So-net無料ブログ作成

台風が来るということを見越して予定を立てたがやはり裏切られた。 [思想(仮)]

こないだ新聞を読んでいたら、

我が地元県がイヤフォンしながら自転車したら罰金5万円という条例

というのにいつの間にかになっていることを初めて知りました。

あのさ。

こういうのはさ。

もっと大々的に告知しないといけんね。

僕知らんかったけん。

いままでそのような状況で警察官とすれ違ったことあるけんね。

でも何も言われんかったけんね。



おことわり。
筆者は『悪人』を読み終えたばかりで上・下巻の圧倒的ボリュームなため一部に方言が含まれ所々お聞き苦しい点があります。
ご了承くださけんね。


で、
イヤフォンしながら自転車しちゃダメというならば、ほかにもしながら自転車はダメだということは多いと思うのけんね。
ほかにも禁止しなければいけないものはあるとね、ばってん、出る杭は打たれる言うけん、ウォークマンやiPodが普及したっちゃいわば国民的アイドルが標的にされたんやっちゃなかとー?



・・・ん?


       なかとー?

            なかとー。

発音的には何だろ。

         ブリトー。

みたいなことかな。どうかな。



おことわり。
言語を元に戻します。でももともと『悪人』言語仕様の人にそう言ったら気を悪くされるかも知れないし、そこはわかってもらいたいです。オチに持ってくるとかは今のところ考えてません。


で、
いま自転車しながら禁止されている行為は、二人乗り、傘さし、携帯電話がメインで、人間、傘、携帯、と、広く普及したアイテムです。
人間が普及した分、二人乗りも普及するし、携帯が普及すれば携帯しながらも増えるわけで、最初の頃は別に問題なかったけれど次第にそれしながら自転車することでそれが原因で事故ることが増えたから禁止になったわけですね。事故らなければ、禁止になることはなかったのではないかとも思います。

…というか、これも言わないとダメなのだろうかっていう社会になってしまったじゃないですか。人間、傘、携帯、のようにほかにも広く普及しているアイテムはあり、だからそれも言っていかないといけないんじゃないだろうか、と、僕の親切過ぎる好奇心が筆を走らせるよ。

禁止になっているかはわからないですが、とりあえず僕がいま真面目に思っているのは、犬の散歩しながら自転車、と、漕ぎタバコ、追い抜いたら追い抜きかえそうとする小学生、の三本です。これは僕がいちいち言わなくてもわかってもらえると思うので誰か補足してください。

で、
僕が考える、


世に普及したこれをしながら自転車は禁止!


といちいち言わないといけないのではないかと思うのはこれらです。


米を研ぎながら自転車は禁止。
普及アイテム:米
→研ぐのに夢中になって注意力散漫になるため。

障子の張替えをしながら自転車は禁止。
普及アイテム:障子
→障子の張替えに夢中になって注意力散漫になるため。

襖を開けながら自転車は禁止。
普及アイテム:襖
→襖を開けるのに夢中になって注意力散漫になるため。

醤油をボトルから醤油さしに移し替えながら自転車は禁止。
普及アイテム:醤油
→醤油をボトルから醤油さしに移し替えるのに夢中になって注意力散漫になるため。

あく抜きしながら自転車は禁止。
普及アイテム:あく
→あく抜きに夢中になって注意力散漫になるため。

カチッと音がするまで差し込みながら自転車は禁止。
普及アイテム:カチッと音がするまで差し込むやつ
→カチッと音がするまで差し込むのに夢中になって注意力散漫になるため。

僭越ながら自転車は禁止。
→言いたかっただけ。

事件の黒幕でありながら自転車は禁止。
普及アイテム:黒幕
→事件の黒幕は車で移動するのが世間体的に基本なため。

二世タレントと言われながら自転車は禁止。
普及アイテム:二世タレント
→二世タレントはネームバリュー先行になるため。

海賊王に俺はなりながら自転車は禁止。
普及アイテム:ONE PIECE
→基本的に海上にいるため。ただ船上で自転車に乗ることもあるから例外もあるかもしれません。

なっなかいめのべっるで受話器を取りながら自転車は禁止。
普及アイテム:宇多田さん
→七回目のベルで受話器を取ったということはその人は寝ていたか、ほかになにかしていたのでその時点で注意力散漫なため。

初のマキシシングルをリリースしながら自転車は禁止。
普及アイテム:マキシシングル
→プロモーション活動に専念しないといけないため。

取引を見るのに夢中になっていた俺は背後から来たもう一人の仲間に気づかなかったながら自転車は禁止。
普及アイテム:夢中になるもの
→取引を見るのに夢中になって背後から来たもう一人の仲間に気づかないくらい注意力散漫なため。



うん。





キリがなし。


そげんことなか!


