So-net無料ブログ作成
検索選択

来週出費酷いのに今週物欲が爆発し自分を見失いかけている。 [思想(仮)]

腹八分目、って世間ではよく言うと思うんですけれど、八分目以外の分目の出番が少なくて平等に扱うべきなんじゃないかとは思わないのですがこのブログの進行上、思うということにして話を進めます。

なんか、

腹八分目にしときなさいよ、

みたいなことをよく言うってことはその分目が最もポピュラーな分目だとは思うんですよ。
ただ、そもそもが八分目って結構食ってると思うんです、十分目がその腹の最高なのならばね。
十分目だともうクチ…、口頭から出てしまうレベルで、
九分目が食道…、咽頭すべてを埋めてるレベルで、輪切りにしたら巻き寿司ができる始末なんですよ。
で、その次点にあたる八分目っていうと、わかりづらいけれども食道の八合目あたりまで埋まってるレベルかなと考えるわけで表現が中途半端なんですよね、取り扱いに困るというか。接し方に困るというか。たとえるならば八日目の蝉みたいな感じなんですよわけわからないですけれど。
ただ、だからこれって想像するにそれでも窒息するレベルで、ここまで来てしまったならば、水で押し流そうとしてもなかなか入っていかないし、となると、もっと食って十分目にしてしまって吐き出させてしまえということであって、だから九分目という言葉を聞かないのかなと。で、たとえば餅を喉に詰まらせたときに掃除機をクチに突っ込んで掃除機の吸引力で吐き出させるというよりかは、掃除機を食べさせてやることで吐き出させる…、吐き出させてやる、という考えでありたい、そう思いますね。

では。

『スノーデン』『サバイバルファミリー』『たかが世界の終わり』『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』『ラ・ラ・ランド』『愚行録』 [映画(仮)]

スノーデン
a01.jpg
SNOWDEN
▼米国最大の機密を暴いた男 彼は、英雄か。犯罪者か―。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人
●観て思ったこととか。
タイトルがなんかもう冬っぽくて冬にぴったりな映画だなぁと思いましたよね全然違いますけれど。アメリカでの公開は違うのだろうけど、ちょうど日本ではトランプに代わったタイミングでこれが公開されたというのも少なからず意味があるような気もするし。見応えあった。こういうのはもっと拡大公開されてもいいと思うなぁ。ところでスノーデン氏のことはさておいて、これが全て実話に基づいて作られているのだとすれば、当時彼に対して協力的だった同僚が事件が表面化した後どうなったのかが触れられていないのがなかなか気になりました。これによって一時は大問題になって騒がれたけれど、結局は時が経ち報道されなくなり、またいまも隠れて同じことをしてるんだろうなぁ、とは確実に思う。ただまあ、こういうの映画化されるの最近はほんとに早いなぁ。映画化されるのを狙ってこういった事件を起こすというパターンみたいな。画になりそうな事件が起きたらすぐにキャスティングしてるみたいな感じがしないでもない。


a02.jpgサバイバルファミリー
▼電気消滅!?生き残れ、家族!!
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
矢口監督作品はこのところ微妙だったけど、これはまずまずかな。音楽に頼らない作りに好感。感動演出も抑え気味。それでもちょい泣ける。電気ガス水道が使えない電池もダメっていう設定においての、リアリティは微妙。薄汚れてはいるけれどでも、きれいなかおしてるだろ、って感じだし。なかでもそんな状況下でヒゲ剃ってるわけでもないだろうし、ヒゲが生えないのが気になった。ヒゲの感じは難しいなぁ、でも。生え過ぎもわざとらしいし。警官がシーバー付けてたけどあの設定じゃ無線だって使えないのでは。ところで藤原紀香(水素水)が出てくるドラマを久々に見たどうでもいいけど。映画館でこれのグッズの小日向サンのクリアファイル売ってたけど買うヒトいるのだろうか。


たかが世界の終わり
a01.jpg
JUSTE LA FIN DU MONDE
▼これが最後だなんて、僕たちは哀しいくらい不器用だった。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ
●観て思ったこととか。
タイトル買い。こんなタイトル好きだー。タイトルから結構期待してたのだが、観終えて思ったことは、ウチ、わからん(和田アキ子)。いや、わからんでもないか。家族だし言わなくてもわかってるというか、だからあえてその事実を言わせたくない、聞きたくないっていう、そういうことなんだろうな。もうちょい(観客側に)伝わりやすい見せ方があっても良かったのかなぁと思う。若干の睡魔が。ティータイムのシーン、背景の森がどう見ても合成で、それも気になったかな。後から主演がギャスパー・ウリエルだったと知って少し懐かしい。


雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
a04.jpg
DEMOLITION
▼妻の死後、身の回りのあらゆる物を壊し始めた男。そして見つけた、妻が遺したメッセージとは―。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
完全なタイトル買い。これは邦題に尽きる。予告も見ないで観たらナオミ・ワッツが出てて収穫。やっぱりナオミの出てる映画ってそうそうハズレない。それとジェイク・ギレンホールの出てる映画って別に意図して見てるわけでもないけど気づけばかなり観てるんだけど、これはそのなかでもかなり上位に好き。コミカルとシリアスと、、その混ざりあった空気感がマッチしてて好き。


ラ・ラ・ランド
a05.jpg
LA LA LAND
▼夢をみていた
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人
●観て思ったこととか。
※IMAXで鑑賞。
こういう映画、好きなことは好きなんだけどやはり曲の良し悪しで変わってくるわけで、その肝心の曲はガッツリとハマるのはなかったかなぁ。個人的なクライマックスは冒頭の高速でのシーン。冒頭であれやられたらテンション上がるんだけど、しかしあとは下っていくだけで。。この映画は日本じゃ無理だなぁと思いました。日本映画でこれをやったら確実に寒い。事前の大量宣伝からの先入観で期待し過ぎないようにしていたけれどそのし過ぎない期待もやや下回った感。ストーリー展開は良かった。なにかと女が好きそうな映画。あとは、主演の二人、とりわけエマ・ストーンの感じはすごく良かった。


愚行録a06.jpg
▼他人を語り、本性を現すのは、誰だ?
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
全体的に不穏な雰囲気で、穏やかではない空気感。というか終盤の怒涛の展開が衝撃的過ぎるのにその衝撃を100%受け切れられないというか、見せ方がヘタというのか、、そこで損してるような気がしないでもない。ただ、カウンセリングの先生が患者に背を向けて作業してる場面なんかは、いつ背後から襲われるのかとビクビクしながら見てたけどなんもなかったので、そういう見せ方のうまさもあるにはあるのだけれど。それ以外では、満島ひかりが千秋に見える。濱田マリが出てくるとどうも犯人に見えてしまう。勿体ないなぁと思ったのはイマイチ、妻夫木聡のいいとこを活かせてない感。でもそれでも見応えはある。

あまりに平積みされてるとこれ新刊かなと思って間違って買いそうになるので旧巻は早く棚にひっこめてほしい。 [思想(仮)]

今年も相も変わらず、スメハラ被害に遭っている筆者です。
知らないヒトは世間一般的にスメハラのピークは夏って思ってるかも知れないけれど冬だって関係ないからね!セクハラやパワハラが時期を選ばないのと同様にスメハラも時期を選ばないからね!通年だからね!

それで過去何度か触れていますがスメハラ訴訟があってもいいはずなのにその訴訟を聞かないというのは、つまり泣き寝入りしているヒトが多いということだと思うんですよ、僕もそのひとりなわけですが。そろそろ集団…、臭団訴訟をしてもいいと思うんです。でも、訴訟大国アメリカでも聞いたことないし。仮にアメリカだったらその訴訟にはやはりエージープラスのCMに出てくる匂い鑑定士のおばちゃんが参考人として出廷し被告の臭いを鑑定し、死刑を言い渡しているはずだし。
それぐらい、もうなんていうんですか、要スメ護の等級が酷すぎてスメ害者手帳を持ち歩かせるべき始末なんですよ。
いっそそれを指摘するのがダメな社会なのならば、割りきって被害者側にこっそりとスメハラ手当を出してほしい。
生活…、臭活保護法を適用しさらには激甚スメ害地域に認定してそれだけで笑って暮らせるような額をもらいたい。遊んで暮らしたい。

…。


保護なめんな!



(なんか、ちがう。)

最近指切れがちで知らぬ間にスプラッタ。 [時事(仮)]

プレミアムフライデーっていう概ねにはなんか全然関係ない、そしてこんなブログを見に来るヒトにも関係ない(→酷い)、イメージで言ったならばアタマにお花畑が咲いたような人間というか天下りというか天の川下りの人間のためだけの宴みたいのが始まったじゃないですか。
きっと夕方や夜のニュースで取り上げられたのかと思うし、翌朝の新聞にはいかにもモデルケースのその日の過ごし方のニコニコした写真なんかが載るはず。
で、それに便乗した居酒屋だかなんだかがその日は早い時間から酒を割り引いて提供するっていうじゃないですか。それで思うのはその日の夕方ころにはもう泥酔している大人が巷に氾濫し線路に転落し、自分が帰るころには電車が止まってるか遅れてるかしてイラッとする想像がつきますよね。けどあれかな、早めに止まってくれて早めに運転再開してくれるだけマシととらえるべきか、つまりは、プレミアムフライ



ダーイ。

また日曜日に郊外のショッピングモールに映画を観に行かないとならず苦痛だ。 [思想(仮)]

すごくベタなことなのですが最近気づいたのですが、

ホイットニー・ヒューストンのクルマのナンバーって、


ヒューストン
ほ 1102


で、間違いないですよね。


バレバレですよね!!

