So-net無料ブログ作成

『エンド・オブ・ホワイトハウス』『ハル』『殺人の告白』『インポッシブル』『ローマでアモーレ』 [映画(仮)]

エンド・オブ・ホワイトハウス
a05.jpg
OLYMPUS HAS FALLEN
▼ホワイトハウス陥落
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人ノ
●観て思ったこととか。
オープニングからいかにもアメリカ万歳!的なBGMでスタートするあたり、あ、きっとこの映画、B級だろうなぁと思いましたが、観終えて思ったこともその通りのB級感。きっとこの映画を緻密に作ってしまったら国家の安全に関わる的アメリカの敵的な作品になってしまうから大雑把に作りましたっていう体で最初から見ればまずまず楽しめると思います。エンタテインメントとしてとらえれば。ムリヤリな、そして最後は王道の展開、いろいろツッコミ要素は満載なのですが、いちばんはとにかく、大統領さえ助かればいいから核の起爆コード教えちゃうとかいう世界情勢がどうなろうがヒトが何人死のうが関係ないぜ的な内容なので、酷い話ですよ。テロに屈しないと言いつつ起爆コード教えちゃうんだもん。アメリカがテロ国家ですよ、これじゃ。ホワイトハウスの細部を知り尽くしているという会話の流れ的に大統領の子どもが大活躍する展開になるのかもとか思いましたがさすがにそこは非現実的と思ったのか、子どもは活躍しませんでした。それにしても国名を濁さずハッキリと「北朝鮮」と名前を出すあたり、潔さを感じました。というか今年はもう一本、同内容の映画『ホワイトハウス・ダウン』が8月に公開されるのですね。今年はホワイトハウス生誕何百年とかそういう年なのでしょうか。どうなのでしょうか。


a04.jpgハル
▼ずっと一緒だと思っていた-
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ
●観て思ったこととか。
予告に惹かれて観たのですが、ヒロインと、その他老人のキャラデザインがどうもブサイクであんまし馴染めなかったというのが第一印象。“近未来の京都を舞台にした”という点で、実際行った場所が描かれているという部分ではテンション上がったのですが、それくらいだったというか。ストーリーは、ほぉ、なるほどね、という展開で、見せ方もうまかったので、悪くはないんだけれども、振り返って思うのは、やはりいまひとつキャラに馴染めなかったかなぁと。


殺人の告白
a03.jpg
CONFESSION OF MURDER
▼私が殺人犯です-
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人
●観て思ったこととか。
キャッチコピーが志村けんみたいですよね。どうでもいいですけど。冒頭の、映画会社とか製作プロ名とかだと思うんだけど韓国語でわりかし長めに感じるくらいそういうテロップが出てきて、しかしストーリーとは関係ないから訳が出ないので、その韓国語のあまりのわからなさに逆に面白くなってきた映画でした。ってどういう映画ですか。まああの、話としてはよく出来てるなぁと思いました。それだけに残念な点がいくつかあって、どうにもこうにも、この人物が凶悪犯だと最初から思えなくて真犯人は別にいるという印象で、それはあえてそういう撮り方、見せ方なのかなと思ったのですが、その見せ方は観客に向けてはアリだとしても、“劇中”の群衆に対しての見せ方と言うか、劇中の世間のヒトらはこの人間が本当に犯人と信じているのかな、だとしたらちょっと無理があるんじゃないのかな、っていう余計な心配をしてしまう見せ方だったかなぁと思います。ちょいちょい挟まれるコミカルなシーンは緊張感を削ぐし、イラッとするし寒々しい。カーチェイスでのCGもしょぼい。興醒め。それと、あるシーンで、これ心霊?って思ってしまうくらい不自然な顔の映り方をしていたシーンがあって、あれは何だったんだろうと思うのです、鏡だったのかな。鏡にしても不自然過ぎると思う。撮り方がヘタなだけなのか。これは観たヒトにしかわからないところですが。あれはすごく気になる。ここ最近の世の中は嫌韓ムードですが、そういうのから離れてたまにはこういうのを観るのもいいとは思うんですね、ただ僕別にそういうのはあんましないけれども、しかし、スムニダ、とか、ポチョプナーとか、なんかよくわかんないけどよく聞くそういう系のセリフが出てくるとなんだか無性にイラッとしますよね。あれ、これって嫌韓?