         そげんことなか!!


意味わかんない!!


          意味わかんなか!!


      意味わかんなか!!

言うだけ言っておくのもいいかなと思うけどやっぱり緊張する。 [映画(仮)]

最近よく見かける映画
ゴースト
の、予告編。

言わずと知れたハリウッド映画のリメイク版です。
オリジナル版から20年だそうです。
あ。
僕これ観たことないです。だから言わずと知れないです。
ちょうど20年前のその日はドラえもんばっかり観てましたから。

…え、今も観てるじゃねえか、って?

ほっといてくれ。

ほうっておいてくれ。



で、だから、これ観たことないからどういう話なのかイマイチわからないし、これも観ないはずだからわからずじまいのままです。だから誰か知ってる人がストーリー教えてくれればいいのですが、ただじゃおしえてやるものか。っていう時代だからじゃあいいです。

なぜ僕がこの予告編に関して興味を持ったのは、
ワインを手に入れ浮かれ車道にはみ出して歩いていたところを背後から来たバイクにドンてされて持ってたワインのボトル粉砕、場面暗転。
ゴーストというくらいだから誰か死んでゴーストで出てくるわけでしょうから、予告編で言うとこの、バイクにドンてされたときに死んだんだとは予想がつきますよ。
きっと、車道を歩いてはいけません、てタイアップCMもつくでしょうよ。

が、
僕が思うに、
バイクにドンてされてワインのボトルが粉砕しはしたが、はたしてそれくらいで大の人間が死ぬだろうか、と、考えたときに、二つの考えが浮かびました。まず、わざとバイクにぶつかろうとしてワインを落とし代金を請求。
100年前とかのやつのワインが割れちまったじゃねえか。どうしてくれるんだよー。
当たり屋です。最終的にバイクのドライバーに報復されてダーイ。
予告編を見ていると、
事故ではなく殺された、と言っているシーンがありますので僕の考えには信憑性と確かな信頼があります。

それとも、

これは、ワインが死んだのだ、という見方もでき、つまりはワインのゴーストなんですよね。ワインの妖精とかが出てきてね。人間を浮かれさせて事故に遭わせた自責の念に駈られる一方、人間が車道に出なければボトルが割れることはなかったのだ、という怒り、ないまぜの感情でゴーストになってポルターガイスト、

ポルターガイスティング

をしたりする話なんですよ!!自慢のワインセラーがワインまみれなのか、それともこれは、血、なのか…。みたいな。
で、希木樹林はゴーストの元締めみたいなことで、松嶋さん(リング)に乗り移ったワインのゴーストに対して、ゴーストっぽいことはしていいことはいいが、あんまり特定の人間の前に現れるのはやり過ぎだよ!ワインは酔わせてナンボだよ!みたいに、あまり良い印象を持ってないんです。
あ。
いや、そもそもワインのボトルは落としたら簡単に割れるでしょうから、それ=死、と結び付けるのは安直だと思うんですよ。たとえばね、持っていたのがワインのボトルではなく、ボーリングの球だったとして、で、それを落として割れたとしたならばそれは完全に死んでるとは思うんです。ボーリングの球が割れるほどの衝撃だったわけですからね、というかバイクどうこうではなく、ボーリングの球だけで死ねますけれどもね。ええ。

…。

…。

…。

そういう話なのならばちょっと観たい。

『初恋サンセット2010-2』メレンゲ×back number [ライヴ(仮)]

back numberとメレンゲ。

メレンゲのイベントにback numberが出るとメレンゲのライヴで聞いたときにはその場にいた客のなかで僕がいちばん嬉しかったはずです。
S.R.Sと対バンするって聞いたときも僕がいちばん喜びました。
僕はアンケートに協力していないにも関わらず、僕好みのバンドと対バンしてくれるメレンゲがだいすきです。
やはり僕の念がメレンゲに伝わっているのだと思いまぷ。
メレンゲさん、ありがとう。

