So-net無料ブログ作成

『ゴールド/金塊の行方』『劇場版Free!-Timeless Medley-約束』『しあわせな人生の選択』『バイバイマン』『ライフ』『ハートストーン』『カーズ/クロスロード』『君の膵臓をたべたい』 [映画(仮)]

ゴールド/金塊の行方
a01.jpg
GOLD
▼なぜ170億ドルの金塊が、一晩で消えたのか―。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人ノ
●観て思ったこととか。
今年個人的に映画不足なので少々気になってたけど気乗りしなかったが間もなく上映が終了するというタイミングでようやく鑑賞。どこまでが実話をもとになってるのかがわからなかったけど、イメージ的に、金を掘り当てて性悪なカネの亡者となってくのかと思ってたら、わりかしそうでもなくて、トータルでみれば、この主人公はそんな悪い人間でもないなと思った。状況が二転三転するのはまあ面白いといえば面白いんだけど、淡々としてる感じ。それと、あの出過ぎた腹はないわ。役作り、でなのかな。


a02.jpg劇場版Free!-Timeless Medley-約束
▼あいつらに見せたい、夢がある。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人人
●観て思ったこととか。
なんだか前作の『絆』と比べると、普通、いたって普通だったかな、特筆すべきこともあまりなく。なにかが足りない感。


しあわせな人生の選択
a03.jpg
TRUMAN
▼限られた時間を“しあわせ”に導いた、友人と愛犬との愛おしい4日間。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
予告未見。この邦題だったらぜったいタイトルで見ようとは思わないけど、今年はとにかく映画不足なので選択。中盤まで睡魔との闘い。観終えてみて気づいたけど、音楽ほとんど使ってなかったかな、確か。だから男同士のぼそぼそとしたセリフのやり取りだけで眠くなったのかも。音楽多用する映画はハズレ多いっていう自分なりの説があるけど、逆に使わなさ過ぎる、演出も抑えたヒューマンドラマは眠くなるという功罪を発見。原題は飼い犬の名前なんだよね、そっちのほうが良かったな、邦題のタイトル、カウンターで言うの嫌だったもん。「わずかな財産を治療に使いたくない」っていうようなセリフがあったけど、確かにもし自分がそういう、もうどうにもならない状況の立場になったとしたら、同じこと考えるかなと思った。だって治療したって数カ月とか延びるだけなら好きなことにあてたいもの。逆に、仮に治るようなことがあったとしても、治療に財産全部使っちゃって、その先どうするの、っていうのもあるし。見てて、なんとなくそうだろうなと思ったけど、話そうと思ったけど話せなかったが後になって実はそのときにはもう知ってたっていう息子との抱擁シーン、泣ける。


バイバイマン
a04.png
THE BYE BYE MAN
▼“この名”を知るだけでお前は死ぬ
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
ポスタービジュアルとか、作風が僕が好きなホラー『ジーパーズ・クリーパーズ』に似てる感じがして面白そうかもと思いましたがもともと霊感もないし実在するとも思ってない人間だけどこういう映画は怖いからあまり見ないのですが予告もちょっと見てみたら面白そうだったので鑑賞。そしたら予告が怖かっただけだった。予告に凝縮されている。怖がりの僕でさえ怖くなくてほぼ全編、スクリーンを凝視していられたので、ホラーに耐性があるヒトにはきっと物足りないだろうと思う。まとめると、どうしたもんかなぁ、という内容だった。目から虫が出てくるCGはヘタだし、バイバイマンが連れてる猟犬の動きなんか特にCG丸出しで怖いというよりもちょっと面白かったし。そうだな、『バイバイマン』というか『バイバイキン』でもよかったと思うし『バイバイン』でもよかったかな。あ、『ドラえもん』の『バイバイン』ね。これ。後半どうでもいいこと書いてます。


ライフ
a05.jpg
LIFE
▼人類の夢も未来も砕かれる
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人ノ
●観て思ったこととか。
このテの映画もビクッてなりそうであまり好きではないけれど映画摂取のため鑑賞。それと結構グロい。これ予告編で予想できた展開でまるっと正解。予告で見せ過ぎ。ナレーションで言い過ぎ。交信途絶えた後の地球の反応が一切描かれてないな、どうなったんだろう、あんな大々的に生命体発見ってやってたくせして、と思ったが、テンポを悪くさせないためにそうしたのかな、宇宙でどんなことになってようが地球からじゃすぐにはどうしようもできないし。BGMが切羽詰った感というかわちゃわちゃわんさかしてるときはわちゃわちゃわんさかしてるから画面上でどんな場面が繰り広げられていようがわさわさしてるからあまり怖くない。やっぱり無BGMのときとかのほうが怖い。スクリーンに焦点合わさない場面何度かあり。真田広之久々に見たけどハリウッドにしか出てないのかな最近。それと、中国人は地球を滅ぼしそうな人種だなぁ、あのガツガツしてる感じ…、とラスト見てて思いました。偏見すみません。


