So-net無料ブログ作成
検索選択

今季初長T着。 [思想(仮)]

観る予定はまったくないのですが『ダイアナ』で、
こう…、パパラッチがまた脚光を浴びていると思うんですよ。たぶん。
あの映画はあの事故のことを描いてはいないような気もしますが、予告編で見る限りではパパラッチとの激闘も描かれてはいるようなので。

で、思ったんですけれど、普段、パパラッチはどこに住んでいるのかとか、どこに行けば会えるのか、みたいなことを片手間に、しかしマジメに考えてみたんですね。(日本の場合ね。)

片手間だからすごく短いんですけれど、
どこに住んでいるのかと行ったら、これはまぁ普通にアパートとかマンションの一室に住んでいるような気もするのですが、本業がパパラッチを生業としている場合は、常に飛び回っているし、激写しないと報酬ももらえず収入減がないので、住所不定っていう気もするんですよ。クルマが寝床みたいなね。血流悪いんですよ。顔色も悪くて。「あんたちゃんと食べてるの?」みたいなね、マッキーでいうところの『遠く遠く』みたいなカンジなんですよね。たぶん。

で、どこに行けば会えるのか、これは会えるのかというか、どこに行けば見つけられるのか、っていうことなんですけれど、病院の空きベッドや、使われていない移動教室などに行けば案外いたりするかもしれないよね、みたいなことをマジメに考えてて、でも血流悪くて顔色悪いし恨まれる家業だろうから最終的には消防や警察が草むらを長い棒みたいなやつでガサガサして最終的に見つけられるパターンていうのもアリなのかなとか思って、ああ、これ、ブログで書くにしてもあまりひろげようがないなぁと思いましたよね、終始。

夜中、なにかがいる気がする。 [時事(仮)]

ホテルの料理の原材料の偽装とかが話題になってその食の話題が食卓にあがっているじゃないですか。いまうまいこと言いましたけれど。

ここまで来ると、せめて国産であれば、まあ許せる、っていう範囲なのかなとか思うんですよ、部外者としては。というかその元の食材を作ったヒトからしても迷惑なハナシだと思うんですよね。別にこれ高級でもなく普通の品なんだから普通にスーパーとかで売っててくれればそれでよかったのに、と思ってるかもしれない。実はこの食材はこれだったんですと種明かしされてから、この食材が悪くもないのに悪いカンジになっちゃってる感ていうのもあると思うんです。

ていうか僕が思うに、

贋作だと知らずに食べてたヒト恥ずかしい。

って思うのはイケナイことだろうか。

見抜けなかったわけですよね、つまりは。

もちろん騙してたほうが悪いに決まってはいるんだけれど、でも、

さすが一流ホテルの料理はうまいわね!

みたいなカンジで満足してた矢先にこの話題が出て、

思い出して赤面ですよ。きっと。
火照ってるのよ。きっと。

で、ある種、逆ギレしてる状態というか。

だからなんていうか、僕が思うには、


42才一児の父男性シェフが作った仕立ての煮込みハンバーグ

であるとか、

31歳彼氏ありプロポーズ間近女性パティシエが作ったイチゴムース

であるとか、

48歳加齢臭暦19年男性シェフが作ったカレーライスインド風


みたいな、論点をすりかえて、
モスバーガーの材料のうたい文句をさらにコト細かくして人間味溢れる優しさ的な言い方で料理を出す、っていうののほうが現実味があっていいんじゃないかって思いますね。



意味がわからないですけれどね。

なんだか結構寒い気がする。 [思想(仮)]

青春映画なんかで、

レールの上を仲間たちでふざけたりしながら歩いてたらば後ろから汽車的なものが近付いてきて、そのとき彼らがいるのがちょうど橋の上あたりだから端に逃げるとかの選択肢がなくてとにかく正面から汽車から逃げるみたいなのがあるじゃないですか。

