So-net無料ブログ作成
検索選択

3月なのに雪?という驚き方は雪に対する偏見だと思うんです。 [思想(仮)]

死んだらその先届くメールはどうなるのか、

という疑問なんかをこないだチラッとネットで見かけたんですけれど、
そう言われてみれば、ああいうのは手続きしない限りは届き続けるわけで、
今のうちから、
このメール配信に登録してるよリストを製作しておき、その時に備える、
という作業をしておくべきなのかしらとか考えるんですけれど、まあ、やらないですよね。
ここで僕が思うのはそうやってメールがどんどん積もっていった場合にどうなるのかと言うと、

未読メールだから件名が太文字だし、
PCや携帯サイドとしても太文字で表示するのがめんどくさくなってきて、

で、


溜まりに溜まったメールが、



カタ…カタカタカタカタカタカタ…


…ぷす…ぷすぷすぷす…











ばぼーーーーーーーーーーん。















ってなって、メールがいろんな人のメールに飛ばされたりしたり、未読だったのが既読になったりして、








取り返しのつかない事態になりますよね。





きっと。

頭痛が痛い。 [思想(仮)]

こないだ久々に買い物をしたショップがあったのですが、いや、通うことは通ってはいたんですよ、でもしっくりくるパーカーとかがなくて買い物はしてなくて、で、今回買うときにレジにポイントカードを出した時に店員がカードをレジに通して、で、そうしたらば、

foots様いつもご利用ありがとうございます

って言われたわけです。


僕はその系列のショップで買い物するのは一年以上は経っていてだからポイントも失効していて0ポイントなのに、


いつもご利用ありがとうございます


と言われるのは何だか腑に落ちないとでも言いましょうか、もっとほかの言い方があってもいいのではなかろうかと思うんです。


あれですよね、トイレに

きれいに使っていただきありがとうございます

って書いてあるのと同じ狙いで、

いつもご利用ありがとうございます

と言うことで、いつも利用しないといけない気持ちにうっすらとさせているのだということもわかりますよ。

とは言えホンネは


一年以上ぶりに来やがって。どのツラ下げて。墓前に!墓前にー!


とか思われているんだと思います。


あ。

どのツラ下げて。


ってあれですよね、
その頃にはツラって言うかヅラになってるかもしんないですよね、その人。


どのヅラ下げて。


みたいなね。ぷぷぷっ!


…。


ま、まあ、ですからね、


久しぶりのご利用ありがとうございます。


とか、あってもいいんじゃないかと思いますし、


久しぶりのご利用を喜んで涙を流したりだとか、


しかし、


ポイントを大切にしないヤツなんか大っ嫌いだ!

ここで会ったが1年目、ポ、ポイントのカタキをー!!

とか言われて斬りつけられたりする





お店とかはどうですか?

当初の予定ではきょう旅行から帰ってきてぐったりしているはずでした。 [素(仮)]

最近思うんですけれど。


ドアの裏側の、
壁にドアノブがぶつかるかぶつからないかというくらいの地点の床に

この、
a01.jpg
波止場みたいなのがあるじゃないですか。
船を縛り付けておくやつみたいなやつ。


ミニ波止場って言うんですか?


あれの正式名称が知りたいんですよね。


ミニ波止場でいいんでしょうか。

メランコリアぁぁぁぁああああああ!!(特に意味なし) [思想(仮)]

僕が思うに日本の3月は、



それってダック引越しセンターじゃん!



が、実は全国的に流行語となっているのではないかと思います。


と、いうことは、

連絡先を聞いたらダック引越しセンターの番号を言われた、

つまり、それだけの人がフラれているわけですね。

CMでは酔って言っているけれど、
素面でダック引越しセンターの番号を教えられたらトラウマになりますね。


しかし、
もしその連絡先を聞いた相手が、
実は、
ダック引越しセンターの御曹司だった場合、
勝手にフラれたと自己完結してしまうのはとてももったいないことであると僕は思うわけですし、


だから、


ダック引越しセンターの電話番号を教えられた場合でも、かけてみる。


それが今の日本には必要なんじゃないかと思いますね。

雨だったから傘を差してたけれど晴れたから傘が不要になってだから傘を手放したら勝手に家に飛んで行って傘たてに収まってくれる傘が欲しいですね。 [思想(仮)]

