So-net無料ブログ作成
検索選択

夜、みな厚着、電車、混雑、暑い。 [素(仮)]

無料通話アプリ

という冠というか前置きというかがついている例の無料通話アプリがあるじゃないですか。
ぼくはやってないですけどね。
あれのほんとうの読み方はもちろんわかってはいるのですが、
いつもあのアルファベットをパッと見たときに条件反射なのか、


輪廻


と、読んでしまうんです。

なにが条件反射なのかは自分でもわかりかねますが。

雪道を歩くのが人一倍ヘタです。 [時事(仮)]

それが報じられてから薄々思ってはいたのですが、性質上あんまし公に話す内容でもないかなぁとも思って、ブログに書くのも迷ってはいたのですが、最近ちょっと実際にその話してみたら、同感、て、ヒトもいたし、ネットでもそういう意見は多いみたいなのでそれを解禁してみますけれど、

例の名前をプラカードに掲げるムーブメントの意味がまっっっっったくわからない

と、いう件です。

あれってなにをどうしたいのかが全然意味わからないです。
というか意味が分からなさ過ぎてキモチワルイ。

きっと、なにもできないけどなにもせずに黙ってるよりはマシ、とかそういうことでやってるのだとは思うんですよ、まさかあれをネットで見せて情に訴えかけて平和な方向に解決しましたとかそういうことを狙ってやってるのだとしたら映画の観過ぎだと思いますし、映画で見るヤクザ、くらいの感覚だと思ってるんじゃないかしら。ちびっとでも情はあるはずだからそこに訴えかけるのよ的なね。ただ実際のホンモノのヤクザとかそういうのに直面するヒトっていうのは普通に生活してたらそうそうあるもんじゃないし、もちろんぼくも実際にああいうヒトが実質どういうヒトなのかはわからないけど、でも生易しくはない人々というのは容易く想像がつくわけで、だから夢見過ぎてると思う。もしそれがあのムーブメントの目的なのだとしたらね。

あと思うのは今回はたまたま名前がそんなに珍しい名前のヒトじゃないから賛同したヒトが多かったのかもしれないけれど、ものっそい珍しい名前のヒトがそうなったらやってなかったんじゃないかと思うし、まあそのときはそのときで別のパターンを考えるのかな。アイスバケツみたいに。

なんか、よくわからんけども、そこにムーブメント起こす?っていう気がものっそいするというか、だったらたとえば日本国内で行方不明のヒトのバージョンでやったほうが、せめてそっちのほうがいいと思うというか。それも実際やられたら嫌だけども。

むしろそういうのよりかは、

I am ペヤング。

とか。

そういう方向で活用してほしいなと思いますね。
ぼくペヤングはあんまし食べないですけれど。

冷静に考えてみても、妖怪やモンスターを好きだとは思えないのですが。 [思想(仮)]

こどもが巻き込まれた事件なんかについて街頭インタビューに応えるヒトが

同じ子を持つ親として~

みたいな、

やさしいキスをして~

みたいな、ドリカムみたいなことを付け加えてからそれについて話すみたいなのがあるじゃないですか。同じ子を持つ親としてお祝いの言葉と代えさせていただきます的なカンジで。あれなんかイラッとするんですよね。うわまた出た!同じ子を持つ親!みたいな。もう見飽きたし聞き飽きたしなんかネタ切れ感満載なんですよ。死語っていうか。
しかも、子を持つ同じ親として、のほうが意味合いとしては合ってる気がするんですよ。同じ子を持つだと大岡裁きみたくなっちゃいますから。なんかぼくはなんか思うんですけれど、なんかそれを付け加えれることで同じ子を持つ親のインタビューとして説得力みたいなのはあるかもしれないけれど、なんかそれ、うっとおしい。ってことなんですよ。だからなに?っていうか。たぶんなんか自意識過剰なんですよあれ。

あらあたしこども持ってますけど!

みたいなね、

老後養ってもらいますけど!

みたいな、

カーネーションもらいますけど!

みたいな、なんていうんですか、一種のステータスみたいな感じがして嫌なんですよね。で、あらやだ、わたしの子かわいいから同じような事件に巻き込まれちゃうかも!恐い!わくわく!みたいなカンジで突き詰めれば結局他人事だし、そもそも街頭インタビューに応えてる時点で浮かれててもうなんかアタマおかしいんですよ!もしほんとに心配なら能天気に街頭になんかいないんですよ!心配面してインタビューに応える、それつまりすなわち…、

犯人はおまえだー!!