あれで不思議に思うのですが、

汽車が汽笛鳴らすだけでスピードを緩めないのはなぜなのか-

ということなんですよ。



明らかに殺意があり、はね殺そうとしている。



あれが日本の場合だと、


汽車は急停車し、

線路内人立入の影響で遅れが出ています-

ってなるし、

裁判になって多額の賠償金を請求されるわけで、

家庭崩壊という展開も十分有り得るだろうし、
あまりにも汽車から逃げきれすぎだと思うんですよ。


もっと負の一面があってもよいのではないか。

逃げきっても防犯カメラで身元がバレたりするパターンもあるのではないか。


そもそもが汽車から逃げきれず、


ダーーーイ


というオチもあるべきなのではないか、

青春で汽車から逃げ切ってワイワイ騒いで美談チックにするよりかは、

逃げ切れずに人身事故となったほうが現実的ではないかと思うし、

そういう物語の映画があってもよいのではないか、



私はそう思う。

サクラメリーメン全開ワンマンライブ~SUPPLEMENT~ [ライヴ(仮)]

下北沢CLUB Queでの
サクラメリーメン全開ワンマンライブ~SUPPLEMENT~から帰宅。

やー。

やばい。

一言目にはやばい。

やばかった。

二言目にはやばかった。

前回から1ヶ月と経たないうちにサクメリのライブを、しかも今回はワンマンで見られるとは何たる幸せ。

このライヴは自分も行った7月のQueでのライヴ当日に盲腸になりライヴ出演出来なかった亮さんの復帰祝いも兼ねたというか、この地でのリベンジのライヴ。

盲腸がきっかけでワンマンライヴが出来るなんて盲腸にお礼が言いたい
-的なことをトータが言っていました。

いつもは日付変わったらブログ更新しないけどきょうはテンションが上がっているので更新してみよう。


以下、セットリストうろ覚え。

イヤイヤブルース
(R' n R)ハロータウン
待ちぼうけ
ブルーバード
君のカケラ
アンテナ
JOURNEY(じゃあね)
モノローグ
彗星グライダー
アイコトバ
リリィの愛の歌
きっと世界は
カラログ
飛べない鳥が空を翔ぶ
告白
サイハテホーム
-EC
Wonderland
-EC.2
黄昏オレンジ


↓この日のライヴのかなり抜粋回顧録。
『イヤイヤブルース』で幕開けという意外性。久々この曲聴いたなぁ。冒頭を『四次元アドベンチャー』から2曲続けてっていうのも意外性。満員でやや身動きが取れなくもそれなりにワーワーとやっていたので『ブルーバード』あたりでもう発汗。『モノローグ』なんかもそうそうライヴで聴かない曲だけど、個人的には『彗星グライダー』はかなり好きなのでなかなか久々に聴けたカンジだし嬉しい。で、新曲を2曲演ってくれたのですがその曲に行く前に、

結成から10年くらい経って、最近リリースがなくて、それは前回の『QUCARIUM』っていうアルバムが実によく出来たアルバムだと思っていて、もうこれ以上はいいんじゃないかなと思っていた

-というトータの衝撃的とも言えるMCがあり、でも次第にその考えが変わって、また新曲をたくさん作っていて、アルバムを近いうちに作りますと言ってくれたので安心したり嬉しかったり、僕はサクメリが活動を続ける以上は応援していくと心に誓ってみたりして。そういえばメレンゲもクボさんだったかツヨシさんだったかが前行ったライヴで『配信が主流になってきたこのご時世にシングルを出させてもらえるのは幸せなことだ』というようなことを言っていたので、そういうこともあるのだろうなぁ、、、、と。ライヴの定番(なはず)とも言える『告白』も実は久々。タオルぶんぶん振り回し飛び交うホコリで僕の喉はいま、やや、いがらっぽい。そして予定外の2度目のアンコールで『黄昏オレンジ』。最後大サビ前の掛け合いというかコール&レスポンス的なとこで