ハートストーン
a06.jpg
HJARTASTEINN
▼そして僕らは秘密を持った―
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人
●観て思ったこととか。
時代がゆえのものでもあるのかなと思うし、国によってはまだ厳しいらしいけど、それに加えて思春期の、ってなると、そうなるのかなぁという物語でしたね。単純に切ない。中盤、睡魔が来ましたが全体で見れば良い作品です。ただ、女友達と姉妹のこのティーン女4人の見分け方が難しくて、正直混乱しました。スクリーンサイズによるものだということはわかりますけれど、スタッフロールは読ませる気ないだろうというくらい、文字が小さかったです。


カーズ/クロスロード
a07.png
CARS 3
▼夢の続きか、新たな人生か?
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人ノ
●観て思ったこととか。
字幕版上映一切ないかと思ってドキドキしましたよ英語わからないくせに!…。というわけで無事字幕版鑑賞。4D版あるけどこれは吹替だけだからスルー。で、本編の内容だけど、正直かなり期待し過ぎてしまったっていうのが観終えて思ったこと。やっぱ一作目の出来がすごく好きなので、それには到底及ばなくて、『2』は個人的にナシと思ってるんだけど、この『3』はそれよりは全然良くて、原点回帰したというか、3作目で早くも原点回帰って早過ぎない?とも思うんだけど、、だから、そうだなぁ、まとめると、残念は残念だなぁ。何度かマックイーンとハドソンとの過去のシーンがインサートするんだけど、そこは涙腺が緩みました。一作目を観直したくなってこの日家に帰って観返したら泣けた。映像でいうと、CGがすごくてそっちに目が行っちゃって、何度か字幕を見逃したほど。それくらいマックイーンの表情とか反射具合とかがリアル過ぎてすごい。あとは劇中のマックイーンのコレクターズアイテムが実際にあったら欲しいなぁとすごく思った。


君の膵臓をたべたいa08.jpg
▼ラスト、きっとこのタイトルに涙する。
●エンドロール終わるまで周りのお客さん残ってた度:人人人人人
●観て思ったこととか。
このテの映画ってあまり惹かれないというか、大まかな結末、だいたいそうなんだろうなっていうのがわかったうえで観に行くような部分があるわけで、で、はい死にましたー、みたいなね、言いかたがアレですけれど。なのでわざわざ勇んで観ることはなくなってきたけど、これはなんか観てみたかったんですよね。予告の印象からでいうと、まさかの展開というか、結構、ビックリしましたね。行きつくところは同じなんだけど、てっきり病気でと思ってたから、うわ、これヒドイな…、と。音楽に関して言うと、序盤から音楽を多用し過ぎてて、わ、嫌な感じだな、と思ってたのが中盤以降少なくなって、で、終盤の音楽が序盤のそれとは全然違う作風というか、画と合ってて良かった。それと冒頭で監督名が出てくるんだけど、この監督の名前がなんか、いかにもつまらなそうな映画撮りそうな名前だなぁと思ってたからその序盤の音楽多用のことも踏まえて不安だったのですが、観終えてみて、名前でなんか損してるな、この監督、と思いました。だってケータイ小説の映画化しか撮りませんみたいな今風の感じの名前なんですもん。偽名?これ偽名?…それ以外のことだと、退職願を破るシーンて、そろそろシュレッダーにかけるようにしたらどうだろうかと思いますね。手で破ってると復元できるし、手で破るとするならばもうちょっと細かく切ったほうがいいと思いますね。いろいろ書いたのですが、個人的には、久々、拡大公開系邦画のアタリ。終盤の「お門違いなのは~」というセリフのシーンで泣けました。あとはラスト、キモのセリフが流れたあとの、画面の暗転。あれも最高。

今週埼京線に乗らないといけないかも知れずとても嫌だ。 [思想(仮)]

チェルノブイリだとやっぱ、

狸寝入り

とか、

狐の嫁入り

とか、

そういう、入り、に、親近感が沸いて、

そういう、入り、の、状況になると盛り上がるんでしょうね。



オウ!タヌキネイリー!!チェルノブイリー!!