と、いふわけで、
10月27日は
初恋サンセット2010-2
メレンゲ×back number
@恵比寿LIQUIDROOM

に行ってきました。

back numberはlegoの対バンで出てたときに初めて知ったのですが、変なMCなのにギャップ大のサウンドで僕のハートはがっつりキャッチされました。
が、なかなかライヴに行ける機会がないまま一年半近く経ち、今回ようやく二度目です。
MCは相変わらず面白いので割愛しますが、そんなMCからは想像つかないくらい僕の琴線に触れるサウンド、ちょっとある曲を聴いてて涙腺が緩んじゃいました。
MCで、

女々しい人間の歌う女々しい歌ですが

って言ってたのですが、本当に女々しい曲ばかりです。
僕が女々しいっていうのもありますが、僕こういうの好きです。
↑涙腺が緩んだ曲とは別の曲。
客席的には結構なアウェー感でしたが、僕全部曲知ってたし、満足です。


▼メレンゲ
セットリストは最近のと同じかなと予想していましたが、旅人、アルカディアなどの新曲以外は、君に春を思う、すみか、魔法、ユキノミチ、とか…、もー。
もー!
今回の選曲はミクシィのメレンゲので募って決めたらしいのですが、僕が参加せずともこれまた琴線をぐいぐい引っ張ってくれまして、僕の思考がばっっちし反映されていて僕は満足です。それにしても僕やったことないですがミクシィとかまだあるのですね。あれは要はゼクシィみたいなものですよね。怖いです。

君に春を思う、なんかは、来年まで聴けないと思ってたから二曲目にいきなりやられて、あのイントロでね、琴線ものでしたよ。

↑何回貼ってるのかしらこの曲。貼るたびに聴き込んでしまい仕事になりません。

来年4月30日、C.C.Lemonホールでのライヴについて、満員だったら(予算面で)可能になる演出もできるかもしれないという話のなか、

クボさん:一人二枚買ってもらうだけでいいです。メレンゲのライヴハウスはトイレ汚かったりするんですけど、きれいですよ…待合室とかもきっときれいです。
ツヨシさん:そこオシなの?(笑)

というMCがありましたが、僕の記憶が確かならば、あそこのトイレはあまり良くなかった気がします。

さて、この日が僕のなかではメレンゲ含め、今年の諸々のライヴ納めになるかなと思います。
そう。
だから、ユキノミチも聴けて、何だか今年をそうざらいしたみたいな感じがして、超琴線でした。琴線MAX、みたいなね。


そういえば、



琴線てなんですか。

急遽寒いので口数少な。 [企画物※おみくじ系企画物は遊べません。]

本日は予定を変更して

緊急企画。
宮崎美子以外に母親役の俳優はいないのかを考える!

を、お届けします。

■この企画の概要。
ここのところ僕が観る日本映画に立て続けに出演する女優、宮崎美子。
以下、僕が観た最近出演している作品。
雷桜
おにいちゃんのハナビ
悪人
君が踊る、夏
(以上、すべて娘をもつ母親役)
というわけで、とりわけ若手俳優が出演する映画に軒並み出演、大ブレイク中です。しかし、ほかに女優はいないのだろうか。日本映画の行く末が心配です。と、いうわけで僕が宮崎美子に代わる女優を考えてみようという訳です。

いまにも宮崎美子の舌打ちが聞こえてきそうですね。

これ。
この女が宮崎美子。

この感じの雰囲気がある女優を以下に挙げてみます。
画像を引っ張ってこようと思いましたがそんな暇はないので気になった方はGREEで検索すればいいですよ。

▼宮崎美子(仮)

戸田奈津子
→翻訳家です。最近仕事が減っているようなので俳優業に転身してもおかしくなさそうです。

戸田恵子
→アンパンマンです。でも本命だと思います。

柴田理恵
→芸人です。ただ、人情味はありそうなので母親役に適しているかもしれません。

ジュリア・ロバーツ
→外人です。ただ、ストーリー的に、滞在ビザが切れ強制送還オチの氾濫が懸念されます。

モーガン・フリーマン
→黒人です。男親です。

美川憲一
→演歌歌手です。どっちの親にもなれます。

デビィ
→スカルノです。スカルノ人です。

山岡久乃
→日本のお母さんです。(らしいです。)ただひとつ問題があり、すでに死んでいます。



ええ。

もともと宮崎美子くらいの年代の女優をそう知らないので、宮崎美子ばりにアピールして存在感を示してくれないと僕の記憶には残りにくいです。

うん。

あのさ。

こういうのをさ、



僕に求めないでくれる?

