So-net無料ブログ作成
検索選択

移転記念書き下ろし⑤ [対談(仮)]

-ローラーシューズとは?!のコーナーです。

わー。

-ローラーシューズについてどう思いますか?

邪魔ですよね。

-簡潔ですね。

ええ。正確に言うとその、<訳>ローラーシューズを履いているヒトの様のこと、を指して邪魔と言いました。

-はい。

結局はね、あれは光GENJIに入り損ねた大人が生み出したもんなんですよ。

-はぁ。

光GENJIに入り損ねた大人が生み出した空想の産物なんですよ。

-いや、実在してます。

そうだね。でもね、あとはその、自分が光GENJIになれなかったことを悔いた親世代が我が子を光GENJIにしたい、みたいな心意気ですよね。

-ああ、夢の続き、ですね。

そう。ただ、スケートは危なっかしいからシューズならせめてローラーでいいだろう、みたいな妥協案でもあるんですよ。

-なるほど。

でもほら、古いじゃないですか、光GENJIて。

-はい。

もうちょい早く作り出せてたら、とは思いましたよね、あれを見てて。

-なるほど。

せめて容疑者になる前に。

-え。

え?

-世の中ではローラーシューズが危険だということで着用や走行を禁止する商業施設などが増えています。

ですね。いまどき許可されてる…、というか黙認してるのは一部のスーパーじゃないですか。あとは皇居くらいで。

-そうかもしれません。

だからある意味、喫煙家よりも肩身が狭い思いをしているかもしれないですね。

-せっかく買ってもらったのにもったいないですね。

まあでも肩身が狭いから仕方ないですよ。肩身だけでなく…、肩身だけにとどまらず肩幅も狭いでしょうし。

-言い直さなくていいですよ。それでローラーシューズの今後を考えたいのですが。

はい。最終的にはやはり時代にそぐわないので淘汰されていく運命(編集部注:さだめ)かなと。ただ生き残りをかけてローラーシューズ業界も改良型を考えていると思うんですがこれはもう簡単なことですけれど、ローラー部分を、

-はい。

靴底じゃなく上に付けます。

-はい。

危険を回避できるシステムなんですよ。

-と、言いますと。

靴の表面の部分、つまり足の上にローラーが付いていることによって足の上に落ちてきた物をローラー部分で滑らせて足への衝撃の時間を少なくし和らげる、満員電車などで誤って足を踏まれそうになったときにも乗っかってきた足を払いのける、という意図があります。

-それは何となく分かる気がします。

イメージとしては太陽光発電でしょうか。

-それは画的に、ということですね。

はい。ただそれについてひとつだけ言えることがあるとすれば、

-はい。

それを履いているヒトはバカっぽく見えてしまう、ということです。

-致命的ですね。

まあ、だから、どのみち、ローラーシューズはバカっぽい、っていうのは避けて通れないですね。

-残念です。

はい。

-どうもありがとうございました。

移転記念書き下ろし④ [思想(仮)]

近年の電車の車両にはドアの内側の足元に十円玉くらいの穴が空いているのをご存知の方もいると思うのですが、きょうはあの穴は何だろうと考える回です。

最も考えれれる、考えられるのは、

お風呂とか洗面台の水が溢れないように水を逃がすためと同じ類の穴の類。

今回の場合は人を指します。

満員電車で満員過ぎる場合に最悪、人を逃がすためです。

ふたつめに考えられるのは、

傘たて。

一本だけ挿せれれ、挿せられます。

みっつめ。

アリの巣。

新しい電車の使い方の提案です。

と、ここまではオーソドックスですが、ここからが本番です。


昔々、とある電車、最初は見ず知らずの間柄だったのに席を譲ったことでいいムードになって、それはまるでレセプションパーティーみたいな感じになっていたのに12時を知らせる時報とともに急に帰らないとと言い出しあんなに楽しかったのに予定をきりあげて窓ガラスを突き破り猛ダッシュで電車をあとにした女がいたのですがその猛ダッシュの途中で履物の片方が脱げましたがそれにも構わず猛ダッシュし日々の喧騒のなかに消えていきましたが、王子は以降その履物に合う女を国中探し回りましたがお伽話のようには見つからなかったがために電車のドアの足元にその履物と同じサイズの特設穴を設けました。


