So-net無料ブログ作成

月曜に降る雨は気が滅入るのを増大させるパワーを持っていますよね。 [思想(仮)]

まだ僕にはあまり身近な存在ではないですが、
それでも大人になると一応は気にかけとかなけねばならない、

保険

というものがあるじゃないですか。


何歳でも入れます!

だとか、

持病があっても大丈夫!

だとか。

そう。
世の中は保険だらけ。

僕が思うに保険というものはポジティブなのかネガティブなのかよくわからない、ナイーブなものです。

そうすると、
今後どんな保険が出てくるのか気になります。


●幸せ太りなどからくる変異に、

めでたい死

めでたい時、めでたい場などで死にそうな気がする人向けのプランです。
コイツ超めでたいし~、みたいな感じです。


●うっかりヅラが取れてしまったときの保険プラン、

取れたヅラ。

「取れたヅラ。」のプラン概要
人前でうっかり取れてしまったときの精神的苦痛などをお金で癒すという、いたってシンプルなプランです。ほかに「取られたヅラ。」もあり。


●あけましておめでとう!福袋を買ったよ!でも中身が凄惨、

福死くん

落合長男が買い取ってくれる保険です。
JAFみたいなものですね、JAFみたいな。


●映画館で映画鑑賞、でもちょっと待って、近くに携帯パッカーなどがいて映画にイマイチ集中できなかったためのプラン、

死ネマ保険

僕はこれに加入したいです。


●突然の鼻血に、

突然血

いきなり出てきたことで衣服などに鼻血がキラリ☆そんなときのクリーニング代など経済的損失をカバーします。鼻血もちの人向けプラン「ハナヂウム」も。


●死刑囚向けプラン、

手錠でガッチリ囚人保険。

看守ひとりは必ず保険外交員なので拘置所のなかでも保険の勧誘があります。脱獄に失敗したときのためのプランなどもありますが、このプランは保険に入れるということは死刑ではないんだと思わせておきながらやっぱり死刑というプランです。
加入日に即死刑です。




全部アリコから発売です。

(※これはアリコのCMです。)

2月が誕生月っていうのは誕生月ポイントの期間とか考えると家計簿的には損ですって荻原博子が言いそうですね。 [対談(仮)]

-日常生活の場においてクロロホルムを嗅がされるのはどんなときか考えてその時に備えよう!のコーナーです。

いえーい!!