映画館のクーポンを調子に乗ってそこそこ買っておいたら全部は消費できなさそう危機。 [思想(仮)]

IPアドレスだったか、なんだったかが不足してきているみたいなニュースを以前見かけました…、見かけたような気がするのですが、

それで思うんですけれど仮にIPアドレスの話だったならば、

たとえば忌まわしい理由で解約されたそれらを再利用することにしたりしたならば、

事故物件みたいなことでけれどそのことは伏せて安く提供されるんですけれど、やっぱり怪奇現象が起こって、ウイルス感染は当然だし、以前のアドレスの持ち主宛のメールも当然届くし、お気に入りがお気に入らないになってたり、あなたへのおすすめがあなたへのおきよめになってたり、スクリーンセーバーは塩の画像になっちゃうし、メモリアルアートの大野屋がお気に入りに登録されたり、おすすめユーザーに木村藤子が出てくるし、利用明細におまもりやお清めの塩が添付されて送られてきたり、動作待ちの砂時計が塩時計になってたり、ネットしてたら画面に雪が降ってるから冬仕様のサイトなのかと思ってたら冬が終わっても一年中ずっと降ってるから、ああ、これ塩だ…って気づくだろうし、あとはカーソルが勝手に動いてこっくりさんみたくなるんですよ!!


…わかりにくっ!!

花粉が舞ってんじゃねえか? [思想(仮)]

最近なんとなく思うんですけれど、故・著名人の銅像があるじゃないですか。

あれってなんの意味があるのかと思うんですよ。動物やキャラクターの銅像ならともかく、人間の銅像見てもなんの興味も沸かないんですけど。

生存中から少しずつ建て始めてたとか、本人自らのカラダが銅像化されたのならば話は違うけれど、生存後に建て始めたやつはたぶんそこにそのヒト本人の念みたいなものはこもってないはずだし、墓でもないわけだし、あとはやっぱり本人の意思を確認していないはず。

なに勝手に銅像化してんだバカ!
呪う!!

みたいなことを思う故人もいるはずなんですよ。だからそうならないために、生前に遺言状に建ててほしいか建ててほしくないかを書いておくとか、健康診断のマークシート式問診票にも銅像の有無どちらか…、いずれかにチェックをするとか、銅像共済に加入しておく、銅像建立意思表示カードを持つようにして、銅像を建ててほしいか建ててほしくないかを明確にしておくなどしておき、銅像建立の意思をはっきりさせておくことが重要だと考えます。


話:銅像プランナー

2000円くらいする苺をダイエーで見かけたけどダイエーでは買いたいとは思わない。 [思想(仮)]

持ち上げられまくっているから過大な期待はしないようにしているけれど、でも早く観たいと思っている、

ラ・ラ・ランド

って、そこそこヒットはするとは思うんです。
なんとなくリア充が好きそうな作品だしだから都心では見たくねえやと思います…、そう思うだろ。

…それでまあそうなってくると略称やコラボが作られると思うんです。

なので、

ラ・ラ・ランド
の、その辺を適当に考えてみたいと思うに至りました。

略称として考えられるのは、

ラランド、ラ3、ラド、ラン、


らん…、



らーーーーーーーーん!!


…。


コラボとして考えられるのは、

ミソラララーメン、ディズニーララランド、ミソラララひばり記念館、ラララ蘭姉ちゃん、


らん…、






らーーーーーーーーん!!

普段あまり顔を見ないヒトの顔をちゃんと見てみたら、いやこんな顔じゃないはずっていう身勝手なときある。 [思想(仮)]

なんとなく思ったのですが。


人身事故


って表現を、



人生事故



と、いう表現に変えたらどうだろうかと。

モアナも「ワタシニハムリヨー」って言うから『インサイド・ヘッド』のブサイクを思い出す。 [思想(仮)]

明日は関東の平野部で雪が降るかもって予報の翌日の新聞のラテ欄を見ると、

東京でも積雪か?

みたいな文言を多くの番組で見かけるわけですが、個人的に思うんですけれど、
別にそんなこと書かなくても空を見れば答えは出てるし不要だと考えるわけですよ。
雪に頼りすぎというか、文字数稼ぎの楽をしてるというか、要はなかのヒトが雪が降るかもってことにいちばんわくわくし過ぎてるというか楽しんでるというか。天気の話題で盛り上がれるって平和で幸せなことではあるけれど、どうしても書きたくても、

▽雪

とか、

雪ほか

だけでいいと思いますし、物足りないとしても、

爆笑雪

とか、

雪号泣

とか、

スイーツ雪

とか、

ゲス雪

とか、

雪激論

とか、

うちの雪旦那

とか、

イケメン雪

とかぐらいじゃないですかねわけわからないですけれど。