なので、


あの穴にピッタリハマった人が、


















シンデレラ。

移転記念書き下ろし③ [思想(仮)]

昨日は

映画→ライヴ→映画→映画→始発

で、芸術の秋を先取り過ぎてきましたよね、まあ。

がんばりました。

ライヴは

サツキとメイのレゴバスツアー2011

メレンゲとlego big morlの2マン。
まさに僕のためにブッキングされたと言っても過言ではない。
涎が止まらないです。
レゴのメールに登録していたからこそ整理番号が僕の年齢よりも若い番号で先行で取れましたよ。ええ。

めちゃんこ近かったです。

ただメレンゲのステージが終わってレゴの番になるとき、
久々に観るレゴのライヴがどんなだったかを僕は忘れていました。

前列エリアはくんずほぐれず濃縮されて凝縮されることを。

逃げ遅れた僕はいつの間に現れたのか少し汗フレーバーのメガネボーイ二人に挟まれ圧死寸前。

僕は動いていないのに汗が。
汗が。

『127時間』の予告ばりに挟まれ身動きの取れない僕をカナタさんが歌いながら僕のほうを何度も見やっていたのは気のせいでしょうか。



生きて帰りたい



そして4曲目あたりで何とか脱出。



やってやる


そんな感じでした。

※久々に字幕のモノマネをしてみました。


ご本人登場



・・・それでは移転記事記念書き下ろし③へ



中身が、つまりその人の表情が見えない濃ゆい、濃ゆい濃密な時間を過ごす色のグラサンがあるじゃないですか。

先日、電車のなかであれをかけている人をじーっと凝視して思ったんですけれどおそらくあれは防犯カメラなんだと思うんです。

防犯カメラびと
だと思うんです。

どこを見てるかもわからないし防犯カメラにピッタリなんですよね。

贈り物にピッタリなんです。

だから今後はああいった防犯カメラが増えていくと考えていて、
わかりやすく言えば「ハリーポッター」に出てくる魔法新聞みたいな感じで、
新聞に載ってる顔写真が防犯カメラになってるんですよ!!

あとはそれは一例を挙げるならば、

防犯カムサハムニダや防犯太陽光発電、防犯いろはす、防犯涙雨など

だったりすると思うんです。

注文した料理のなかにある誰も食べないであろう一品の食材のなかに入っていたり、普通にイボかと思っていたら防犯イボだった、というようなことも今後ありうると考えていますし、胃カメラかと思ったら防犯胃カメラというオチもあると思いますよ!!

あとあの、
いろはすの話が出たから言いますけれど、いろはすのペットボトルを結婚式のクルマの後ろに付けるアルミ缶の代わりにすることでエコ夫婦である、ということを世間に知らしめる時代もそう遠くはないな、と、合わせて思います。

で、追記になりますけれど、防犯カメラの原点は、泣くフリをしながら相手の様子を冷静にうかがっている、という人間(ヒト科)の仕組みを生かした嘘泣きである、ということをわかってもらいたいと思います。











嘘ですけれど。

移転記念書き下ろし② [思想(仮)]

選挙があるじゃないですか。


あれでね、選挙カー同士がすれ違ったときに、


お互い頑張りましょう!