-アル中に続いて今回もまたテーマが重いですね。

地球滅亡よりも高い確率で経験する可能性があるわけですから考えておく必要はありますね。

-そうですか。

ただ僕が言っているのは、クロロホルムを染み込ませた布を…、とか、そういう微々たる感じではなくて、まるかぶり、みたいなことを想定して言ってますよね。

-事件性よりも事故のほうと。

そうですね。クロロホルマーがクロロホルムの扱い方を間違えた時にそれは起こりますよね。

-クロロホルマー、ですか。

クロロホルムを取り扱う人のことをそう呼びます。

-わかりやすいですね。

ええ。クロロホルムが盗まれて…、とかいうのはいまはやはり厳重に管理されていますから処方箋がないと一般人にはそう簡単には手に入らないのでね。

-処方箋ですか。

睡眠薬が嫌な人にはクロロホルムを処方しますよね。

-そうですか。ではやはりクロロホルムを扱うクロロホルマーのミスによってクロロホルムを嗅ぐ機会が生まれてしまうと。

ええ。ここで面倒ですが用語を挙げますとクロロホルムを嗅ぐ人はクロロホルメンタリスト、クロロホルムを嗅ぐ行為をクロロホルマリング、

-はい。

クロロホルムを嗅ぎすぎて死んでしまった人の死因はクロロホルマリン漬けと呼びます。

-…そうですか。

辰っちゃん漬け、みたいなものですね。まあ。

-…。

ですからクロロホルマーの取扱ミスによってクロロホルマリングの機会が生まれてしまう、ということです。

-それなら有り得るかも知れないですね。

麦茶とそうめんつゆの容器を取り違えるのと同じ要領でクロロホルムを飲んじゃうとかね、

-はあ。

クロロホルムを凍らせた氷をコーヒーにいれて間違ってお客様に応接室で出してしまうだとかね、

-シチュエーションは別にいいんですが…。

クロロホルム工場の排水から漏れ出たクロロホルム成分を多分に含んだ水が河川に流れ込みシャケが眠ってしまいばかすかシャケが釣れるとかね。

-シャケにも効くんですか。

そのシャケを食べた熊も眠ってしまいそのまま海に流されてシロクマになる地域まで流されてシロクマになるとかね。

-壮大な話ですね。

まあでも、いちばん有り得るのはクロロホルムを積んだトラックが首都高で横転してクロロホルムが散乱してみんな眠っちゃうことです。

-少しわくわくしますね。

うん。首都高走ってる人も寝ちゃうし駆け付けた警察も寝ちゃうし首都高近くの会社とか住宅でもみんな寝ちゃうしね、

-ええ。

そういうことを考えたら日常生活でクロロホルムを嗅ぐ機会は自ら嗅ごうと思わなくてもいくらでもあるんですよ。

-そうですね!

ねえよ。

目がかゆい気がするのは気のせいです。 [素(仮)]

PLAYLOGも終わりに近づき、各々がブログを振り返っている時期にあると思いますけれど、僕もだから走馬灯のように思い起こしているので死ぬんだと思うんですけれど、というか走馬灯って明るい灯なの、暗い灯なの?って感じでもあるんですけれど、走る馬って書くくらいだから埃っぽい灯なのかなって考えていて、さっき死ぬんだって書いたけど、まあある意味死ぬで合ってるんですけれど、僕はよくブログにおいては、


ありますよね。


とか、


なりますよね。


とか、誰にともなく同意を求める表現を好き好んでよく使っていたんですけれど、
たまにこの、


ありますよね。


とか、


なりますよね。


を、はるな愛口調で言いたくなる衝動に駆られることが



















ありますよね。

(一線は越えない。)

休み明けに会社行ったら急に上司が異動になってたり焼けたねと言われたり。『とくダネ!』 [テレビ(仮)]

いや。
実際京都の4日間、晴れてて伏見稲荷とか登ってたら暑かったですし、日光もさんさん射してたのでね、でもそうは言っても2月だし、と思っていたのですが、顔ヒリヒリするなーと思ってたら日焼けしてました。えへっ。

・・・。

きょうのテーマなのですが、
こないだ久々に『とくダネ!』のオープニングトークを見たのですが相変わらず、
小倉が中野アナウンサーのほうを見ようとしませんでした。

一方の中野は一見、小倉に振り向いてほしげにするものの小倉がたまに中野のほうを向いて話しかけている時でもそれに気づかないのか素っ気なく噛み合っていないです。

以前、週刊誌の見出しで中野アナは小倉を見ただけで吐いてしまうほどのストレスを抱えていると報じられていましたが本当にそうなのかもしれません。

笠井アナと中野アナに挟まれて喋る小倉。

小倉の右が笠井、左が中野。

この位置関係も因果関係の関係が関係ある関係なのでしょうか。

それは小倉にしかわからないのですが、そんなきょうは、

なぜ、
『とくダネ!』のオープニングトークで小倉は笠井ばかり見て中野を見ようとしないのか

を、テーマに考えていこうと思います。

要因を羅列していくからあなたのキリのいいところで、
ストップ!と、言ってください。


以下、小倉が笠井ばかり見て中野を見ないと考えられる要因。


小倉はミニ巨泉と呼ばれているから。


笠井にシンパシー。


週刊誌の報道通り、中野が小倉の顔を見て吐きそうなことを小倉が気遣って見ないようにしている。


中野のほうばかり見て、女好き、と思われたくない。


笠井の肩に小倉の好物がいつも乗っている。


小倉がずっと寝違えている。


毎朝笠井の方角に向かって哀悼の意を表明している。


笠井に弱みを握られているので暴露されないように行動を監視している。


カンペで「小倉、笠井のほう見て!」と指示されている。


小倉は実はリモコン操作仕様。


中野が臭い。






以上、
8つ以上当て嵌まった方は

朝食はしっかり食べる

タイプです。




(投げやり。)

