So-net無料ブログ作成
検索選択

ラザニアと聞くとラニーニャを想起します。 [思想(仮)]

最近僕のブログは貞子づいているのですが、
貞子を題材にしたら一個のブログができるんじゃないかと思います。

でもそれができなくて、僕は、残念です。

僕が考えるところでは、
呪いのビデオというものは、
結果的にダビングしまくられ、
市場に出回っている呪いのビデオは相当数にのぼることから広告による相乗効果も期待できます。
そのことからも、

貞子の髪質を守るためにスポンサーがついて、
呪いのビデオが始まる前にTSUBAKIのCMを入れたり、
貞子が出てくる井戸にTSUBAKIのロゴを貼ったりします。

そんなさなか、

原告は
貞子の出てきかたが怖く、以来不眠症に悩まされていると主張。

一方、貞子の弁護人は

貞子のあの出てきかたを含めて貞子なので出てきかたを否定することは貞子そのものの否定につながる、

と、して反論しています。

裁判の争点となっている、

貞子の出てきかたに関して、

井戸からはい上がってくるところまでは貞子本来の持ち味としてそうせざるをえない、

と、いう結論となりましたが、

井戸から出て、テレビの外に出てくるまでにおいては、
そこまで観てしまっているということはその人はどうせ呪われるのだし、であれば、せめて呪われるまでの間は楽しくてもいいのではないか、ということになり、

井戸からテレビまでの間の貞子の出てきかたは、

サザエさんのオープニングのラスト、

てぃてぃてぃー
てぃてぃてぃー
とぅてとぅててー
でーっでっ

の、リズムに合わせて磯野家全員が画面に向かってくる感じで出てくる、


と、いうことで和解案が示されました。



と、いう感じで。

ラニーニャと聞くとラザニアを想起します。 [映画(仮)]

公開当時も思ったけれども、

冒頭ね、

いなくなった彼女が空港前からのテレビ中継にクルマにはねられそうになった拍子に映り込む

っていうね、

どう見たってやり過ぎだろうと思ったし(笑)、

ちゃんと見て歩けよ、

って思ったよね。

あの時点でもう、ああ、テレビ局出資の映画だな…って落胆したというか、
あのわざとらしさをやるくらいなら、いっそ、

滑走路で飛行機にはねられそうになるくらいの潔さがあってもよかったかなと、
今となっては思うんだよね。

でもいちばんは、

空港でね、

たすけてください!
たすけてください!

ってシーンね、

あれについてはあの映画のいちばん象徴的なシーンというか、あれはあの映画にはなくてはならないシーンだったし、あれで(森山)未來の人気が出たようなものだし、代表的なシーンなんだけれども、台詞については変えてもよかったのかなと思っているんだよね。

もしいまリメイク版を作るとするならば、僕はあのシーンの台詞に関してはこうしようと決めていたんです。

お医者様はいらっしゃいませんか!
お医者様はいらっしゃいませんか!

って。

そのほうがリアリティがあると思ったし、何よりも言いたいことの的確さかな、と。






2011年1月某日、
ゆきさだへのインタビューにて。

back number「いつか忘れてしまってもいいKARAツアー 2010-2011」【ひとりでできるもん vol.5】 [ライヴ(仮)]

物販を見ていたらTシャツが20色もあるのですね、このバンド。発想がユニクロかと思いました。いや、きっとユニクロなんだろう。

開場を待つまでの間、ライヴハウス表のモニターでライヴ情報が流れていたので暇つぶしに見続けていたのですが、メレンゲも流れてたし、全然知らないバンドもあったし、そんななかで見かけたとあるバンドの曲がポジティブに耳障りだったのでCDを買ってしまいました。

この曲。

この日のチケットはSOLD-OUTということでブレイク必至ですが、
ブレイクしない場合もあることは知っているので油断大敵です。

と、いうわけで、
1月23日は、

back number
「いつか忘れてしまってもいいKARAツアー 2010-2011」
【ひとりでできるもん vol.5】
@Shibuya O-WEST

へ、行ってきました。


二曲目で泣きそうになっちゃった

と、
言いながらむしろもはや泣いていたように見えたのはたまたまなのでしょうか。
CD音源でも泣きながら歌っているような気がするときがあるので、
その歌詞に自分で酔って泣いているのか、
それとも感極まって泣いているのか、どちらなのか…。

