもいかないでしょうから、そこは、

footsは一定の理解を示した。

ちゃらっちゃちゃー。(→一定の理解を示した効果音。

…っていう感じ、なんですが、でも事故ったらダメですけれど、それって言うのは、例えるならば、すごく簡単に言えば、考え事をしていて、スイッチがONになっていることに気づかなかった、とか、メガネを額にかけているのにメガネを探してるとか、っていうことで、で、まぁ、ベタですけれど、やっぱり、

考え事をしていてヅラが外れていることに気づくのが遅れた。

っていうことにも言えると思うんですよ。

メガネが顔の一部なように、ヅラも顔の一部ですから、それが外れても気づかないくらい、その考え事に没頭していて、だからある意味、何て言うんですかね、その、熱意っていうか、のめり込むって言うかね、それくらい引き込まれてしまう考え事って一体何なんだって思うわけですよ。ただその一方で、ヅラが外れても気づかないでいられる自然体、その考え事は、ヅラからの離乳食、離ヅラ食みたいなことであって、脱ヅラへの第一歩、とも言え、

脱ヅラしてラーメン屋を開業しました、みたいなね。



(そもそも根本的に違う。)

求めすぎるのは良くないのだ。 [素(仮)]

やっぱり月曜の雨はげんなりしますね。
僕は雨降ってる日は髪は整えないで家を出るんですけれど、だからちょっとだけ寝てられるんですね。
まあ、だからとて雨は嫌なので、そうなってくるとこの先の人生含め、もうどうしたらいいのかわからなくなってくるんですけれど、

今だから言えることとして、実を言えばつい最近まで他所でもブログを書いてまして。
この名前ではなかったですが。
それにもう消しちゃったけど。

例えて言うなれば、

本妻に隠れて白昼堂々逢い引き!!

みたいなことですよね。

…ん?

誰だよ!!
言い過ぎだろーが!!

…と言っても三ヶ月で5回の逢い引きだったので、いや、5回しか記事も書いてなかったし、ほかのメンバーさんの記事も読まなかったですし、そんなスタンスだったからか、コメントもなかったし、トータルのアクセス数も両手で五往復くらいでしたし。
ブログを掛け持ちするとかいう、ネットにそんな時間を割いている余裕はないので、とか言いながら旅先でネットしながら移動したいからネットブック買おうとか考えてる人間ですけれど、それはさておき、だからそれはとある事情で書いてたんですけれど、やっぱり見てる人のリアクションがないと、何て言うか、独り言みたいな感じで、こうやって、語り部スタイルで書けないし、やっぱりブログは一件でもコメントがあってこそ成り立つものなんだな、ってあらためて思いました。ただ、肩の力を抜いて、ほぼ素で、のほほんと綴っていたつもりでしたが、それでもなぜかオチを考えてしまう自分がいて、ちょっと最近の日本の悪い風潮だよな、って思いました。

けれど、ああも見られてないと、何て言うか、開放的っていうか、奔放って言うか、誰も見ていないのをいいことに、

本妻に隠れて白昼堂々逢い引き!!
貞操なし!!
乱れる性!!
性の暴走!!

みたいなことですよね。

…ん?

誰だよ!!
言い過ぎだろーが!!



はい、告訴!!

『グリーン・ゾーン』と『音速ライン TOUR2010~遺跡にまつわるエトセトラ~』 [映画とライヴ(仮)]

いやあ。
突然なことがいろいろありまして、激動の1週間でしたね、先週はね。

と、いうわけで、

そんな激動の合間、

21日は、映画とライヴの2本立てに行ってきました。


グリーン・ゾーン

GREEN ZONE

●キャッチフレーズ:114分間、あなたは最前線へ送りこまれる

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人ノ

●観て思ったこととか。
監督いわく、この映画は政治的なことを伝えたいのではなくアクションの臨場感を伝えたい、だったかな、そんなことを言ってたらしいですが。うん、観終わってみて、確かにそうかもしれないです。大量破壊兵器が見つからなかった、それは元からなかったからだ、とか、そういう部分に期待して見るというのではなくて、サスペンスアクションとして見る、というか。エンドロール終わるまで周りのお客さんがそんなに残ってなかったのは、そういう政治的な部分を期待して観に来た人が多かったからなのかなって思いました。この監督のポール・グリーングラスは僕が好きな監督なんですけれど、監督で選んで観るっていうのは僕からしたら洋画だと珍しいことで。やっぱりアクションシーンの見せ方とか、うまいなーって思いました。