ホテルから送った洗濯物が家に到着するまでが旅行です。 [素(仮)]

と、いうわけで昨夕、

3泊4日の京都の旅から帰ってきました。

前回は京都駅チカのホテルに泊まったのであまり感じなかったのですが、今回は街ナカのホテルに泊まって、それでわかったんですが、京都って定住している人がいないというイメージと言いますか、いたるところから観光客や人が寄せ集まって成り立っている、出稼ぎ処、みたいなイメージがどうしてもあると思うんですけれど、実際今回もナニジンなのかわからない人達が多くいましたし、ここは京都なのか、京都府なのか、と、何度も現在位置を確認しましたよね。まあただ実際には家があって、そこに人が住んでいる、ということなんです。それは晴天の霹靂と言いますか。あとはやっぱり、おこしやす、とか言われたり、子供が関西弁とか、ああいうのは来京二度目でも不思議でしたし、どうやって教わったんだろうとか思いましたよね、あと何だっけな、何とか電車が終日女性専用車両とかね、驚きましたね終日て。あとは何でしょうね、開放的と言うか、いろんな人に声をかけられまして、写真撮らされたり(アメリカ人に)道聞かれたり(アメリカ人に)小学生の団体に挨拶されたり(ひとりひとりに返すの?どうなの?)、逆に僕もわからないことは人に聞きましたし(ここでSuica使えますか?とか)、天候もそうだったのですが、いろんなことが温かったです。まあただ、お店の方に、どちらから?と聞かれて、埼玉です、と答えた時の、埼玉っていうその中途半端な土地の名で、何とも言えないリアクションにさせてしまって申し訳なかったです。そんなこんなでも帰るときになるとやはり一抹の寂しさみたいなものがこみあげてきて、また、来よう、とまではいかないまでも、また、来よえ、という感じでした。あ、嵐山にも行ったのですが、嵐山にかこつけて、嵐グッズを売るのはやめてほしかったです。嵐、ってTシャツ着てる現地のお店の人とかいましたし。和と洋、みたいなね、そういう。



…それにしても今回の旅も毎日パフェ食ってましたね。朝食抜きでパフェ、とか。ひとり祇園のお座敷で女性グループばかりに囲まれながら、パフェ以外にもメニューあったのにパフェ、っていう、女性ですらわらび餅止まりなのに僕はパフェ、みたいなことで目立ってましたよね。そんなわけで京都期間中はスイーツ男子でした。パフェの写メ撮っておけばよかったです。食べログみたいな感じにすればよかったかな。
あとは夜、お目当ての店をストリートビュー見ながら探してたらその地域だけストリートビューのデータがないことに1時間くらいウロウロしてから気づき、リアルに京都の住宅街で凍死するかと思いました。
でもそこにでっかい病院があったので助かったかもしれないです。
保険証持ってきてなかったですがね。


…に、しても、ストリートビューに僕の死体が映るところでした。


そんな京都の旅でした。

ここはきょーとー。 [素(仮)]

と、いうわけで、



ただいま京都におります。




重要文化財の京都府庁旧庁舎でのメレンゲライヴに参加、
そのまま京都ステイ。



今回も行きあたりばったり。


飲まず食わず。



それは言いすぎ!!


眠いので寝ます。


では!!