というか全編ほとんど泣いていたような気がします。

バンドの中で一人だけアコースティックギター持ってる奴はダサい、死ねばいいと思ってたのですが、持ってみたらこれが良かった

と、言いながら
『風の強い日』へ。
今回も音源を貼ろうと思ったのですが著作権の問題でこの曲は削除されていました。メジャーデビューするとそういうとこうるさくなってきますよね。

ライヴが進むに連れ、前方の客がひとり、またひとり、と倒れたようで、それが別にアップテンポな曲のときではなくて、

↑こういう曲終わりとかに。

それを気にかけ、

今日俺そんなに気持ち悪い?大丈夫だよね?

サビのフレーズが今回のライヴのタイトルにもなっている曲
『いつか忘れてしまっても』
が終わり、

最後は悲しく終わるんじゃなくて楽しく終わったほうがいい…って社長が言ってました!

と、

本編ラストの
『海岸通り』へ。

アンコールのなか、
ステージにスクリーンが登場、新曲のPVが流れ、
終わったら本人たち登場し、

この曲でメジャーデビューします!

と、発表。

立て続けに、iTunesで新曲配信、5月にワンマンライヴ開催発表と畳みかけるように発表、場内のボルテージは最高潮。

今年のback numberは新しいことをどんどんやっていくので、back number何やってるの、死んだほうがいいね、って言われないようにしたいなと思います。
やりたいことをやったほうがいいよね、うん。

と、言いながら、

その新曲を披露してくれました









ということはなく、既存の一曲を演奏してライヴは終了しました。









意表を突かれました。

『2012』を見ながら2012をイメージトレーニングするがそれは即死のイメージ。 [思想(仮)]

最近、

わかさ生活のブルーベリーアイのCMをなぜだか見てしまいます。
きょうも映画観に行ったら映画始まる前のCMに流れました。


きょうはそんな暮らしにまつわる話をしたいと思います。


のどぬ~る、熱さまシート、目もとひんやりシート、鼻スースースティック、トイレその後に、ブルーレットおくだけ・・・・・

日本人たるもの、
たまにですが小林製薬の商品名を考えてみたくなると思うのですが。

小林製薬の商品名ほど明朗で清々しいほどムカつくわかりやすいネーミングはないと思います。

きっと商品開発に予算を費やしている分、
ネーミングにお金をかける無駄を省いているのだと思ったら泣けてきます。

しかし、

あわよくば、

商品名だけでどんな商品なのかわかるのが小林製薬の偉いところです。

今から僕が考える小林製薬の商品名を挙げていきますので、
何のための商品なのかを考えて書いていってほしいと思います。

製品名は口ずさめるところがあったらみなさんも口ずさんでください。(※順不同。)

フグの毒抜くだけ

ヅラナオール

ヨミガエール

シナナイン

ピストルの弾楊枝

モチはきださせーる

霊媒ん

毒キノコの毒抜くだけ

鼻水てんぷる

毒ヘビの毒抜くだけ

鼻血てんぷる

かさぶたはがすだけ

すばやくかさぶた化

吐きそうなとき飲むだけ

吐きそうなとき置くだけ

現場の指紋採取中

ヨイトマケ~魔除け~

ただいまお清め中

吊り革そのあとに

たんすの角に小指ガード



以上。





・・・たまには手抜きしたっていいですよね。

いまさらながらTポイントカードは持つべきなのか悩み中。 [思想(仮)]

ゆうべログインしてたらいきなりつながらなくなって、
今朝電車の中で携帯で見ても表示されなくて、


あ、ここのスタッフ夜逃げした。


と、思ったのですが取り越し苦労だってようでこんばんは。


電車に乗っていたら近くにいたサラリーマンの携帯電話が鳴って、そのサラリーマンはその電話に出たのですが、会話の内容からすると取引先の相手に平謝り、というものだったので、