そんな映画のあとはライヴへ。

▼音速ライン TOUR2010~遺跡にまつわるエトセトラ~
@SHIBUYA-AX

確か、音速ラインのライヴは僕史上今年初だった気がします。

ライヴが始まる前まで会場内ではグッズで販売されている8bitCD(音速の曲をファミコンのゲームっぽくアレンジしたインストアルバム6曲入り)の音源が流れていたのですが、いきなり客電が落ち、

世界ふしぎ発見のテーマ曲とともにメンバー登場。

だからと言って衣装とかは普通でしたけれど。

で。
音速ラインのライヴは曲数毎回多いのでセットリストどころではないのですね。早いし。
さらに。
MCがユルグダなので活字に起こすと伝わりにくいだけに億劫。
かつ、
ネギオとネギコがアンコールに登場、とか書いても知らない人には何のこっちゃ、なので、踏んだり蹴ったりですよ。

この日演ってくれた曲の中では、『フラッシュバックサマー』、『未来サントラ』、『思い出して』、『ナツメ』、『スナフ』、そして、

『逢いたい』と、聴けて嬉しかったです。ここら辺つながってましたからね!

水前寺モノですよ、あ、言い通り越しました。

垂涎モノですよ。

アンコールで演ってくれた『ありがとうの歌』もすごく好きなんですけれどね、何か泣きそうになっちゃいました。この曲はBandVer.(ver.2)のほうが僕好き。この日は演らなかったけど、『半分花』もBandVer.が好きです。
久々に僕が音速ラインを知るきっかけになった『上昇気流』も演ってくれましたし。

なんでツアータイトルが『遺跡にまつわるエトセトラ』なのか、っていうMCで、

藤井さん:レコード会社を移籍したんですよ。
よしもとに。
前々から言ってた人もいるんじゃないかなー。あの人達よしもとなんじゃないの?って。(会場ややウケ)

…とのことで、
ユニバーサルミュージックから、よしもとに移籍…、凄いですよね、何かね。よりにもよって、

よしもとて。

そのうちハッスルに参戦とかしそうなね。(ハッスルってまだあるのか知らないですけど。)

その移籍第一弾となるミニアルバムが7月21日にリリースされるということで、

藤井さん:『空になる』って曲は…、空になりたい…、ソラニンになりたいって曲です。(会場ややウケ)

大久保さん:だから…、種田敬之ですよ。(会場ややウケ)

藤井さん:(爆笑)

…でも藤井さんは確かに種田に似てるなーって思ってたんですよね。実写なら藤井さんなんじゃないかと。個人的には。
実際、昔、種田が乗ってるベスパに乗ってて、アクシデントで、種田的に空を見上げたこともあったと言ってましたし。

続けてそのアルバムの中から『さよならユニバース』演奏後、

大久保さん:『さよならユニバーサル』って曲です。(会場ややウケ)

…おもしろい。
個人的にそういうの好き。

(参照。)
http://gree.jp/negio_negiko
ネギオとネギコのブログ。

信号待ちをしていたら真横に刺青入れたばかりのヤクザ予備軍が。 [電車(仮)]

監視社会と言うに久しい昨今の日本ですが。

僕が嫌いな埼京線は痴漢被害が日本一の路線で、だから車内にカメラを設置しちゃいました-みたいなことになったら痴漢が減ったっていうニュースをやってましたけれど。

どこにカメラが付いてるか知らないですけれど、僕が思うに、僕は最近はもっぱら電車のなかでブログのネタを書くことが多くて、まさにこの記事も電車のなかで書いてるんですけれど、ちなみに今僕の斜め前には腹でベルトの部分が見えない、何て言うか、腹がベルトを食べちゃうぞ!がおー。っていう感じの腹のメタボリックヴォルヴァヴァーンが座って寝ています。あ、メタボリックヴォルヴァヴァーン、だから、略して、メタヴォ、つまり、メタボ、なんですよ。