わー!!

ばかー!!!

悪寒さえなければ生きていける。 [思想(仮)]

今朝、電車のなかで、ブログで使いたい言葉を思いついたのですが、さっそくケータイにメモしとこうと思ったけど、そこそこ混んでたし、そこでかばんのなかからケータイ取り出すのがめんどくさかったから、あと2駅だし我慢して覚えておこうと思ってたんだけど、1駅もたたないうちに、たたやらぬうちに、すっかり忘れてしまって、老いを感じています。や、でもどうせ書いたところで反応があるわけでもねえし、自己満足だし、別にいいもん!といじけていたのですが、しかしだからこういうときに課金制になってて、忘れたことを思い出すたびに課金されるようになってたらきっと嫌だから自然と忘れないようになると思うし、だからカラダのなかに課金システムを組み込めば老化防止に役立つのではないかと考えるようにはなりましたね。

漆喰の、とかいつ使うんだっていうね。 [素(仮)]

そういえば、こないだ、会社で気がついたらあたり一面メガネに囲まれていたんです。
オメガネにかかったとでもいいましょうか。
だからもうそうなったときに、ニックネームがもう前も言いましたけれど1メガネ2メガネみたいなね、
1メガネ応答せよ
みたいなカンジというのはこういうことを言うのだろうなと思いましたねわけわからないですけれど。
メガネ畑というかメガネファームとでもいいましょうか。
あれはもういっそ会社というよりも、メガネでメガネに囲まれていたと言ったほうがいいかもしれないです意味違いますけれど。
それで、メガネに囲まれたらきっと太陽光がメガネを通してそれでぼくをじわじわ焼こうとしてると思うからメガネには囲まれないようにして生きていきたいなとはあのとき思いましたよね。

飲酒運転ではなく飲酒うんていならまだわかりますけどね。 [思想(仮)]

季節外れな話題なのですが、

小さい秋みつけた

っていう季語があるじゃないですか。

あれはなんで、

小さい秋みかけた

じゃないんだろうかって気になってたんですよ。昨日から。

この場合に、みつけたよ、って言うよりも、みかけたよ、って言ったほうが合ってると思うんですけれど、なんか、みつけたよ、だと死んでる可能性もあるからね、みかけたよ、だと、生きてる可能性もあるし、うん。で、まあ、ただ、秋、という立場というか世間体にそれを使うのであれば、

みつけた、は、現在で、
みかけた、は、過去になるからかなっていうか、小さい秋をみつけたということはもうその季節は少なからず秋であって、みかけた、だと冬になってから使う表現というか、秋になっているのに、みかけた、だと、もう秋のなかにいるのにそれはおかしいというか、だってまわりにすでに秋があるわけだから変だし、なんていうか、秋というスケールの立場上、みつけた、にせざるを得なかったのかなというか、もう隠しきれない秋のオーラをまとってるというか、出ちゃってるわけだから、つまりこれ実録、あたまかくしてしりかくさず、っていうことなんだなって、ぼくは思うようにはしていますよね。

サクラメリーメン『キャラクター』に絡む。 [音楽(仮)]

200338106.jpg
懐かしいサクメリの画像を添えて。

好きなもののことを書くと素になってるからやっぱり恥ずかしいのですが、
サクメリのブランニューアルバム『キャラクター』を毎日聴きこみながら
最近のぼくは過ごしています。

通勤退勤途中も聴いているのでたとえば万一、会議中にも聴いていたいと思いますし、救急車で運ばれる時にも聴いていたいと思いますし、パトカーで連行される際にも聴いていたいと思いますし、つまりはいろんなときに聴いていたいと思っています。

昨日なんか出勤途中、電車に乗って聴いてたときに、雪が降ってるのに気付いたのですが、ちょうどそのときに、

あーなーたーのーまーちーにーもー こーとーしーもーゆーきーがふーるー

ってフレーズが聴こえてきて、やだ!情景合ってるじゃない!きゃー!きゃー!って内心グッとキてましたけれど、相変わらずぼくは真顔です。

でも嫌な仕事を任される時は思いっきり顔に出ているらしいです。

そんなこのサクラメリーメンのアルバム『キャラクター』のぼくのベスト3を書いてみると、

1位:Dreamer's high

2位:きっと世界は

3位:待ったなし!