ああ、自分、営業職じゃなくて良かったー、

と僕は思うと同時に36個のことを思ったのですがきょうはその36個のうちの1個の話をしたいと思います。

そのサラリーマンは電車のなかということで、手で電話を覆いながら、ひそひその体で会話していたわけですが、僕はそのとき思ったのです。

通話相手も相手が電車のなかで出ていることはわかっているはずで、電車のなかで電話に出させているということを申し訳ないと思い、電車を降りてから話そうと提案する気持ちがないのならばその相手を怒る資格はないのだ、と。
周りの電車の乗客は、電車のなかで電話に出てしまったサラリーマンに怒ってもいるが、その、電車のなかなのにお構いなく通話相手に対して「怒っている」という、いわば優位な立場を利用し話し続ける無神経さ、それに対して怒っているということを忘れないでもらいたいと思います。

という光景を目の当たりにした際にこの電車のなかで電話するならば周りに会話が聞こえないように、









このヘルメットを思いついたのです。




-と、いう開発秘話。

そりゃあなた、牛丼の玉ねぎだって除けて食べますよ。 [思想(仮)]

またこれについては日を改めて書きたいと思いますが、
きょうはback numberのライヴに行ってきました。

いやー。

女々しいです。

どうしてこうも女々しいのか。

ここ最近の僕の女々しさのツボを突きまくられました。

『風の強い日』back number


そんなきょうは女々しさ全開の記事にしました。




よく、
家のなかに池があるんです!
とか言う自慢げな自宅紹介があったりするじゃないですか。

僕としては別にそれについてどうこう思うことはないのですが、家のなかに池があるだの滝があるだのプールがあるだの何だか水周りのアイテムばっかりですけれど、それらは何だかありきたりだと考えてもいて、水と火のエレメントみたく、そろそろ次の世代へ進むべきなのではないかと今まさに思っていたところです。


家のなかに家がある。


一見ベタと思われるかと思いますがこれは二世帯住宅とかの比喩ではなく、本当に家のなかに家がある、という、国民的アニメブランドに例えてわかりやすくイメージを言うなれば、でもそれでもないけれど渋々言うなれば、辛うじて、ハウルの動く城的なものを僕は想像していたのですが、それをいろいろ考えていたとき、まさに至った結論それは地球は家であり、その中に個別に我々の家があるのだ、ということ、つまり、死ぬときはみな家で死ぬのだということ、これすなわち、








宗教思想みたい。

呑めないけれど呑まなきゃやってられない気分『スプライス』 [映画(仮)]

きょう、帰りの電車でふと気がついたら、

3メートルほど離れたところに立っているスキンヘッドのオヤジサラリーマンから睨まれていました。

僕は前にオヤジキラーと言いましたが、
今夜もオヤジを惹きつけてしまったのでしょうか。

しかも降りる駅一緒。

降りるとき僕に接近(ドア付近)。

できるだけドアのガラス越しにオヤジと目を合わせないように僕は。

僕は。


スプライス

SPLICE
●売り文句:禁断の実験で生まれた“美しき新生命体”-人類はその進化に後悔する。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人
●観て思ったこととか。
R15なのでグロ覚悟、怖いもの見たさで鑑賞。結果、グロいしエグいんですけれど、僕がスクリーンからとりあえず目を背けずに観ることが出来たので、グロ慣れしてる人には何のこれしき程度だと思います。しかしこれ、観ててすごくイライラしました。人間のエゴ押し付けすぎ。終わり方も自業自得だわ、っていう感じでした。しかし興奮すると翼が生える生命体、孔雀かよ!って思いました。そんな生命体と、してしまうなんて信じられない。絶頂に達するときに翼をばっさあああああ広げたところがちょっとコントみたいで面白かったです。


さて。
僕が最近考えていることとして、

手先と手下はどう違うのか、

ということを深く掘り下げてみたくなりますよね。

現実問題として、
手先は非現実的、手下のほうが現実味を帯びています。

イメージ度では、
手先のほうはかっこ良く、手下はカッコ悪い。

ケンタッキー度では、
手先のほうが手羽先の略称として売ることが出来るますが、手下だとニワトリの手下、ということになり、つまり何?っていうことになります。

ドラマチック度では、
手下のほうが劇的な壮絶死などの展開になりそうです。

ファンタジー度(魔法遣いなど)で行けば、
手先のほうが、しもべ的な感じがして似合います。

ユニクロ度で行くと、
ユニクロの手先、¥980のほうが売れそうです。

デアゴスティーニ度としては、
週刊・世界の手下、創刊号はバインダー付きのほうがしっくりきます。

ただ、
街行く人50人に聞いた、

手先を経験したことがありますか、

の問いには快く答えてもらえるものの、

手下を経験したことがありますか、

の問いには渋々といった感じでなかなか答えてもらえませんでした

という気がします。

いわば終わりの見えないゴールかと思ったら終わりが見えた感じ。 [思想(仮)]