今年もすでにもう3月にさしかかろうとしていますが。

最近テレビをあまり観なくなった僕の、

どうでもいいけれど2012年の今後の芸能界を予想したいと思います。


2012年の芸能界予測。


最近、ローラっていうタレントが今よく出ていますが、

ローラの祖母、


ローバがデビュー。


人気が高まるにつれ、昨年からの子役ブームが終わり、


老婆ブーム到来。


しかしあまりにも殺人的スケジュールのため、


老婆虐待


と、週刊誌に書き立てられバッシングを受ける。


穴埋め役に再度あの子役が投入され、

老婆より若いんだから働けムードが社会に蔓延。




事態収束。

(ただ、ローバ、って思いついただけなんです。)

『デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-』『ロボジー』『ラバー』『アニマルキングダム』『J.エドガー』『麒麟の翼~劇場版・新参者~』『ハンター』 [映画(仮)]

しばらく映画のことを書いていなかったので映画のことを書こうと思い立ちました。


デビルズ・ダブル-ある影武者の物語-
a01.jpg
THE DEVIL'S DOUBLE
●売り文句:この真実に、ついてこれるか。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:ノ
●観て思ったこととか。
フセインの息子の影武者の話なんですけれど、息子も影武者だし、フセインも本物の役と見せかけて影武者みたいな、どれが本物なの、みたいな錯覚に陥るんですよね。これを観てるとあれですよ、だから、コイズミとかにも影武者がいて、実はあのときのコイズミは違うコイズミで、本物は別の場所にいた!とか、田中真紀子のスカートの裾を踏んづけたのはコイズミの影武者で、しかしスカートの裾を踏まれたのも田中真紀子の影武者ということだったりして、あとあの、宗男とかも影武者なんですよ!・・・だから今のノダも別のノダなのかもしれない、とか思って見破ろうと躍起になりますよね。嘘ですけれど。


ロボジーa02.jpg
●売り文句:制御不能じゃ。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ
●観て思ったこととか。
矢口史靖の作品は殆ど好きなのですがこれもそうですね、すごく好きではないけれど、でも好き。一昔前にありそうなテーマなんですが、それを映像化できるようになったのが今、っていうか、技術的な面でそうなのかなあと思います。しかし濱田岳はこういう役やらせたら最高だなあ。映画もそうだけど、ほのぼのとしてて今の時代には合ってるんじゃないかと感じます。


ラバー
a03.jpg
RUBBER
●売り文句:この殺人タイヤに気をつけろ!
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ
●観て思ったこととか。
映画史上初の殺人タイヤムービー!というわけでですね、えーとね、多くは言わないとして、これは現代の映画、主にハリウッドのメジャー系などへの痛烈なメッセージが込められているんですよね。辛辣な。とにかくタイヤが念力で物や人を殺していくという話なのですが、シュールと言えばシュールだし、タイヤがテレビ見たりするのとかなんかはピクサーのショートフィルムっぽい感じだなあと思って観ていました。面白いです。


アニマルキングダム
a04.jpg
ANIMAL KINGDOM
●売り文句:犯罪がつなぐ、家族のきずな。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
チラシの画像がいつ見ても青春系ミュージカルっぽいなあと思うんですけれど、よく見るとババアが混じってるよ!っていうね。ええ。・・・。実在の犯罪一家をモデルに描く、恐ろしくもせつない、真実の物語。と、いうわけでですね、この実在の犯罪一家をモデルに描く、っていうのが、何か一般サラリーマン家庭の平均年収をモデルに算出しました的な感じですよね。・・・。僕はだから映画はこれは観ましたよというのを書いているのであって、真面目に感想を書こうとかいう気はないのでそれは申し訳ないです。この映画はでもクライムサスペンスっていうんですか、とりわけラストなんかはそういう余韻というか。あとあの、ババァがね、ああ、ババァだわぁ、っていうババァ。ムカつくババァ。でもこの映画も面白いです。