トータ らいしゅーもーがーんばろ
客   らいしゅーもーがーんばろ

トータ もうちょーにはきをつーけよー
客   もうちょーにはきをつーけよー

ってあって、トータが自分で言ったのに客が普通にそう返すからトータが自分でウケてツボに入ってたのがハイライト。

めちゃ良かった。

僕は今年は他バンド含め、これがライヴ収めなカンジです。
しかしでも来月、サクメリが出演するライヴが大阪であるのだが、無理をすれば行けなくもないとか考え始めるほどにまたサクメリが好きになったきょうのライヴ。年明けのワンマンもあるけど神戸で、それは日程的に行けないし。ああでもきっと来月のは持ち時間30分くらいだろうなぁ。
30分のために大阪・・・。

鋭 意 検 討 。

朝11時開店って午前中がもったいない中途半端な時間でイラッとする。 [素(仮)]

最近、練って練って練りまくろうというブログ熱が遠退いていて、それこそ他人のブログ周りなんぞ全然していないので疎遠だらけになってるんですけれど、いまに始まったことではないのでそれはさておき、だから、なので、結構リアルタイムで書いていることが多く、これではひょっとしたら例の140字以内に収められて丸め込まれてしまうのではないかという恐ろしさもあるのですが、きょうの話題は、



同僚がカレー臭発し始める。



つまり、



冷やしカレー臭はじめました-



ってカンジなんですよ意味わからないですけれど。

台風の速度:ゆっくり、ってナニ。 [思想(仮)]

これも前に書いたような気がするのですが、

キチガイ

って言葉が放送禁止用語なのはおかしいと最近思うんですよ。
ブログとかでも伏字で書いてるヒトとかいるじゃないですか。
そこまで気を使う必要があるだろうかと。
いや、精神なんちゃら学会とか、そういう系統や会派のヒトが
そういう、レッキとした方に対してそういう表現を使うのは避けてください、っていうのは
それはわかるんですけれど、僕が言いたいのは
アタマがおかしいヒトに対して言うキチガイのことなんですよ。

キチガイなヒトに対してキチガイと言えない世の中っていうか、

キチガイなヒトをキチガイ以外にどう言えばいいのか。

と、考えたときに次のワードが該当するのではないか、
僕はそう思ったのです。



浮世離れ。

いまのうちから厚着してたらこの先どうするのよ。 [思想(仮)]

前に、小学生低学年の男の子は自転車で追い抜くとムキになって追い抜き返そうとするから危ないのよね、みたいなことを書いたのですが、で、それはいまも変わらないのですが、だからいかに、小学生を傷つけない追い抜き方をしてやれるか、ということを日々考えてはいるんですよね。嘘ですけれど。とにかく追い抜いたら追い抜き返そうとしてきて勝手に自爆する可能性があるのでそれに諸々巻き込まれないようにできるだけ追い抜かないようにしているのですが、今回取り上げる自転車で追い抜く際の問題は

おっさん

の、場合なんですよ。

おっさんを自転車で追い抜いた際に、
なんかそれで競争社会に生まれたが故のそういうスイッチが入ったのか知りませんけれど、ものっそいフンフンいいながら追ってくるおっさんとかいるじゃないですか。
年下に張り合おうとするカンジっていうか。

めっちゃ怖い。

追ってくるペダルの音とかめっちゃするし。

めっちゃ怖い。

きもーい。

それまでゆっくりめに走ってたくせに抜かれたら抜き返そうとするその神経がきもーい。


…で、僕は思うんですけれど、

それを利用しておっさんを自動的に暗殺するという手もなくはないな、と、思いもしましたし、
チキンレース的なカンジで気づいたらブロック塀に勝手に自動的に衝突してもらう手もなくはないな、とも

思いもしました死。

素材の味を大切にしたいですよね。 [思想(仮)]

昨日、恵比寿に行く用があって、で、そう、あれは確か今年の夏頃から多少気にかけていたケーキの某店がうっかり偶然にも甚だ近くにあるらしい、ということを事前にキャッチし掴んで離さなかったので、ストリートビューで大体の場所を調べて行ってみようということになったんです。