半年以上前に解約したのにまだつながるんです。 [思想(仮)]

電車内にレイクの広告が貼ってあるんですけれど、
何回見ても
山田優がマツコ・デラックスにしか見えないんです。
消費者金融のHPをリンクに貼るのもどうかと思うので
レイクで検索してトップページに出てくる山田優を見て、
共感していただけたら幸いです。

こんばんは。

かなり前にも少し書いたことはあるのですが最近、
真面目に精神を病んでいるんじゃないかと思っている容態急変ヒステリック上司が昇格したんです。


僕の直属ではないから直撃被害は受けないのですが社内はなかなかの深刻モードです。


過去、彼が原因で辞めたり他部署への異動を願い出る人も数知れず。


死んでくれないだろうか。

死んでくれはしないだろうか。

そう思います。

やはり冬ですし。

寒いですから。


CASE:1#昇格を祝い酔って店を出たところガチガチに凍った店の看板を落として死ぬ。

CASE:2#昇格を祝い、酔って「胴上げしてほしいか?」と聞き、うん、と答えたらば、部下に胴上げを強要し胴上げを断れなかったということ、胴上げの危険性を認知しながらも自ら胴上げを望んだということ、胴上げの危険性を認知したうえで覚書にサインさせたところで胴上げして落とし、警察の見解は胴上げスーサイド。

CASE:3#昇格を祝い酔って胴上げをしているうちに寒いので上司が凍ってきはじめてカチカチに凍ったところを手を滑らせて落として破壊して死ぬ。

CASE:4#大気圏に突入するかしないかギリギリのところで胴上げしてオゾン層を突き破らせて成層圏内で落としたところを意味がわからない。



おぞましい。

物騒な世の中です。




この季節、



胴上げには十分にご注意を。

『ウォール・ストリート』『ザ・タウン』『ブローン・アパート』『リセット』『ティーンエイジ・パパラッチ』 [映画(仮)]

このところ生と死、
    とりわけ主に、
               
           死

            をテーマにした記事が多かったので、
久しぶりに映画の紹介でもしようという心意気と相成りました。

この、僕が大好きな、
映画、というものを、
    映画というフィルターを通じて、
         純粋な気持ちで、原点に立ち戻って、
また明日から頑張りたいなと思います。適当ですけれど。



ウォール・ストリート

WALL STREET: MONEY NEVER SLEEPS
●売り文句:欲望は、罪なのか。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人人
●観て思ったこととか。
というか僕以外に客2人。前作を観たことがないので、どういうジャンルの話なのかがまずわからなかったのですが、この作品はどうなんでしょうか。何か別につまらなくもないけど、おもしろくもなく、可もなく不可もない、どうでもいい話でした。まあ、人は同じ過ちを繰り返すよね、みたいなことでしょうか。


ザ・タウン

THE TOWN
●売り文句:全米最悪、強盗と犯罪の街。ここに残るか、先へ行くか。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
おもしろかったんですけど、何だかバイオレンス感が感じられなかったというか、テーマから行けば、ばん!びくっ!みたいな感じになるんだろうなーと構えていたのですがそういうのがほとんどなくて肩透かしだったというか、生温い感覚。終わり方もそれでいいのかな、というか、こういう展開は最終的には(犯人だし)絶対こうなるよなーって思ってたのが覆されて。ハッピーエンドでもありバッドエンドでもあると言うのか。


ブローン・アパート

INCENDIARY
●売り文句:息子を失い、私の世界は動きを止めた。その爆破事件の真実を知るまでは……。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人ノ
●観て思ったこととか。
少し期待していたのですが観終わって何だか意味がわからなかったです。爆破事件の真実、が、え、それだけなの?みたいな、何かサスペンス的なものかと思ってたら全然違ってて、スケールの小さい話になってしまったかなという。中盤あたりまでは無難に進むので終盤にすごい展開があるんだろうなと思ってたら導火線が湿気てて火が点かないみたいな。