きょうは何だか物欲(と、映画欲)が爆発しました。

NINTENDO3DSの予約でレジに並ぶ列を横目に、

店員さんに、

普通に物買う場合でもこの列に並ばないといけないんですか?

と、(にこやかに)詰め寄り、

○○さん、○番カウンターまでお願いします

と、怒号の飛び交う始末。

そして3DSの予約に必死な方たちを横目に、
レジを開けてもらいました。

というかそれくらい僕が言う前にちゃんとしてよ

って思いました。

だって全部のレジを3DSの予約する人用に宛がってるとかありえない。

というか3DS、僕もちょっと興味あるけど、
7DSくらいまで我慢したいと思います。


で。

ここの線を上の線より長く書いていますよね、これはつまり、すごくふしだらでいてそれでいてやさぐれた性格の人です。

など、みたいな、
姓名判断だとか画数判断だとかあるじゃないですか。


で、それの鑑定士みたいなやつがいて。


ああいう人らの職業病とはどんなものなのか考えていたわけですよ。


一番ありがちなのが買い物してレシートに印字してある店員の名前を勝手に鑑定してしまったところ、鑑定結果が

お釣りやレシートを渡した人をことごとくとことん不幸にする

だった場合、それで店にクレームを起こしたりしますよね。

それで結果的に裁判沙汰になるわけですが、どう考えても頭がおかしいので被告側は鑑定士の精神鑑定を依頼して鑑定士が鑑定士を鑑定するっていう鑑定士のコラボが実現するわけですけれど、もうその鑑定結果が出るとか以前の問題で不幸になっているということにそいつは気づいていないわけで、さらに弁護人の姓名判断も遅ればせながらしてみたら、

とりあえずは間違いなく敗訴になる

だったから弁護人を解任して姓名が最高の弁護人を雇うわけなんですけれど、被告側から、

勝訴する姓名の弁護人を雇った

として逆提訴されるわけですよ。そうなってくると市民感情としては被告に同情ムードが大半を占めるわけで原告の鑑定士は不利になるのですが、裁判長の

原告を勝たせがち

という姓名鑑定結果を信じていちるの、あ、いちるの望みを託すのですが、裁判員の名前がわからないけれどどうも裁判長の姓名鑑定結果だけでは心許ないという不安もあったけれど、そんなことはないと自分に言い聞かせはしたものの、いや、もう薄々気づいているのかも知れないけれどそれを認めたくないんじゃないか




と、思いました。

簡潔に言えば上司の息は基本的にあらかた臭い件。 [対談(仮)]

-携帯電話の未来を考えよう、未来館のコーナーです。

よろしくー。

-今までにも携帯電話の未来を語らってきましたがここ一年間、スマートフォンが台頭してきました。

スマートフォン市場は頭打ちですよね、もう。

-いえ、むしろ伸びています。

そうだね。

-今後はどんな展開になっていくと考えますか?

ドロドロですよ。

-ドロドロ?

うん。権利関係や利害関係でドロドロの泥沼化です。

-つまり未来は暗いと。

そう。簡単に言えば終わりに向かって行ってるわけですから、明るくはないですよね。

-終わりに?