昨日は恵比寿はなんかのお祭りがあるようで、駅前から歩道に屋台が出ていて、しかし歩行者天国というわけでもなく、けれどやはり人手が多めで歩きづらいことこの上なかったのですが、大体の見当をつけてそのお店に向かって行ったんです。

しかし、
僕はもうその時点で薄々感じてはいたのですが、
ストリートビューの画像は昼間で、

僕が行ったのは日も暮れた夕方。

ストリートビューの画像があまりアテにならない。

そのお店はどうも目立った通りにあるわけではなく、袋小路的な類の入り組んだところ…、いけ好かないカンジの高飛車で小生意気な逆にかわいくもない小型犬を連れた住民ら、というカンジの模様というのは何となく大体はわかっていたので、大通りから外れて、この辺だと思うんだけどなと歩き回り、完全な住宅街をウロウロしながら、結果的に、駅からストレートに行けば10分で行けるところを40分かけてなんとか到着。

そこで無事にケーキを入手し、小雨が降り始めた恵比寿を後にしたのです。

で、僕は思ったのですが、

ストリートビューの夜ver.があってもいいのではないかと僕は考えたわけです。

昼間はシャッター下りてるけれど、夜はシャッターが上がってる飲食店とかもあるし、
そう考えたらば、
夜ver.は必要だと思うんです。
それをしないのはたぶん防犯の観点とか、そういう部分が大きいと思うのですが、
夜ver.がダメでも、

雨ver.
や、
雪ver.

のような、天候別ストリートビューがあってもいいと思うし、

クリスマスver.
や、
正月ver.
といった、イベント別ストリートビューもあっていいのではないか、

さらには、

ヅラver.
や、
ハゲver.
といった、頭髪別ストリートビューがあってもいいと思うんです。

ヅラver.・・・これはたとえば、
ヅラのヒトを等間隔に配置し、


ヅラのヒトがいるときはこんな街並みなんですよ


と、いうことを周知し、

ヅラのヒトと一緒にその街を訪れて、
ヅラのストリートビューの画像を見ながら、
ヅラを頼りに目当ての店に行く、
そういう方法もあるんじゃないか、私はそう思いますね。




意味わからないですけれど。

表面が濡れていなくても座ったらなかからじゅわぁぁってなってびしょ濡れに。 [思想(仮)]

日本人は働きすぎだと、外国人は言うらしいですが、
きょうの台風のニュースなんかを見てるとまさにそう思いますね、日本人でも。
そんな自分もきょう早めに駅に行って電車待って会社行ったわけですが。

で、


(新幹線が動いていないが)○時までに大阪に行かないと大事な商談が…。

   っていう会社員談だとか、

(新幹線が動いていないが)○時までに山形に着かないといけないのに…。

   っていう会社員談だとか、


そういうの多過ぎ。

台風来るの分かってるんだから前日に予定ズラすとかしなさいよとか思うのはダメなのでしょうか。

っていうのもそうなのですが、
それ以前に、




新幹線に頼りすぎ。




っていう僕の考え方はダメなのでしょうか。

台風が来ると諦めてすでに朝から運転本数を削ってしまう消極さが嫌い。 [思想(仮)]

いろんなヒトのスマホを見せてもらうと、

というか、

別に、


見せて!


っつって言って見せてもらってるわけじゃないですが、


結構な確率で画面にヒビ入り。


てことは、
結構な確率で落としてヒビが入っちゃってるわけですね。

スマホは便利だ便利だ言いますけれど、

バッテリーの持ちが悪いだとか、
落としやすいだとか、

良いことがなにひとつないような気がするのは僕だけでしょうか。


それもそうなのですがそれ以前に、

スマホを落としてヒビが入った時点で『未来日記』だったらこの世から消えてますよ、あなた。
変なカラーボールみたいなんがポケットに入ってますよ、あなた。

だからもうあれですよ。
スマホ落としてヒビ入った時点で、

ゴーリキですよ。ゴーリキ。

嫌でしょ、ゴーリキって言われるの。

だから落とさないように気をつけなさい。

ね。