J.エドガー
a05.jpg
J.EDGAR
●売り文句:だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
予告編を殆ど観ずに観に行ったのですが、え、こういう話だったんだ、っていう驚きというか。クリント・イーストウッドの映画って、題材は僕からしては普段観ないようなのが多いんですけれど、でも、見入ってしまうんですよね。これもそうでした。しかし『ヒア・アフター』からもう一年近く経つのかと思うといろいろ早く感じますし、この監督どんなペースで映画撮ってるの?って不思議です。ディカプリオはあんまし好きじゃない俳優なんですが、この映画での演技は純粋にすごいなあと感じました。メイクもすごいし。あとは、老いって、嫌だなあ、ってしみじみと感じました。


a06.jpg麒麟の翼~劇場版・新参者~
●売り文句:人は最後に何を願うのか
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ
●観て思ったこととか。
ドラマは全然観てなくて、でもこれは予告編を観て気になって観てみました。コメディっぽいやつなのかなあと思っていたらそうじゃなかった。東野圭吾の本は読んだことないのですが、本だったらもっと味わい深いのだろうなあと思われる内容の話でした。でも読まないですけど。お話としては面白かったです。


ペントハウス
a07.jpg
TOWER HEIST
●売り文句:全財産は、最上階。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人
●観て思ったこととか。
ああ、今までもこういう題材のよくあったなぁ、っていう話です。しかしあれ、これってカネを盗むという話なのですよね、と確認せざるを得ないほどに、いつ強奪しに行くのだろうと思うほどのヤマ場は僅かに終盤。でも普通に面白かったと思います。映像もそこそこ見応えがあったと思うし。アメリカ人ならきっと大爆笑してたのではないかと思われる。僕としてはところどころ、シュールなネタが面白かったです。ただやっぱり、クルマを怒り任せに破壊しようとするならば、ガラスだけじゃなくてボンネットとかもやるだろう、なぜここでボンネットを破壊にいかないのか、あ、予算でボンネットまで壊したら赤字なのか、とか考えてたらそうではなくその謎は終盤に解けるわけですが、そこはご都合主義だなあ。


ハンター
a08.jpg
THE HUNTER
●売り文句:最後の標的。男は何に照準を合わせたのか-
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人
●観て思ったこととか。
内容がね、タスマニアデビルを探すハンターの話なんですよ。タスマニアデビルっていうのがあの『タスマニア物語』を思い出して感傷に浸ってましたよね。嘘ですけれど。あの映画ってもう20年とか前じゃないですか?うろ覚えだけど確かつまんなかった記憶がある。だからここにきてタスマニアかー、まだ探してる人いるんだーっていう懐かしさって言うんですか、だからこの映画は日本人からしたら心情的には『タスマニア物語2』になると思います。嘘ですけれど。あ、この映画は面白かったです。


というわけで久々の映画紹介でした。
次回の映画紹介では『ドラゴン・タトゥーの女』『キツツキと雨』『灼熱の魂』『TIME/タイム』『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』などを紹介します。

だけどーその場所には~知らない 犬 が立ってて~。 [思想(仮)]

単館公開系の映画では拡大公開系のありきたりなものではなく、

○月○日(公開日)のあとに、

春うららかなロードショー。

だとか、

あたたかなロードショー。

だとか、

みすぼらしくロードショー。

だとか、


結構何でもアリな文句が多いんですね。最近公開の映画で実際にあるのだと『おとなのけんか』という映画では「おとなげないロードショー」とうたわれています。
単館公開だから目立ってナンボ的なうたい文句と言うのか、映画館でそういう予告編が流れるたびに失笑が漏れたりするんですけれど、僕が思うに、これと、
内閣が組閣されたときに使われる、

どじょうすくい内閣

  だとか、

肋骨が折れている内閣

  だとか、


っていうのと一緒の類と言うか、何て言うんですかね、ルーツが一緒というか、似てると思うんですよ。

だからつまりは、


歯を磨くときに漏れなくオエッってなってるロードショー内閣

だとか、

そのスーツは100%ポリエステルロードショー内閣

だとか、

基本的に名前は選挙のときは平仮名表記だけど当選したら漢字表記ロードショー内閣


 


っていうことですよね。





違いますよね。

僕のブログの書き方の原点に立ち戻ろうというわけで短文にしてみました。 [思想(仮)]

白い目で見られる


とはよく言ったものですが、そんなにたやすく言わないでほしいと思うんですよね。


だってそれは僕が思うに、


白い目で見られる


というのはつまりその白い目で見てくる人は


目が全体的に白目になっているわけであって、


その様はキモチワルイわけですよ。


白い目で見られる


よりも、


白目で見られる


のほうがしっくりくると思います。



では。

くぉなぁあああうぅきぃぃぃぃぃねぇええふふふふふふふふふん ふふふふふふふ あぁあああぁあ。 [思想(仮)]