現状はこんなカンジです。

『Dreamer's high』は出だしの部分だけ去年のライヴで聴けたけど、当時はなんて曲かわからなかったし、そのあとああいう展開の曲なのかっていうのもわからなかったから、今回ようやく全貌が聴けてたまらんです。
こんなリリースウィークでtwitterやってたら当人たちと絡める…、カラメルソースだと思うのですが、ぼくはやっていないので、いつかイッペイさんとかがこのブログを見つけてカラメルソースしてくれることを切に願いながらこれからもたまにブログにサクメリのことを書いて行こうと思います。

村とかならまだわかるけど国だとスケールがデカいから無理だとおもいまーす。 [思想(仮)]

運転代行って、お酒を呑んじゃったから代行者を呼んで代わりに運転してもらうっていうわけなんですけれど、それって思うんですけれど、

あまえないでよ!

ってカンジなんですよね。

クルマで来たくせして酒呑んじゃったのは完全にソイツが悪いわけで、いわば完全犯罪なんですよ。代行サービスというものがあるから呑んじゃってもいーよねっていうその甘えがダメ。もーダメ。もちろん事故って巻き添え出したらダメだしそれはやっぱムカつくから仕方なくそれに頼るしかないというのはわかるんですけれど、まずとりあえずは自分で頑張ってみて、それでダメそうになった瞬間に代行者がソイツを


どーーーーーーん!


ってやって窓から車外に放り投げて、クルマだけは助けてやるから!っつって何事もなかったようにしゅばばばばっ!っつって走り去って、何事もなかったように暮らし続けるんですよ。カーズの世界ですよ。


カチャーウ!!


…。

サクラメリーメン『キャラクター』 [音楽(仮)]

というわけでサクラメリーメンのニューアルバム

キャラクター

買ってきましたね。

個人的には

キャラクターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ってカンジですね。

タワレコで買うとロゴ入りボールペンがもらえましたね。

サクメリのロゴも好きですね。
このロゴだけで生きていけますね。

いまも聴いてますね。
2周目ですね。
2周目はランダム再生にして聴いてますね。

これまでにライヴですでに演奏していた『待ったなし!』、『カラログ』、『きっと世界は』などが、ようやくご家庭で聴けますね。ここ半年以上サクメリのライヴに疎遠なのでほかの音源はほんとにきょう初めて聴いてますね。というかもうヤバいですね。泣きそう。聴きながら書いてるとタイピングが歌詞に引っ張られますね。

そのなかからこのアルバム1曲目のMVが観れますね。

イッペイさんがかわいいですね。
それと、このオンナ、誰!?ってカンジですね。
それだけが心残りですね。

寒いけれどなんか春っぽい匂いがするわず。『渋谷シネパレス』 [映画館(仮)]

発売日に届かないかもよ的な脅し文句が書かれていた
サクラメリーメンの2年10か月ぶりブランニューアルバム

キャラクター

が、無事にフライング日の明日到着しますメールが届いていて吐きそうです。
11月から予約しておいた甲斐があったー。
というわけで明日は仕事から帰ったらこれを聴きこんで歌詞も覚えなければいけないので大変ですよ。それにしても今回見事にライヴの予定が合わないのでどうしたものかとねちゃねちゃと考えているところですが、なんとかなるように早めに根回しを図りたいと思います。あと、便宜とかも。



話は全然変わるのだが映画館紹介。

▼渋谷シネパレス

●トイレの石鹸の泡度:手壬
●ホームページ:http://www.mitsuba-inc.co.jp/scp/
●この映画館のこととか。
そこそこ長い歴史を持った映画館だと思うのですがつい最近になってようやく入った映画館。そしたらなんと2階席があるぼくの好きなタイプの映画館。当然2階席のチケットを取って鑑賞しましたが、2階席ある割にはスクリーンが小さめでちょっと物足りなかった。しかし身を乗り出したら1階席に落ちそうなドキドキは味わえます。昔ながらの映画館だから前の席との間隔がかなり狭い映画館。ロビーやスタッフさんの雰囲気は落ち着いていて、混んでいなけれさえすれば穴場感覚なのですがそのときは混んでいたので穴場ではありませんでした。



というわけで、明日はもう仕事が手につかないくらいサクメリのことを考えるのを辞さない構えなので定時でダッシュで上がるもんね!ぷんっ!!

…。