インポッシブル
a02.jpg
THE IMPOSSIBLE
▼生きる希望は、奪えない。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人
●観て思ったこととか。
ナオミ・ワッツの出てる作品て、別に調べて観に行くわけではないけど観に行ってナオミが出てるとわかったら、なんだか得した気分になるというか、まあこれは最初から出てるの知ってて観たのですが。見せ方としてはやはりドラマチックに見せている部分もあると思うんです、そこが批判されるところかもしれないですが、でも、こういう見せ方もアリだと思う。津波のCGがすごい。おぞましいし、痛々しい場面も多々。凄惨な内容ではあるけれど、テーマの根底にはやはり、希望、みたいなものがあると思うんです、うん。唯一引っかかったのが最後に「チューリッヒ保険の者です。」っていうシーンがあるところ。細かい描写にこだわったのかスポンサーなのか何なのかわからないけれど、あれは確実に要らなかったと思う。最後の最後に保険の大切さを訴えてるの?ってなる。確かに保険は大事なのだとしても。不自然。


ローマでアモーレ
a01.jpg
TO ROME WITH LOVE
▼すべての愛はローマに通ず
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人人
●観て思ったこととか。
邦題が困りましたよね、これ。昔からウディ・アレンてよく聞くけど意識して見たことがなくて、で、そのウディ・アレン監督作なのですね、これ。で、これが面白い。セリフ回しなんかも面白い。ローマというかパリというか、なんか何て言うんですかね、みんな陽気な感じで、こないだもそんなこと書いた気がするけれど、みんなちょっとバカっぽいんですよね。ちょうちょ追っかけてたらクルマにはねられたんだけどでも笑ってるみたいな※イメージです。そこが気楽に見られるところだと思います、よくわからないけど。キャストもみんな良いし。ただ、ちょっと気になったのが、都市部?だから?か、ギャラリー映り込み過ぎじゃないだろうか。木の陰から至近距離で写真撮ってるヒトとか映りこんでたし、あれは酷いと思う。規制できなかったのか。できないのであればロケに激しく不向きな土地だと思うので使わなければいーじゃん!

レイトショーの帰りの映画館のスタッフが無人に近い感じがわくわくして好き。 [電車(仮)]

電車とホームの間が空いていることがあります-


って言う駅があるじゃないですか。


あれは、なんでなのかなと思うんですね。


日本の建築技術的なものからするときっとちゃんと採寸とかしてあって仮縫いの段階からきちっとしてて確り造ってあるんじゃないかと思うんですけれど、しかし、


電車とホームの間が空いていることがあります-


と、いうのはなんでかと考えたんですけれど、
要は温暖化で北極とかなんかの氷が溶け続けているのと関係していて、昔はホームと電車が陸続きだったのが次第にホームが溶けて削れていって、次第に電車と離れていって、ココロも離れていって、だから20年後には、乗るためにジャンプしないとならないくらい離れている





案。

おてもやんとおもてやんは紙一重だと思うんです意味わからないですけど。 [時事(仮)]

下火になってきた話題を蒸し返すようで悪いんですけれど、













お持ち帰りですか?






と、聞くべきところを、














矢口真里ですか?















と、聞いたら、いまなら通じるのではないか、そう思うんです。

天気予報が当たらなさ過ぎてポケベルが鳴らなくて。 [素(仮)]

ブログを更新しなかったこの数日、悲報と吉報が入り混じり、更新する気があまり起きなかったというのが正直なところなのですが、悲報の部分に関しては読んだヒトがダークサイドに堕ちないように、堕ちてしまわぬように、堕ちてしまわないように、そういう思いが常日頃からあるので、ブログに書くことはしないのです。こういうところに筆者の優しさが滲み出ていますよねって何度か書いてますけれど誰に向けて書くわけでもなく、なんて不毛な作業だろうかと立ち止まって考えます。

そんな混沌とした数日間の先週末はさいたま新都心でメレンゲのライヴへ。

地元!
近い!