みたいな。





全然わからないですけれど。

来週はもう8月とか…! [素(仮)]

来週、数ヶ月ぶりにスーツを着なくてはならないのでとても憂鬱です。











きっとまた就活生に間違われます。

底が見えないのも怖いけど上が暗くて見えないのも結構怖い。 [思想(仮)]

前述の通り、会社ではスメハラの被害に遭い、かき氷屋の列でもスメハラの被害に遭う…、だいたい週6でスメハラの被害に悩まされている筆者です。夏だから常時プラス1日というところでしょうか。
つい最近も電車で、すぐ近くに、夕方なのにビール片手に乗り込んできたサラリーマン三人組のそのビールの臭いに悩まされました。いや、僕はむしろ、鼻が良いほうではないので、その僕ですら感じるのだから実際は相当なんだろうなぁということですよ。

なので、車内でスプレーのようなものが噴霧されて乗客が目や鼻に異常を訴えているという事件がたまにありますが、僕からするとそれらは上で挙げたことと同等というか、だからその正当防衛として、車内でファブリーズのようなものを噴射して乗りたいですよね。車内でスプレーのようなものを撒かれた場合は犯人はもう逃走した後だけれど、僕のこの場合は撒いたうえで乗りますよね。そして僕と同じ悩みをもつヒト…、ヤツを真顔と言う名の笑顔にして、国民栄誉賞…、国民栄誉臭をもらいたいですね。

久々にほっともっと行ったらやっぱコンビニと比べて有能。 [思想(仮)]

台風中継とかで、こう、たまには、


スタジオ:○○岬にいる○○さんお願いします。

○○岬:…。

スタジオ:○○さん?

○○岬:…。

スタジオ:○○さ…、し、しんでる!!


みたいな光景があってもいいとは思うんですよね。生きるしかばね、みたいなことでねわけわからないですけれど。

さらには死んでますけどね。

このままでいくと元旦は数年ぶりに仕事だなぁと思っていまから憂鬱。 [思想(仮)]

昔の曲に、

ぼくたちおとこのこ

と、いうフレーズの曲があったと思うのですが、そもそもそれ以降の歌詞、曲調を知らないのですが、なんかあれで思ったんですけれど、

ぼくたち、って言ってる時点で、オトコなので、その表現は説明不要なのでは?と考えたんです。

仮にこれが、吾が輩猫である、だったならば、まあ、ああ、これはまた変わったことを仰る、となるわけですが、現実的に考えてみて、自己紹介されて、

ぼくたちおとこのこ

と言われたら、


は?


ってなるじゃないですか。バカかってなるじゃないですか。仮に見た目が女だったとしても、ぼくたち、と言われた時点で、多様性、そういうことなのかと悟りますし。そういう時代ですし。


だから、ぼくたち、はそのままに、おとこのこ、の部分を変えて、見た目からではわからない情報にした自己紹介をしてみれば、聴衆にわかりやすいと思うんです。

たとえば、

ぼくたち加藤姓
だったら自己紹介にふさわしいし、

ぼくたちハンバーグ
だったら注文が成り立つし、

いたいけなぼくたち
だったら主旨変わってるし、

ぼくたち異邦人
だったら意味がわからないし(個人的に)、

ぼくたちあのときの
だったら、え、恩返し?ってなるし、

あのときのなんだったのか、続きが聞きたくなりますよね。

ネットの地図だからこれくらいなら歩いて行けると思ってたけど実際全然ムリな距離だった。 [思想(仮)]

学生とか社会人の序盤あたりは、始発に乗ってライヴのチケットを買いに行ったこと、都内に出て映画観たり遊んだりなんかして始発で帰るということもあったけれど、もうしばらくはそんなこともなくなって、始発で出かけることなんてもうないかもなとか思っていたら、かき氷を食べるために始発で出かけることになるなんて思ってもみませんでした。
人生どうなるかわからないものですね。

娯楽のための始発なら苦ではない。

こんばんは。
そんな僕はアタマがヒトよりデカいという障害…、あ、障がいを抱えているので小学生以降、帽子、というものに無縁であり、オサレがしたいと色気づく高校生以降でも帽子に興味を抱きつつも、

ダメよあなた、あなたアタマデカいんだから店に入ったら着せ替え人形にされて笑われて捨てられて傷つくだけよ!オサレな帽子にLとかfreeとかあるわけないじゃない!回復不可能な痛手を負うわよ!この、頭部ワールドスクエアが!!