みたいなエールを交わすじゃないですか。


内心はそうでなくとも表向きは正々堂々とスポーツマンシップに乗っ取った感じでクリーンなイメージ、清い交際な感じですよね。

けれど僕としては最終的には選挙は政治とカネが人生のゴールだと考えていますし、だからそれだとやっぱり胡散臭く感じるのでダメだと思ったんです。


そこで以下、選挙カー同士がすれ違ったときにする行動リスト。


①すれ違い様に互いのウグイス嬢のマイクを交換。

②すれ違い様に互いの候補者のタスキを交換。

③すれ違い様に互いの選挙カーの看板のヨミガナの白ヌキの部分を一部塗り潰してヨミガナなくして読めなくしてやる。

④すれ違い様に互いの選挙カーに乗っている応援要員をさらいあって、
必ず…、必ず助けに行くからなー!って言う。

⑤すれ違い様に互いの選挙カーに乗っている候補者の頭部に果たし状を撃ち込み、静かにさせる。

⑥すれ違い様に、出納帳見せてみろ、バーカ!!などと罵りあう。


などが挙げられます。


ただ僕は思うに、

選挙カー同士がすれ違ったときに上記のような何か行動を起こすんじゃなくて、すれ違うと、入れ代わってしまうっていうのが妥当かなって。

オレがアイツでアイツがオレで、みたいなね。

つまりマニフェストとかも入れ代わってしまうので最終的に誰が、どのマニフェストを掲げていたかどうかがわからなくなってしまうんですよ。

だから何て言うかな、

その…、



マニフェストが変わっても、政党が変わっても、わたしのことを好きでいてくれますか。



みたいな。

移転記念書き下ろし① [思想(仮)]

ブログを再開する気はまだ弱火なのですが、
PLAYLOGブログ更新休止以降で僕が思ったことを綴ってみました。


ライヴで盛り上がってきたらピックを客席に投げるパフォーマンスがありますよね。

僕思うんですけれど。

僕あれ拾ったことあるんですけれど、案外気づかないものなんですよね、小さいから。

こっちに飛んできたことにすら気づかずに、気づいたら足元に落っこちてる。

飛んでくるのをダイレクトキャッチなんてそんな器用なことはできません。

だからピックがアタマに落ちたけれど髪で落ちたことに気づかずにそのまま帰途につく人もいると思うんです。
シャワーしたらピック出てきて貞子のピックがキャー!みたいなこともあると思うんです。

で、そんな要領でライヴの帰りに楽器屋さんに寄るとするじゃないですか。


で、


お客様、レジを通していない商品をおアタマに載せてはおりませんか?

-はい?そんなことあるわけな…

(ポロッ)

-!!!!!!


そして事務所に連れて行かれ、





受動万引き犯。

『わたしを離さないで』『台北の朝、僕は恋をする』『100,000年後の安全』『ザ・ライト-エクソシストの真実-』『名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)』『ガリバー旅行記』 [映画(仮)]

ここではPLAYLOGブログ更新終了からPLAYLOGサービス終了までのあいだに観た
映画の観て思ったこととかを振り返ります。
きょうはその前半です。

初見の方がいるとしてお断りをいれておくなれば、
観て思ったこととか。
と、いうのは感想というよりも観ていたときの体調などを書いていることもあるので感想ではないからです。



わたしを離さないで
a01.jpg
NEVER LET ME GO
●売り文句:映画史上かつて描かれたことのない<秘密>
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
↑の売り文句は随分大風呂敷拡げたなーという感じですが、何ですかね、ただでも結構面白かったです。好きな映画。ただこれをああでもないこうでもないと語ろうとするとかなり真面目な議論になっていくのでそれは僕としては避けたいところ、おすぎとかLiLiCoとかに任せておけばいいのであり、僕はつまりあくまで、映画、エンタテインメントとしてとらえておくにとどめておこう、ということで。


台北の朝、僕は恋をする
a02.jpg
AU REVOIR TAIPEI
●売り文句:大好きな恋人がパリへ行ってしまった。僕が残された台北に、小さな光が現れた-。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人
●観て思ったこととか。
何て言うかちょっと脱力してるというか、肩の力を抜いてリラックスした状態で楽しめます。個人的に惜しむらくは安っぽい音楽。安っぽいちょっとコメディ調の同じ音楽がたびたび流れるところがイラッとしました。一歩間違えると大惨事な話かなとも思います。面白いとつまらないのギリギリのラインを最終的に、面白い、のほうへ立て直しているという職人技ですね適当ですけれど。