選曲がベスト過ぎてヴォジョレーヌーヴォー解禁みたいな感じでした意味わからないですけれど。

アニメ『宇宙兄弟』のタイアップ、キューンソニー移籍第一弾シングルが8月21日リリース。

クボさんの「『宇宙兄弟』のスペーシーな感じが・・・」

スペーシー。

キャパが少ないうえに満員のライヴハウスでしたが暑くなり過ぎず快適に鑑賞。
2年前、
この時期のライヴハウスでのライヴは節電で酸欠死しそうだったなぁと思い出しました。

ここのライヴハウスはいつかのlego big morlとback number以来だったか?
いや、サクメリ以来かな?

知らない!
もう知らない!


メイのバカ!もう知らないっ!


・・・。

まだうちわでがんばる。 [思想(仮)]

稲川淳二の季節が近づいてきましたね。



ところで。

僕があれで思うに、

気づいたら髪が伸びている日本人形的なものって結構よく聞くと思うんですけれど、



気づいたら髪が伸びているというよりかは、






気づいたら髪がハゲているというほうが合っていると思うんです。






いまの時代には。

蒸すわぁ~。 [思想(仮)]

飲食店で、

店員が皿なんかを床に落としたらば、



(がらがらがっしゃーん!)

失礼致しましたっ!



って、言うじゃないですか。


あれって客に対してではなく、

皿に対して言ってると思うんですよ。



こんな時代だからこそ。

オマエか!オマエの臭いか! [素(仮)]

電車の車窓からラーメン屋が見えて、
その店の前には時間帯問わず常に数人~10人程度のお客さんが列を成しているのですが、
いわゆる、

行列の出来るラーメン屋

っていうやつですよね。
ちょくちょく見てる某バンドのギタリストのtwitterでも名前が出てるので有名なんだと思います。
それの支店がね、電車の車窓から見えるんですよ。

その光景を見ながら思うんですけれど、

行列ができてるってことは
急いで食べないとならなくて、
だからきっとベロとかヤケドしちゃうと思うんですよ、
汁も飛ぶだろうし。
僕はだから、ケーキとかの常温とかの食べ物なら並んで食べてもいいと思うんですけど、









行列に並んでまでラーメンは食べたくない。

うちわで乾かすのが好きである。 [思想(仮)]

なんかあのー、


100年の恋


とか、昔から聞いてたら

よくよく言うじゃないですか。

あの言葉を冷静になって考えてみたんですけれど、


100年の恋


っていうことは、

少なくとも100年以上は生きてるわけで、

で、

100年も恋しているということは、

真っ当な初恋と呼べる初恋年齢を14歳と仮定すると、

最低でも114年生きているということになり、

何て言うか、






バケモノ感がすごくしますよね。

6月くらい少しくらい涼しくいさせて! [時事(仮)]

yahoo!ニュースのトピックの見出し、


ペット版レッドブルなぜ回収?


っていうのを見て、


素で、


へぇー、ペットも飲めるレッドブルが出たんだー。
ペット用だし何かと難しそうだしペットに害がある物質でも入ってたのかな。


と思って、クリックしてみたのですが、


ペット用


じゃなくて、


ペット版。


見出しの時点でちゃんと書いてあったのにね。


じゃあ興味ない。

アイスの、果肉かと思って噛んでみたら氷だったときの何とも言えないやるせなさ。 [思想(仮)]

胃もたれ胃もたれとは簡単によく言いますが僕は食べる前に飲むこともなければ、胃もたれという感情に出会ったことがまだないのではたしてそれは、それははたしてどんな程度のアトラクションなのだろうかと、僕にもいずれは訪れるであろうそのときを思うのですが、考えてみるに、要は胃にもたれてくる、もたれかかってくる、寄り掛かってくる、寄り添ってくる、のけぞってくる、くる、きっとくるわけじゃないですか。つまりそれっていうのは、なんて言うか、



蹴った!いま、蹴ったわ!お腹の子が!



みたいなことですよね。



あながち。