始まりがあれば終わりがあるわけですから。

-それはそうですね。

ええ。ありがとうございました。

-こちらこそ。あ、や、まだ、まだ、終わりに至るまでの間にどんな携帯電話の機能があるかだけ、考えてみましょうよ。

あの、そもそもがね、僕はそんなに前にも言ったが携帯電話に多くを求めてないんですよね。ちまちましてるの好きじゃないんですよ。PSPとか買っても半年くらいで飽きて売っちゃうんですよ。だから音楽とかゲームとかアプリとかじゃなく、もっとこう具体的に世の中に役立つ機能が付いたほうがいいんじゃないかな。

-それはたとえば。

自殺防止機能。

-…。

いつも見に来ている人は僕にちゃんとしたそういうのは求めてないと思うんですよね。きっとわかってくれると思います。

-理解者だけで構わない、と。

ええ。難しく考えてるわけでもないし、それで議論とか論議をしたいわけではないですから。

-なるほど。

快適空間ですよね。

-…ええ。

でもね、自殺防止機能は必要じゃないかな。今の日本における自殺のニーズは高まって自殺市場は拡大しているわけじゃないですか。

-そうですね。

自殺のマーケットが。

-…言い直さなくていいです。

ちょうど僕くらいとか、上の年齢の人とかが大体の相場なんですよね。

-身近な問題ですね。

そう。やっぱり電車が人身事故です、ってときに思うわけじゃないですか。ああ、自らか、と。

-ええ。

やっぱりあれは迷惑ですよ。1時間くらいは止まるわけでね。この冬場なんか待ってられないですよ。

-ごもっともで。

あの子を置いていけないわ!!

-映画の観すぎです。

すいません。

-それで携帯電話にその機能を付けてどうするんですか。

GPS機能がついてるからね、

-はい。

駅のホームとか、崖っぷちとか、屋上にいるのがわかったら携帯が爆発してさ、そんでもってさ、カラダを動けなくしてさ、自殺出来ないようにするんですよ。

-なるほど。

自殺扱いから他殺扱い、の時代で。

-大丈夫ですか。

雇用も増えますし。

-警官のね。

うん。まあ爆発はやり過ぎだと言われるがゆえに爆発させるたびに携帯の買い増しを促進しているとも言われかねないがためにせめて電気ショックで失神させるというのが妥当ですかね。

-ああ、それなら。

それなら?

-アリですかね。

ありがとう。やっぱりその、手のひらに、明日をのせたいじゃないですか。

-…そうですね。

手のひらに、明日をのせて。

-手のひらに、明日をのせて。

手のひらに、明日をのせて!

-手のひらに、明日をのせて!

ありがとう。

このブログはNHK教育です。 [思想(仮)]

家に帰ってPCつけたらあららびっくり
PLAYLOGのそういう話が出ているのですが、
僕はとりあえず平常通りやっていきたいと思います。
ちょっとその先を考えるのがめんどくさいです。

この時期、会社帰りの駅からの帰り道、赤色灯を消したパトカーがゆったりと町をパトロールしていいて、それは覆面パトカーと言うわけではないけれど、パトカーの醍醐味である赤色灯を消しているところだけを見ると、覆面パトカーと言われても仕方ないと僕は考えていて、批判は免れないのではないかと危惧しているのですが、その一方で、覆面にはほかに何があるだろうかと話の逃げ道を探し、路地裏に身を寄せ合って考えています。

パトカー以外にアタマに覆面のつくもの。

強盗、レスラー、座談会





あれ。
あれれ。
それくらいかな。

少ない。

少な過ぎる!


少な過ぎてそんなのほっとけないですよ。
これは考えて増やさないといけないですね。

まず、
ベタなのだと、

フクメン。

イクメンがあるわけですから、この中から同類の言葉を探せってなったらこれにマルを付けます。

このほかに覆面の称号がつく用語を考えてみましょう。

覆面ヤクザ→ベタです。キレたときがヤクザの見せ所。

覆面トリマー→犬に吠えられまくり、なかなかトリミングさせてもらえません。

覆面飛行機→ステルスみたいなのの覆面版の言い方です。

覆面晩餐会→あの覆面、サーモンばっか食ってるよ!

覆面新巻鮭→矢ガモみたいな感じで荒巻鮭に仮面を被した悪質なイタズラみたいなやつ。



・・・あーめんどくさい。

考えるのめんどくさい。



でも僕は思うのですが、僕もこのPLAYLOGでは素性を明かさない覆面なわけであり、そう考えたらば、みな覆面なのだと、みな、面を覆っているのだと、みな、地球の子供なのだと、地球に覆われている覆面なのだと、そう思えたならば、涙が止まりま