100,000年後の安全
a03.jpg
INTO ETERNITY
●売り文句:原発から生まれる放射性廃棄物の危険について-フィンランドの場合-
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人人
●観て思ったこととか。
ここではあくまで僕のこの“映画”に関することを書きます。この映画の見せ方はすごく不安を煽る見せ方であって、しかも終始問いかける。もしも?もしも?の連続で見ていてちょっとなんてネガティブなんだろうと思いましたがでも、もしも、のことを考えたうえで原発とは付き合っていかなきゃならないんだなという。でもやっぱり、もうちょっと違う見せ方があってもよかったのかなとは思いました。偶然にも4月には『カウントダウンZERO』、『4デイズ』(これはアクションですが)と核の危機を題材に扱った映画が公開予定でしたが延期となり、ちなみにこの映画はと言えば夏に公開の予定だったものを急遽繰り上げて上映を決定したということで、それは良かったと思います。どんなカタチであれ、原発のことを考えるきっかけになったと思うので。


ザ・ライト-エクソシストの真実-
a001.jpg
THE RITE
●売り文句:悪魔は存在する。戦いに備えよ
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人
●観て思ったこととか。
キャッチフレーズが何だか大量の悪魔が攻めてくるみたいな感じで真実味に欠けますが一応これは真実に基づいた話なんですね。いまも実在する二人のエクソシストの話。でも、ものっっっっそい盛り上がりに欠ける映画だなーと。やっぱりこういうのを信じてない人間が見てもあんまし感じるもんでもないですね。信じる信じないは関係なく悪魔にとり憑かれることはある、と、映画のなかで言ってるわけですが、まあだから、そういうのは厄介ですよね。悪魔って結構茶目っ気がある描かれ方をしてるアニメとかでしか知らないので、まあだから不謹慎と言われてしまうかもしれないですね、エクソシストに。悪魔を茶目っ気っぽく見せてるアニメとかを見せたらね。


a002.jpg名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)
●売り文句:ラスト15分、予測不能!
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人人
●観て思ったこととか。
おもしろかった。今回はオープニングから見せ場がふんだんに盛り込まれていて。今回は登場人物の人間関係がなかなかのヘビー感を漂わせており子供には聞かせられない談話シーンがあります。え、こんなヘビーなこと語り合うの?みたいな引きがありましたので。この映画の中でもわんさか事件が起こるのですがただ僕が思うに、目が覚めたらカラダが縮んでいたことに勝る大事件はないと思うんですね。ええ。


ガリバー旅行記
a003.jpg
GULLIVER’S TRAVELS
●売り文句:そこは、本当の大きさを教えてくれる国。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人
●観て思ったこととか。
その“国”に行くまでの過程が唐突過ぎるとかは言ってはいけないのですね。ええ。ジャックブラックは好きですが、笑いのツボみたいなのはやっぱりなかなか合わないですね。ハリウッドのコメディはなかなか合わないです。露骨過ぎるのとかがダメなのかなと思います。で、この作品の見せ(笑わせ)方は僕のなかでは平均より下。“ガバター”とか細かい笑いは好きでしたが。