明日帰り雨降ってなかったらLEGO買って帰ろ。 [思想(仮)]

雨が降ってるから傘をさして歩いていたんですけれど気づいたらば周りを歩いている殆どの人が今夜の招待状を持っている人だったとき、どのようにして対処すべきでしょうか。


少し間違えました。


雨が降ってるから傘をさして歩いていたんですけれど気づいたらば周りを歩いている殆どの人が傘を畳んでいた場合、それに気づいてすぐに傘を畳むのは何だかまるでわたしが便乗しているようで格好悪いし忍びないのでどのようにして畳めば忍びなくないでしょうか。
このとき、周りにいる人間の殆どは視力が裸眼で2.0あり自分が思っている以上に傘を畳む姿を目撃されるものとする。
あわせて、いま思えば雨が止んでいたのに一人だけ傘をさしていたので、おかしいなあ、とは思っていましたと思われるくらい、とする。

なかなか難しいです。

1番無難なのは、
傘を畳むと見せかけて、上空へ舞い上がる。
うん。カッコイイです。
何て言うんですか、観たことないですけれど、メリー・ポピンズ、って言うのかな、ああいう感じですか。違いますか。どうですか。

次点が、
周りにいる人に3Dメガネをかけてもらってから傘を畳む。
うん。トレンディーです。

少し現実的な線で行くと、
刀を飲み込んでまた出す人みたいな感じで傘を飲み込む。国民的ブランドアニメのキャラで言えばカオナシみたいな感じ。
か、
横にあるお地蔵様に傘を被せて颯爽と去る。
か、
さりげなく傘をどっかの大学の卒業式で帽子ぶわあああみたいな感じで舞わせる。
この場合のさりげなさが難しいです。

あ。
いま思ったんですけれど、あれって帽子ぶわあああやってだいたい次のシーン行っちゃうじゃないですか。あのあと宙に舞った帽子はどうしてるんですか。どうしているのですか。


気になる。


こんなときはやはりYahoo!知恵袋で。





んなもん知るか。



とか言われたら怖いです。




でも、

帽子を舞わせた後で皆、我に還り己の醜態を恥じ、海に帰ります。

とか返ってきても怖いです。

あの行為は、卒業記念帽子飛翔、という名称で、校歌を歌い終え、卒業式の一番最後のセレモニーとなります。卒業式のプリントの、もちものの欄にも、帽子、と書かれています。

とか返ってきてもそんな真面目に答えてもらってすいませんて気になります。

映画やドラマであの帽子を舞わせた後で次のシーンに行ってしまうのは、実は帽子は空中で停止したままになり、えづらとして見映えが悪いので、舞わせた瞬間につぎのシーンに行くのが望ましいとされています。つまりその大学の上空は帽子だらけで、徐々に隙間を狙って投げることになります。あの帽子は大学の空を埋めつくし、そしてゆくゆくは地球を埋めつくします。

とか返ってきたら怖いです。





どうしたらいいですか。

クルマよこちらに構うな先に行け早く行け邪魔だ。『シングルマン』『雷桜』 [映画(仮)]

我ながら、プライベートなことほぼ抜きで、よくもまーこのペースでブログを続けてられるなーと思うのですが、やっぱり常にいろんなことを気にかけ、興味がないものには興味を持たず、疑問に感じたことは言う、っていうことをしていると、こうも続くものですね。

なぜ、この映画はこんなにもつまらなく仕上がったのか、にも関わらず「ぜひご覧ください」と主演俳優が言うのは本心なのか、言わされているからなのか、とかそういうことひとつひとつ気にかけるという心意気は大切だなと、そう思います。