-という脳内からの問いかけにより店に入ることもなく、自然と帽子と距離を置く、帽子を近づけないスタンスを長年とってきたのですが、かき氷を食べるために並んでいる数時間、とても炎天下にアタマをさらしていられなくなってきたし、日焼けしたら会社で、セクハラ的なイントネーションで「遊んでるねー。」って言われるし、ついに帽子を購入しました。時代は変わり、ネットで容易く多少のオサレの皮を被った帽子を見つけることができました。
ハットにタオルに日焼け止め、この、かき氷を食べるために並ぶそんじょそこらの女より女子力バッチリよあなた!!

遊んでないわよバカ!!

ふざけんじゃないわよ!!

(オンナ言葉にもなる。)

あの4万もするマックィーンのラジコン買おうかどうか迷うのよ。 [素(仮)]

かき氷の店に並んでいると、僕の隣でほぼ初めましての女性二人が会話が弾んで連絡先を交換しましょうよ!と、やり取りしていたのですが、

LINEは(わからないから)やってないんです。

と、申すそれなりの年配に対して、

この機種、使いにくいですわ(苦笑)

とかなんとか言いながらも、その場で相手が登録から使い方までを設定してあげる、といった光景に(半強制的に)立ち会っていたのですが、

ブロックしたいヒトは…。
とか、
ああ、それじゃあこのヒトはもういいわ…。
とか、
グループが…。
とか、
そういうやり取りまで聞こえてきて、


めんどくせっ!!


ってなって僕のなかの体温が少し上がった気がしましたグループってなにたとえば臭いヒトがいたら臭いヒトグループにまとめてファブリーズをぶっかけることができるってことなのいやそれなら臭いヒトフォルダでもなんか話がそれました。

…で、ブロックしないとならないけどアドレス帳に登録されている人間とか、なんかそういうのを考えるくだりとか、システム的にも人間的にもすごく煩わしいなと思って、やっぱ僕はそういうの一切やらないようにしよう、そうすればそんな煩わしさを感じることも知らずに過ごしていられるから、と、強く思いました。そんなやり取りを一時間近く聞かされていたら気が滅入るわ。しかも店に入ってからも意気投合した二人はその話で和気藹々。
そんなやり取りを耳にしながら、それって余計なストレスが増しただけでは、と思うんですよね。
それに限った話でもなく、二言目には

インスタとかやってます?

とか聞く最近の風潮がもうダメ。あたしもうダメ。
あいつもこいつもと容易く人様の人生にちょいちょい立ち入るとかめんどくさい。
というか煩わしい。
あいくるしい、というドラマがあったけれどいまの時代、

わずらわしい

としてリメイクされる始末なんですよ。

ブログを始めた10年前にはLINEやtwitterなんかもなかったし、ただそれでも不必要に人様の人生に介入することは避けよう、されるのも避けようというのがネットに対しての考えであって、それはいまもこうして変わっていないわけで、年々それが強くなっているという感じかな。まあなので冒頭のような会話を聞いていてなにが言いたいのかというと、

ストレスはリアルだけでじゅうぶん足りている。

『カーズ』観に行ったらトランスフォーマーのレッドカーペットの野次馬に巻き込まれたけど華麗にスルーして帰る。 [素(仮)]

ついこないだもいつものかき氷の店に並んでいたのですが。




目の前のヤツが臭い。




…というかチラッと見て思い出した2週間前に並んでたヤツと同じヤツだ。



     ま  た  お   ま  え   か    !    ! 


     た    べ た   ら し   ぬ   で 。



あの日と同じ臭い。
あの時の臭いです。
あの時から臭いは止まったまま。

「○○小パトロール中PTA」と書かれたママチャリで右側走行しているのを見てもうダメだと思った。 [思想(仮)]

喫煙者は非喫煙者よりもタバコを吸う分、休憩を取る時間が多い、というようなデータがあったと思うのですが、たとえば喫煙者ではないが頻便のヒトがいて、トイレに頻繁に行く場合でも同じことが言えると思うんですよ瀕便なんて症状がはたしてあるのかということはさておきですよいや仮にあったとしたら本人はきっとすごく悩む症状だからそれはネタにできないということは承知ですよ。で、ここでいう問題提起における場合、なぜ瀕便なのかというと机の上に仕事中につまめるお菓子などが大量に乗っていて瀕食しているからであり…、


それもう社会人じゃねえな。


…ただなんていうか、そろそろトイレに駆け込もう…、繰り出そうというあたりになると、行く前だけ仕事の生産性がスピードアップしてあとは保存を押せばいいという段階で目測誤って、

脱糞

的な。