ツイート。

ここではPLAYLOGブログ更新終了からPLAYLOGサービス終了までのあいだに
PLAYLOGプロフィール欄に綴っていた偽Twitterを振り返ります。

140文字を超えている日があります。

ちなみに、きょう現在の気持ちとしてはジョイフル本田ネタはもう飽きました。


4/4.
関東地方に住む本田さんのおおよそ6割のニックネームはジョイフル本田(内閣府)
4/6.
その6割の本田さんの知り合いの8割が「ジョイフル本田すぐそば」と聞いた際、その本田さんのすぐそばなのか、それともジョイフル本田のすぐそばなのかどちらなのか一瞬戸惑うと回答。
4/7.
以上のことから関東地方に住む本田さんはジョイフル本田と呼ばれることに対しては関東地方以外の本田さんより
a.非常に長けている
b.非常に秀でている
c.非常に抜きん出ている
4/8.
節電を訴えているくせして今年も24時間テレビやるらしいですけどだから2時間テレビくらいでいいと思うんです。
4/9.
ジョイフル本田は関東地方に住む多くの本田姓がジョイフル本田と呼ばれていることに関しての調査結果を踏まえ「これ以上本田姓の方がジョイフル本田と呼ばれ、本田姓の方がジョイフル本田と混同されるようなことがあってはならないと憂慮している」との談話を発表。
4/10.
「本田姓はジョイフル本田が出来る前から確立していたものであり後から出てきたジョイフル本田に本田の今後を左右されたくはないと思っているのです」とは、ジョイフル本田と呼ばれる会会長兼係長の永田さん(68)はこうも続ける「私は本田姓ではありませんが本田姓のことは誰よりも理解しているつもりです」と。
4/11.
相変わらずあんな偏屈なジジイが当選してしまう東京っていうのはほとんどの都民が某石原軍団員なんじゃないかと思うんです。
4/12.
本田姓がジョイフル本田と呼ばれることで本田と呼ばれるよりも7ヶ月早く東京ドーム1個分の二酸化炭素を排出していることになると試算。(都内で活動するNPO法人のデータ)
4/13.
上野にパンダを見に行ってきたんですが、パンダ以外の動物の6割が寝ていました。
4/14.
ジョイフル本田と呼ばれる本田さん(27歳、男性)の一日に密着したところ、本田と呼ばれた回数は34回に対し、ジョイフル本田と呼ばれた回数は7回と意外な結果となったのだが、ジョイフル、と呼ばれた回数は1,238回に上り、ここで意外な現実が浮き彫りになってきました。
4/15.
そこには「最初の頃はジョイフル本田と呼ばれていたけれど最近はジョイフルと呼ばれることが殆どで、自分が自分でなくなる気がして怖いです」とジョイフル呼びに危機感や警戒感、倦怠感を募らせる本田さんの姿がありました。
4/16.
本田さんのことをジョイフルと呼ぶ本田さんの知人の携帯電話には本田さんのことは「ジョイフル」と登録してあることが判明、「ジョイフル本田と本田さん・・、ジョイフルの使い分けをしているんです」と語る。
4/17.
「昔は本田って言ったらさ、こっち(クルマ)のほうを指してたけど、今じゃこれ(ジョイフル)のことだもんね、嫌んなっちゃうよ(苦笑)」と本田さん(72)は言う。
4/18.
「何て言うのかな・・、その、“取引を見るのに夢中になっていた俺は背後から来るもう一人の本田に気づかなかった”っていう感じかなって思ってます」と本田さん(24)は言う。
4/19.
「最近はもう、“本田、って言うと、ジョイフル、って言う”と言われるのが日常ですね。」と本田さん(17)は言う。
4/21.
銀座じゅわいよくちゅーるマキ、ってたまに言いたくなりますよね。
4/22.
「“ジョイフル”と呼ばれることが多くなってきたので、ジョイフルの名に恥じぬよう、会話に英語を盛り込むように心がけるようになりましたね」と本田さん(22)は言う。
4/24.
きょうの本田さんの夕食はフォンドボー「なんだか・・・、本田、みたいですよね(笑)」と本田さん(38)は言う。
4/25.
「あのね、あのあたりにね、天窓を付けたいんですよ」と本田さん(64)は言うが何らジョイフルと関係ないことだった。
4/26.
以上のことから関東地方に住む本田姓はジョイフルに囚われすぎている、ないしは、何らジョイフルの影響を受けていない、の、二分化、二極化が進んでおり、今後も一層の二極化、二分化が進むであろうと考えられると締めくくり、関東地方に住む本田姓のレポートとする。
4/28.
名作アニメ『フランダースの犬』の舞台となった地方の土産店ではパトラッシュークリームが大人気。
4/30.
きょうは2ヶ月ぶりにライヴに行ってすごく楽しかったのですが指定席制なのに結局3時間弱立ちっぱなしだったから筋肉痛です。
5/1.
蝉っていう時点でうるさそうだから観ないけど『八日目の蝉』っていうのはきっと「そしてこちらが蝉を八日間煮こんだものになります」っていう話なんだ。
5/2.
これがたとえば、ベサメ・ビンラディンという名前だったらどうだろう。
5/3.
いや、だから、松山ケンイチに一人二役をさせるならば別に藤井隆でもいいと思うんです。
5/4.
減税日本があるなら減塩日本があっても過言ではないですね。
5/5.
ブログの更新終わった後のほうが更新してた時期よりアクセス数がほくほく感なのはどどどどどういうこと。
5/7.
『豆腐小僧』っていうのはきっと湯豆腐小僧とかゴマ豆腐小僧とか豆腐女子とかがいて、ピンチになったときにはバタ子さんが豆腐を投げてくれる話なんだ。
5/9.
正しくは“豆腐”じゃなくて“豆富”らしいのできっと豆マイケル富岡小僧とか豆富司純子小僧とかが出てくるヒューマンドラマな話なんだ。
5/10.
このブログ、何でランキングに入っているんですか。
5/11.
ハンバーガーに入ってるレタスが硬い部分で大部分を占めているとムカつきます。
5/12.
PLAYLOGを始めて、Tシャツには素材からこだわりたいと思うようになりました。
5/13.
Rock’n Roll!
5/14.
逆にありがたい。
5/15.
find me・・・.