しんみりしたところで映画の紹介です。



シングルマン

A SINGLE MAN

●キャッチフレーズ:愛する者を失った人生に、意味はあるのか。

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人人

●観て思ったこととか。
これは、すごくよくできてるというか、良かったです。ジュリアン・ムーアが出てるのを観るまで忘れてたので、またNASAとかFBI的なヘンテコな話なのか、というドキドキと、大学生の役でニコラス・ホルトっていう俳優が出てるのですが、男なんですけど、何だか見惚れてしまうんですよね、彼が出てるシーン。そういうドキドキと。あと、喜劇なのか悲劇なのか、みたいな、シュールというか、銃で自殺しようとするんですけど、どういう姿勢で自殺しようかとかいろいろ試行錯誤してるシーンがあって、個人的に面白かったし、でも銃を片手にいろいろ動いてるので暴発とかするんじゃないか、観客ビクッってなるんじゃないかとか、そういうドキドキと。最後までそういうドキドキもあって、見せ方がすごくうまい。あと全体的な映像美と。そういえばその大学生役は『アバウト・ア・ボーイ』に出ていたイケてない子供役の子だったと調べて知ってビックリです。あのあと何に出てるかとか知らなかったからですけど、子役から出てる特に外国の俳優って、ネガティブなほうに跡形なくなってることが多いと思うのですが、こっちはポジティヴなほうに跡形なくなってて、それも驚きました。


雷桜

●キャッチフレーズ:美しくも奇妙なその桜が、二人の運命を変えた。

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人ノ

●観て思ったこととか。
観るつもりはなかったがシリーズ。何だろな、その、時代劇は好き好んで観ないのでよくわからないのですが、この映画は時代劇っぽくないと言うか、映像が普通のフィルムだから普通に感じるというか、それもそうですし、何だかまだ世間から切り離されて取り残されて生活している地域が日本にあって、未だに殿とか呼んでいて、大雨とか降ったら、祟りじゃー!とかいう感じの地域の現代の話、っていう気がしました。歴史、とか興味ないのでそういうのとほぼ関係なく進んでいくストーリーは僕からしたらありがたいというか、固い感じの覚えにくい名前とか出てくるのが最小限に抑えられていますし、僕みたいなガキ向けの映画かなっていうか。だから僕は別に普通に観てましたけど。少しネタバレになりますが、十八年後、っていうシーンが出てくるのですが、それから十八年経ったとは思えない、殆ど変わらぬメイク。何かの間違いでは。ああ、何かの間違いでは。十.八年後とかの見間違いかとも思いましたが十.八年後としても。何かの間違いでは。そして今作にまたしても宮崎美子が。出てるの知らなかったから出てきて僕だけ少しニヤッとしてしまいました。ほかに役者いないのか。



さて、冒頭の話に戻るのですが。

だから僕はその、ブログに書くことがなくなってきたなっていうときには、

なぜこの人はヅラなのかと考えてみる、

それはまあハゲているから、に、他ならないので愚問でしたが、

なぜハゲているのか、なぜハゲたのか、ハゲられたのか、ハゲれれたのか、そのヅラはいくらしたのか、どこで買ったのか、なぜハゲてから買ったのか、ハゲないうちから被れば違和感ないのではないだろうか、レートに換算するといくらしたのか、このヅラが初めて家に来た日のことを覚えているのか、最初で最後のヅラと誓った日のことを、

とか、いろんなパターンを考えてみるということをしてみる努力は必要なのかな、って思います。



僕はその、僕のブログを読んでくれた人が不快に気分になってほしくはないように書いているって、たまに言いますけれど、それは本当に思っているからなのですが、





これだけは譲れないのです。

LEGOの超特急列車がいいか、空港がいいかですごく悩んでいる。 [素(仮)]

たいていの人がそうなように、僕も、一週間の中では一番、
月曜日が嫌いなのですよね。
それはもう、平日祝日、自薦他薦問いません。

ちなみに僕が生まれた曜日は何の因果か月曜日です。






嘘です。
僕は思うのですが、自分の生まれた曜日を知ってる人とかいるのでしょうか。
で、今はない曜日の生まれとかで、それは閏年に例えて言うなれば、閏年みたいなことだったりするのでしょうか。

話逸れました。

僕の考える月曜の憂鬱さっていうのを例えると、

まだやってるのかは知りませんが、朝、ラジオで

歌のない歌謡曲

っていう番組をやってるじゃないですか。

あれ聴くとどんな曲でも

朝!