以前、人は歳をとるとなぜ演歌を好むようになるのか、という疑問を書き、
そして投げかけ、
かつ放りかけたことがありますが、
このたび、ふと思うのはですね、
おばさんやおじさんが、
そのデザインのセーターやトレーナーをアリだ
と思った瞬間が、
そのおばさんやおじさんのことを、知りたくなった…、知りたくなってみたんですよ。
そもそもがその、人はどのようにして、おばさんやおじさんになるのだろうか、と、これは誰にも避けて通れない道であるわけで、昨日まではお姉さん、お兄さんと呼ばれていたのが、今日になったらば、おばさん、おじさんと呼ばれているその切替のタイミングと言うのか、それは親類云々のアレとか関係なくでね、どういうタイミングなのだろうかと考えるわけですよ。合格者発表みたく、今日から以下の社会…ソーシャルセキュリティナンバー…番号のお姉さんを、おばさんとする、みたいな国営放送みたいなのが流されて、で、みんな申し合わせて、で、おばさん化するというか、それで周囲の人間が集まって申し合わせて、じゃあ、そういうことで、みたいな、当事者も今日からドリフの笑い方みたくしなきゃ、みたいな、そういうのであればわかりやすいんですけれど、実際そうではなくて、あ、でもただあの、若くは見えるけど中身はおじさん、みたいなね、そういうのもあるじゃないですか、そういうのは本人はいいかも知れないですけれど周りは迷惑と言うのか、全然話合わねぇぇぇ、みたいな、そういうのだったりね、だから、おばさん、おじさん、への切替は難しいんじゃないかと思いますよ。…で、だから何て言うか、周りがプレゼントに、え、このデザイン、アリなの?っていう、具体的にはスパンコールが付いてたりするセーターやトレーナーを差し上げて気づかせる、みたいな、嫌がるかと思ったらば案外ヘビロテで着てる、みたいな、そんな場合はもう身も心もおばさんおじさん化してるんだろうなぁと思いますし、うーん、何て言うんですかね、肉より魚を好きになる的なのと一緒の感覚で自ら自然とアリなの?なモノを好きになるのか、贈答品で周りからの反応を重く受け止めて意識を変えていくのか、ということとかなんかを東大とか京大はもっと研究して、で、そのトレーナーは生涯なし!と思うカラダでいるためには大豆の成分が有効である、などということを突き止めるべきなんじゃないかなあと思いますね、

あながち。

正直言うと葉っぱの状態になってしまうとレタスとキャベツの違いがわからないんです。 [映画(仮)]

雑誌で読むまで知らなかったのですが『海猿』の劇場版をまたやるらしいですね。
僕あれは前回で終わってれば良かったと思う。
続編を望む声が多く寄せられたから~なんて口実、音楽性の違いとか価値観の違いとか
ああいうのと同じで胡散臭い。
くさっ!
あ。
口実
って
田中実
の略称みたいですね。
違いますか。
そうですか。

で。
タイトルが

BRAVE HEARTS-海猿-

過去のが
LIMIT OF LOVE-海猿-
THE LAST MESSEAGE-海猿-

予告編はまだやってないでしょうが、何て言うか、主演のマジックマッシュルームは絶対死なないわけだから、もうそういう、最後の任務…、とか、永遠に…、とか、そういう煽りはやめてほしいなあと思います。

それでここで僕が思うことは、

タイトルはなんでもアリかい-海猿-

っていうことなんですよ-海猿-

たとえばですね-海猿-こんなタイトルもありなわけですよ-海猿-

ALWAYS 三丁目の夕日-海猿-

I LOVE NEWYORK-海猿-

STAR WARS-EPISODE:海猿-

ドラえもん のび太の恐竜-海猿-

花より男子FINAL-海猿-

クォーターパウンダー-海猿-

森田一義アワー-海猿-

インターネットヴァンキング-海猿-

ロード 第二章-海猿-

東京ディズニーリゾートペアチケットが当たる!-海猿-




なども-海猿-ありえる-海猿-わけ-海猿-ですね-海猿-




ないですね。