はじめに。 [素(仮)]

さいしょに。

突然ですが僕が思うに、デジタルはアナログと融合、都会に田舎の部分が共存しているからこそ、

かっけー

のであって、デジタルだけになるとそれはたとえば焼鳥の串だけ、みたいなことであり、だから、つくね、というアナログの部分が串に刺さっているからこそ成立するわけですね。

デジタルデジタルと言いながら、
ひとは腕時計はアナログを好んだりポリエステルより綿を好むじゃないですか。
僕は腕時計はしませんが。
僕はポリエステル素材の服結構持ってますが。
いわば、
僕はブランド物に興味はないのだがしかし例えをそれに託つけるがためオーソドックスな言い方をするなれば、
片手にLOUIS VUITTONを持ち
片手にGODIVAを摘み
スレンダーでストレートに立ち居振る舞いながらも雄弁で確固たる
沖縄弁使い
みたいなアンマッチさであると考えています。

そしてこの、

ブログ。

そもそもがブログという時点で、というか、そのブログを更新するパソコンや携帯がすでにデジタルであり、
そのデジタルを用いてブログというデジタルなことをする、いわばダブルデジタルなわけです。
ただこのブログで綴られるのは、
未来のバイオ的ハザード的なテクノロジー的かつエピソードゼロ的なことでも、
デジタルライフを楽しもう的なライフスタイルの提案でもなくほとんどの人間がそこで日々の徒然的アナログなことを綴っているわけであり、
僕が、故SNS、PLAYLOGで書いていたこともそれは寸分違わずほかの大多数と変わらぬアナログなことでした。

そんな温かみのあるアナログな僕のブログでしたが多くの人から

a.コメントしづらい
b.コメントしにくい
c.コメントしがたい

と、言われてきました。

(5点満点)

何がいけなかったんだろう。

何がいけなかったのか、そうこう考えて、考えあぐねこまねいているうちにPLAYLOGが閉鎖されることとなり、その機会に僕はブログを止めることとしました。
が、
PLAYLOGで紡いできたブログを移行できるということなのでせっかくだから残しておき、老後の楽しみとすることとしようとは思いませんでしたか?!

…ここではそんな、僕の故PLAYLOGで綴ってきたブログを振り返り、己を顧みてみようとは思いませんが文章の流れ上、顧みてみたいと思います。



ここはそんなブログです。