って感じが酷くして憂鬱になるので嫌いなんです。



ぱーぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱー
ぱーぱぱぱぱぱぱぱぱぱぱー



とかやられたらもう最悪です。



何て言うんですか、歌がないわけで、つまりは職場放棄みたいな感じ、っていうか、方向性としては正攻法で突き抜けられないセッション、みたいなことだと考えてはいるのですけれど、あの番組を偶発的に聴いてしまったことによる憂鬱さのさらなる誘発は何物にも堪え難いものがあり、起きたばかりで動きが鈍いところにかかってくると、咄嗟にチャンネルを変えることができないので僕は朝起きて即殺される気分です。

そんな僕の月曜日が憂鬱な気分はこの番組で簡単にお取り寄せができ、あなたもご家庭で、あの僕の憂鬱な気分が味わえることができるので、ぜひお試しください。




ぱぱぱぱぱっーぱっ
ぱぱぱぱっぱっぱーぱっ




歌のない歌謡曲、曲は、宙船でした。

街頭でちょっとすいませんと声をかけられると勧誘と思って無視してしまうから最初から要件を言ってほしい『おまえうまそうだな』 [映画(仮)]

解禁前の情報なども載っているDVDの業界誌みたいな、一般の書店には流通していないから容疑者の割り出しにはそんなに時間がかからないと思う感じのやつを見させてもらう縁があったのですが、おそらくオールジャンルのが載ってるんだと思うのですが、なんか、小中学生が水着着たりだとか、コスプレしたりだとかしてるDVDが載ってたんですよ。しかも男女であるんですよ。

小学三年生の元気な野球少年いっぺいくん

みたいなのが。

そういう需要があるっていうのは薄々知ってはいましたが、だからそういう人達が実際に犯罪に走らないのはそういうのがあるから自分をセーブできてるのかも知れないな、って思ったりもしたのですが、それは特異なだけで、これがノーマルの場合でもそれに当て嵌めたりできるけれど、やはりそれは何だか暗澹とした気分になります。


そもそも、小学生で元気なかったらどうなるのだってことですし。
日本の未来はどうなるのだってことですし。


それは余計な見解でした。


おまえうまそうだな

●キャッチフレーズ:最初は、食べるつもりだったのに・・・

●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人人

●観て思ったこととか。
何度も予告編を見させられているうちに見たくなった一本。子連ればっかりでした。やっぱり僕、変なのかな。と、思いました。絵本が原作ということなのですが、だから画が今風のアニメではないのですね。納得。予告編を見ていたときは何て無表情なアニメなのだ、と思いましたが。ちゃんと弱肉強食の世界を描いているし、その描写から逃げてないところは良いと思いました。幼児はそれ見て慄いて泣いてましたが。うまそうの声はこども店長(リコール隠し)がやってるのですが、そんなにアイツのことを見たことがないので、別に何とも思わなかったです。ハートの声は新一の人がやってるのでそこは安心して見ていられました。ただ、母親の声をブレンディの女がやっているので、いつ手作りアイスカフェオレは7:3て言うのかとドキドキしました。嘘です。やっぱりタレントの声はダメ。ぱっと出アニメ映画のタレント起用反対!!死んじゃえ!!



・・・さて冒頭の話ですが。
まず一番に、その親がどういうスタンスで子供にそれをさせてるのかが僕にはわからないのですよ。
普通にドラマとかに出る子役とかならまだわかるのですが、商用向けで水着とか着させるのはどうなのかと。
本人が好きでやってるのかもわからないですが、ある種の虐待みたいな気もするんですよ。
あれかな。

私が叶えられなかった夢をこの子に託すわ
みたいなことかな。

何て言うかな、その、アバターみたいなことですよね。
まあ僕はアバターはことさら面白いとは思わなかったんですけれど、その、はじめてのWiiパック、みたいな、3D映画の入門編みたいな映画だったのかな、って、今にして思えばですけれど思います。

それとか、その子の親が病気で入院費を稼がないとならない、みたいな、そういう背景があるのかもしれないですよ、もしかしたらね。

でも、そういうことなら、いや、そういうことにしてもその仕事はどうかと思うけれど、せめてそう言ったうえでやったほうがいいと思うし、そうしないと絶対このさき、好奇の目で見られることになりますよ。
ただ、仮にそういう事情だったとしても、それをさせる親の心理がわからないです。
子供に万引きをさせる親と同じです。
同一犯の犯行です。