…話逸れましたが。

だから電車のなかにカメラを設置していたらば僕がブログをうつ様子もまるわかりで、さらにズームして僕がどんなブログをうってるかもわかるっていうことで、それを監視してるやつが、これ、自分のブログに書いてしまえってなってネタが流出、ごくわずかの識者からの指摘で気づいた僕は訴えました。
これは僕が書いたネタです、と。でもそこは大手鉄道会社、取り合おうとしてくれません。

それでも僕は、

来る日も来る日も訴えました。(→意味もなく号泣ポイント。

・・・そして、
痴漢対策の監視モニターをモニタリングしている係が痴漢対策の監視モニターに映ったブログを打ち込んでいる人間の書いたブログを盗作しないため用の監視モニターが設置され、さらに、痴漢対策の監視モニターをモニタリングしている係が痴漢対策の監視モニターに映ったブログを打ち込んでいる人間の書いたブログを盗作しないため用の監視モニターをモニタリングしている係をモニタリングするモニターが設置される始末。


(あと。コイツ、ページめくるの早すぎ!とか言われてそう。)

胃薬の味はおっさんの味。 [思想(仮)]

例えば、
パートタイマーの人が大麻絡みの事件で逮捕された場合、スポーツ紙の見出しにはこう出るのだろうな、と思って考えていたところ、自分のなかでは限りなくボツネタに近いのですが、それでもどうしても言いたくなったので言ってみます。

パート大麻ー。

パートタイマー主婦、「庭で採れたおいしい草」を休憩時間に振るまいパートタイムがパート大麻に。

調べによると、このパートタイマー主婦はパート先の休憩時間の際、「これ、家の庭で採れた草なんだけど美味しいからみんなで食べましょ。」とパートタイマーの仲間に勧め、全員が食べ終わったところを、「これ、大麻草なの。みんな食べたんだから共犯ね。うふ。」と不適に笑い、その後、ラリって職場上司の携帯電話のパケット代を高額にするために大量の着うたをダウンロードした挙げ句、携帯電話の電池残量をゼロにしたほか、職場の労働環境を改善させるためのデモクラシー等に参加したりした疑いが持たれている。パートタイマー仲間は、「いつもベランダで大麻を栽培してそれを吸っていそうなラリ具合で異常にテンションが高かった。まさか庭で栽培しているとは思わなかった。最近は、ラブ・アゲイン症候群、ラブ・アゲイン症候群、と言っていた。」と話した。
警視庁では余罪についても慎重に捜査している。



-と、いう案配。

昨日の朝晩地震雲見たけど、どうしようもないのだ。 [思想(仮)]

ポテチの原材料のとこに、

馬鈴薯(遺伝子組換えでない)

って書いてあるのを多く見かけるようになりましたが、これっていうのは、これからのスタンダードってことですよね。

今、

(  )

で表記されているそのほとんどが、

(遺伝子組換えでない)

になることだって厭わないわけです。
あ、厭わない、って使ってみたかっただけですけれど。

たとえば僕の今現在のブログのカテゴリーには、

電車(仮)

って付けているけれど、これが

電車(遺伝子組換えでない)

ってなった場合でも、車両の材料に遺伝子組換えを使用していないということの意思表示なだけであって、

ウケるんですけれどー(笑)

が、

ウケるんですけれどー(遺伝子組換えでない)

になった場合でも、物は言いようで、本心から笑っているっていうことの意思表示なだけである、と。

小林幸子(57)

と、カッコ内が年齢(年齢部分はハメコミです。)を指し示している場合でも、

小林幸子(遺伝子組換えでない)

となったとしても、遺伝子組換えではない小林幸子、というだけのことで、たとえカッコ内が紅白の出場回数を指していても、同様に遺伝子組換えではない小林幸子が出場する、っていうことになります。というか、厳密に言えば、遺伝子組換えではないほうの、小林幸子、っていうことになり、それだけでも国民は安心すると思います。

それだけ、
(遺伝子組換えでない)
という注意書きには影響力があるということで、ホッとするよねー、みたいなことですね。うん。

で、

foots(遺伝子組換えでない)

こうして今日も安心、安全なブログをお届けできるのです。