リセット

VANISHING ON 7TH STREET
●売り文句:「闇」が人類を粛清する。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
日米同時公開なのに都内一館のみでの公開という。大きくまとめると『アイ・アム・レジェンド』とか『ダークネス』とかと同様です。謎の人類終末の世界を描いてて、世界観はすごく好きな作品でした。予告編で見れますが無人の街で背後に操縦士のいなくなった飛行機が落ちてくるところとか好き。ストーリーは現象の正体に説はいくつか出るもののそのまま解明されず結局、何?っていうままに終わるんです。けど、あえてそうしてないのかもしれないな、と思いました。終わり方は、希望ですが見方によっては絶望でもある、いろんな受け取り方の出来る終わり方だなと思います。オススメはしないですが僕は好きなほうです。というか原題はもしかして重要なんじゃないだろうか、とか思うのですがだからこそ邦題で損してる気がしないでもない。


ティーンエイジ・パパラッチ

TEENAGE PAPARAZZO
●売り文句:レンズの向こうに見える、僕の未来-
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ
●観て思ったこととか。
おもしろいドキュメンタリーでした。13歳でパパラッチを始め、親に干渉されずに夜中の2時3時とかでも芸能人を追い回して写真撮って金稼いで、年のせいで芸能人も気を許して仲良くしてたりと、イキイキしてる感じするんですけど、その反面、プライベートはすごく寂しそうだなというか。パパラッチ家業にのめって学校行けてないせいで友達の影が見えないとか。この映画の終わりは、この少年のその一年後の姿を映してるのですが、いろんな意味で大人になりましたね、っていう。まあでもおもしろい作品です。



というわけで映画の紹介でした。

今週末の3連休、

何を観るかお役に立てたならば幸いです。


















今週末は3連休
と、聞いてテンション上がった人には
騙してしまったことを謹んでお詫び申し上げます。





・・・ぷぷぷっ!!





・・・。

雪なんて台風がどうせ逸れるのと同じだと思っていたら予想に反して降り積もり中。 [対談(仮)]

-アル中とは何だ?!のコーナーです。

わー。

-今回は、自然と酒に触れる機会も増える季節が近くなりましたのでアル中をテーマにしてみましたが。

そうですね、やっぱりふと僕のブログを見に来た人が明日に宴会を控えていたら、このブログを読んでアル中に気をつけようというきっかけになってくれればいいなと思いますし、こういう話を改めて聞く機会は僕がしないで誰がするんだって話ですから。

-…そうですか。

やはり映画でも、このアル中ヤローが!みたいなセリフをよく聞きますし。

-そうですか?

そうですよ、ダメオヤジ役にはアル中の文字がつきまといますから。

-なるほど。

ストーカーですよね。

-はあ。

で、まあ、だから何て言うか、男の生き様はアル中、みたいな風潮がね、

-ないです。

いや、でもね、イメージとしては、アル中で野垂れ死に!みたいなね。

-へー。

相手が興味ないことでもこうやって興味を持たせてひきつけるのが一番効果的ですよ。

-つかみ、みたいなことですか。

北を六ヵ国協議のテーブルにつかせるためには…。

-はい?

まあだからテーマとして、アル中は何故発生するのかと言うことなんですが、

-ええ。

簡単に言ってしまうと、飲み過ぎですね。

-まあ、そうでしょうね。

特に普段、呑み慣れていない人が呑み慣れていない量を、しかも一気に飲み干したときが危険です。

-そうですね。

何て言うか、あの、プリン体がね、食道とかに詰まることが原因なんですよ。プリン体は見た通りぶよぶよしているから、いわばアルコールのイッキっていうのは、プリンを噛まずに飲んでいるのと同じ働きかたを施していることと同じなんですよ。

-わかりやすいです。

うん。それでアルコールサイドというかプリン体のカラメルの部分が主となり一揆を起こしてアル中を発生させるシステムになっています。

-なるほど。ではアル中を発生させないようにするには、どうしたらよいのでしょうか。

やはり一番はイッキしないこと、また、ジョッキに穴を空けておくことなんですが、仮にイッキしないといけない場合もあるかもしれないので、その場合はやはり噛みながら呑む、という工程が効果的です。