こういうことを言うと、
よく知らずに勝手なことを言うな、
とかよく言うけれど、
逆に、
よく知らないから勝手なことが言えるのだ、
と思います。
よく知ってたら勝手なことが言えず、むしろ話題の幅が狭くなる。
飯がまずくなる。

ただ、一点だけ僕が言いたいことは、


僕はそのくらいの年頃の、生意気盛りな子供が嫌いだということです。
それだけ言えれば満足です。

腕の裏の部分を知らないうちにどこかにぶつけたみたいで鈍痛がする。 [思想(仮)]

ついでにお尻も痛いです。

こんばんは。

統計として、指名手配されるような悪事を働いた人は人里離れた山奥やそういった村などに身を寄せることがあるじゃないですか。

ただあれで思うのは、
無人島だとか、しゃかりきコロンブス的な大陸などならまだしも、元から人がひとりでもいるようなところの場合は、逆に目立つと思うんですよ。僕じゃなくとて普通に考えたらば、絶対そうだと思うんです。でも、指名手配されるようなことをしてしまった人の心理は僕にはわからないから、だからきっと価値観が違うんだと思います。

何でこんな話題をブログに書いているのかはわかりませんが。

集落、だとか、そういうカテゴリーで呼ばれているところほど結束力があり、そんなところに潜伏して見つかろうものならば確実に怪訝に思われ夕飯時の話題に上ることうけあい。お茶菓子扱いです。

瞬く間に他所びとの噂が広まり、集落は警戒ムード一色になります。もろびとこぞりてーです。出かけるときは施錠してなかったのに施錠するようになったり、薪を拾ってきたり、いつも寝床にいる長老や酋長に占ってもらったり、家畜の数を今まで以上に気にしたり、髪をほどいてみたり、突然泣き出したり、わくわくするような驚きをかかえながら。

うちらの集落もナメられたもんだぎゃ。

だぎゃー!!

ってなります。

僕が思うのは、
田舎のそういうのを甘く見てると怪我をする、
ということで、人が少ない、というので見くびりがちですが、都会の人数と比べたらば断然少ないけれども、都会の、いまの、他人に興味をもたない人達の結束力という点とではそういう集落とかのほうが上だ、
ということです。

また、メディアが取り上げることもほとんどない、過疎地、という点でも、つまり世間に知られていないわけで、そこ独特の習わしなどが相まって、それを知らないよそ者は次第に不快感や恐怖を抱くはずです。
ただ、集落の娘的な者などは日々の刺激のない生活に鬱屈しており、よそ者に興味を抱きやすいので、次第に恋愛沙汰や友情が芽生え、あたしが、あたしが真犯人を見つけてあけるだぎゃ!!
ってなる展開もあるかもね。

ただ、真犯人も何も、ソイツが犯人なんですけれどね。



冬が、はじまるよ。

一筋縄ではいかないけどちょっと楽しい。 [素(仮)]

エリカは先月、パンクしちゃったの。

こんばんは。

僕は健康診断が嫌いです。

別にどこもおかしくないのに検査着を着なければならないという世の不条理に、どう立ち向かうべきですか。

というくらい嫌いです。
多少わかりにくいです。

だって、仮にどこかおかしいところがあっても、

あとは自分で病院に行ってね。
おかわりは自分でよそってね。

みたいな、そういう投げやりなところ、荒くれ者。

荒くれ者!!

…学校でやった歯科検診も同じじゃないですか。
虫歯早く治せ、ってなって、どのクラスが一番早く治ったか決めたりだとか。
くだらない。
クラスの歯の表が埋まっていく様を見ながら僕はそう思っていましたよ。

そういう丸投げなところとか、最悪ですよ。

その、細かい数値とかは要らないと思うんです。
変に気になったりするんですよ。
ここだけ基準値ギリギリな気がするのですけれどー。

みたいな部分を見たりすると、

実録・病は気から~footsの事件簿

みたいな感じになるのですよ。

そういう人って結構いると思うんですよ、って話をしてまして、そうでしょうね、って話になって、だから、この人なら僕のことをわかってくれるだろうと信じて、

ですよねー!体調が悪くて病院行っても具体的に痛い場所とかは言いたくないんですよね。今痛い場所だけでそこだけ治れば十分だから余計なこと言って検査とかなって後日結果聞きに行くとか嫌だから言いたくないんですよね!

って言ったらば、


それはないです。


って返ってきて裏切られた気分です。

酷い仕打ちです。