-アルコールを噛みながら、ですか。

そうですね。噛むというか感覚としてはテイスティングしてる風にイッキすればプリン体も分解されながら喉に入っていくので、ふるふるゼリーみたいなものと思ってもらえれば幸せです。

-何だか今回は思いのほかわかりやすいですね。

やっぱりアル中慣れしてる人の説明ではわからない部分がありますからね。

-確かに。

アル中の、中、はアルコールのなかに毒、つまりプリン体が含まれているということなんです。

-今回は明快ですね。

ええ。たまには真面目に話をしないとブログでの真面目な話し方を忘れてしまいますから真面目に話す機会を設けないといけないですね。

-はい。

あとはやっぱり、アル中をファッション感覚で捉らえている人が多いので、

-はい?

最初にも言ったように、アル中をカッコイイと思う風潮が出来てしまっているので、

-そうですか?

武勇伝みたく語られることとかあるじゃないですか、アル中でぶっ倒れて救急車で運ばれて、みたいな。

-ああ。

ああいうのをその場のノリで、善、と捉らえてしまっているようなところがあると思うんですよ。

-ああ。

だからそういうのを是正したいなと。

-ああ。

だからその、駅ナカと同じ感覚でアル中、アル中と言っている節があるように思うので、

-え?

そういったメディアの責任もあるとは思いますよ。

-…あの、中、の、読み方が違いますが。

まあだから、こうやって言いたかったことを無理矢理押し切るということも時には必要だなって思います。

-…はい。そろそろ時間ですので最後にアル中に関して言いたいことは何ですか。

そうですね、あなたは本当に救急患者ですか、と問いたいです。

-救急患者だと思います。

そうだね。

ほっともっとでフライドポテトを注文すると弁当を渡される順番が必ず前後する。 [思想(仮)]

このブログ、更新しないときでもそこそこのアクセスがあるようなのですが、記事別でアクセス数を見てみると、最新記事ばかりが見られているわけではないのですね。

だって、
昨日の記事なんかアクセス数「7」です。

ということは残りの9割のアクセスはどの記事を見ているのでしょうか。

それがわからない。

こういうのは氷山の一角なんだろうなと思います。


氷山の一角と言えば、

いまだ日本に蔓延る、
決して色褪せることのないセピア色の身近な凶悪犯罪、


万引き。


それらの万引きを取り締まるのが万引きGメンです。

きょうはそんな、万引きGメンの、被疑者が店を出て犯罪者となった瞬間の、最初の声のかけかたを考えておきますね。お薬は二週間分出しておきますね。


…というか夕方のニュースで見る、万引きGメンの声のかけかたくらいしか知らないですが、


すいません、保安係の者ですけど、レジを通していない商品があるんじゃないかな。ちょっと事務所まで来てもらえますか?


多分こんな感じ。


これだとスカウトやキャッチセールスだと勘違いされ警戒された挙げ句突き飛ばされた上膝をすりむかされたのちに逃げられてしまいます。まずは警戒されないことが一番です。


すいません、あなた当店500人目のお客様で景品を差し上げることがんですよ、ですからパラダイスまで来てもらえますか?


これが妥当。
犯罪者も一人の人間なので、景品、につられてホイホイついていきます。


そんな万引き犯罪者に増えているのが高齢者。

高齢者対策として最近では、
孫万引きGメンが脚光を浴び始めているということにしておきましょう。

高齢者を自白させるのに最適な孫万引きGメン。

同年代の万引きGメンの取調べには口を割ろうとしない高齢者万引き犯にはうってつけ。

孫万引きGメンと交代します。


おじいちゃん、万引きくさいー


から始まる取調べ。

そして、



ジジイ即自白。