So-net無料ブログ作成
音楽(仮) ブログトップ
前の10件 | -

乗っていて思い出した、この時間のこの車両のこの位置にはマスクしてないのに結構デカい咳を連発するおっさんがいるから乗らないほうがいいのだということを。 [音楽(仮)]

LEGO BIG MORLのベストが発売されたので受け取りに。
ジャケットを開けるとそれはそれでサプライズがあったんだけども、
特典でポスター付いてたんだけど、
全員の直筆ポスター入りだった。。。たぶんこれはランダムでだと思う。
前回もそうだった。。。
LEGOのライヴの日程とはことごとく相性が悪く2年くらい行けてないから
こうもこっちでは相性が良いとね…、


そんなことされると絆されちゃうからやめてちょうだい!!

サクラメリーメン『キャラクター』に絡む。 [音楽(仮)]

200338106.jpg
懐かしいサクメリの画像を添えて。

好きなもののことを書くと素になってるからやっぱり恥ずかしいのですが、
サクメリのブランニューアルバム『キャラクター』を毎日聴きこみながら
最近のぼくは過ごしています。

通勤退勤途中も聴いているのでたとえば万一、会議中にも聴いていたいと思いますし、救急車で運ばれる時にも聴いていたいと思いますし、パトカーで連行される際にも聴いていたいと思いますし、つまりはいろんなときに聴いていたいと思っています。

昨日なんか出勤途中、電車に乗って聴いてたときに、雪が降ってるのに気付いたのですが、ちょうどそのときに、

あーなーたーのーまーちーにーもー こーとーしーもーゆーきーがふーるー

ってフレーズが聴こえてきて、やだ!情景合ってるじゃない!きゃー!きゃー!って内心グッとキてましたけれど、相変わらずぼくは真顔です。

でも嫌な仕事を任される時は思いっきり顔に出ているらしいです。

そんなこのサクラメリーメンのアルバム『キャラクター』のぼくのベスト3を書いてみると、

1位:Dreamer's high

2位:きっと世界は

3位:待ったなし!

現状はこんなカンジです。

『Dreamer's high』は出だしの部分だけ去年のライヴで聴けたけど、当時はなんて曲かわからなかったし、そのあとああいう展開の曲なのかっていうのもわからなかったから、今回ようやく全貌が聴けてたまらんです。
こんなリリースウィークでtwitterやってたら当人たちと絡める…、カラメルソースだと思うのですが、ぼくはやっていないので、いつかイッペイさんとかがこのブログを見つけてカラメルソースしてくれることを切に願いながらこれからもたまにブログにサクメリのことを書いて行こうと思います。

サクラメリーメン『キャラクター』 [音楽(仮)]

というわけでサクラメリーメンのニューアルバム

キャラクター

買ってきましたね。

個人的には

キャラクターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ってカンジですね。

タワレコで買うとロゴ入りボールペンがもらえましたね。

サクメリのロゴも好きですね。
このロゴだけで生きていけますね。

いまも聴いてますね。
2周目ですね。
2周目はランダム再生にして聴いてますね。

これまでにライヴですでに演奏していた『待ったなし!』、『カラログ』、『きっと世界は』などが、ようやくご家庭で聴けますね。ここ半年以上サクメリのライヴに疎遠なのでほかの音源はほんとにきょう初めて聴いてますね。というかもうヤバいですね。泣きそう。聴きながら書いてるとタイピングが歌詞に引っ張られますね。

そのなかからこのアルバム1曲目のMVが観れますね。

イッペイさんがかわいいですね。
それと、このオンナ、誰!?ってカンジですね。
それだけが心残りですね。

メレンゲ『CAMPFIRE』 [音楽(仮)]

平静を装ってはいましたが21日にメレンゲやLEGO BIG MORLなどの新譜をゲットしてメレンゲから聴いていたのですがそこから先に進まなくいまのところメレンゲづくしです。メレンゲの初回盤DVDは自分も行った下北でのライヴ映像。前回前々回の日比谷野音、渋公でのDVDには映り込んでいた(後ろ姿)わけですがそれと比べても今回はキャパ的に映り込む確率盛大だったのですが映り込んでいませんでした。それはまあいいとして。このライヴまだ2か月ちょっと前なのですよね。あれですよ、行く前に虎の門ヒルズ行ったり映画観たりして、ここのライヴハウスにはロッカーがないからっていうので下北の駅のロッカーに預けに戻ってそしたら雨が降ってて開場までまだ時間あるから雨宿りに入ったビレヴァンで好きなカンジのTシャツがあったから買っちゃってせっかくロッカーに荷物預けたのに…っていう、そういう自分の貞操観念のなさにがっくりきましたよね、あの日は。っていうくらいまだ記憶に残ってるから…!忘れてないから!忘れていないから!(←めんどくさい)『クレーター』は本編で演ってたんだけどアンコールで「この映像をなにかに使うかもしれないので、さっき間違えた『クレーター』を」ってもっかい演奏したのはこのDVDのことだったのだなぁ。
アルバムは12曲入りですがシングル4曲とそのカップリングも入ってるからこの1年の間のベストアルバムみたいな構成になってます。

シングル4曲も好きだけど、あとはこのティザーのラストに流れてる『流れ星』が好き。
シングル4曲のなかだとどれも甲乙つけがたいのですがあまりそのなかでも報われなかった感のある『シンメトリア』がぼくは好きです。

今回は特典としてライヴ終演後の楽屋にご招待抽選があるわけですが、なかなか応募できないですよねこれ。終演後だから。
向こうはきっと諸々ちゃんと整えてから、あいあーい、って楽屋のドアをガチャって開けてくれると思うけど、きっとこっちは汗だくだし、髪も乱れてるし、服も乱れてるししわだらけだし、こんなみすぼらしいカッコじゃ…、きっと会ってくれないわ…、会わせる顔がないわ…!(←めんどくさい)

バウムクーヘンてクチんなかがぱさっぱさになるからバウムクーヘンのなかにポンデリングみたいな感じのが入ってればちょうどいいんじゃないかな。 [音楽(仮)]

サクメリのニューアルバムのリリースが来年1月21日に決定という発表が本日大阪でのライヴ「本日発表」にて本日発表されたということでね、まずはおめでたいことです。ライヴのタイトルが「本日発表」ということで数か月前から引っ張ってきたので、それなりの予想は立ててたんですが現実的に考えてやっぱアルバムの発表かなと予想していたので予想通りでした。3年近くリリースがなかったわけですから。うん。ライヴは絶えることはなかったから楽しませてもらってきたけれども、リリースがないというのは薄々心配していましたし。レーベルはインディーレーベルに移籍になったようですが、けれどもこうしてカタチとしてCDが出るだけでも喜ばしいことなのだとこのご時世特に思う次第です。いやでもあれですよ、サクメリはもっと報われるべきだと強く思いますね。イッペイさんの可愛さももっと認知されるべきだと考えています。しかし年明けのライヴが神戸で2Daysて。行けるわけないやい!今年もうサクメリのライヴ行く機会ないなー。なんとかねじ込みたいけどなー。

と、真面目に思うがままに書いてみましたが。

メレンゲ、LEGO BIG MORL、グッドモーニングアメリカの新譜がそろいもそろって10月22日発売だし、Dirty Old Menは今月、バンド名を改名するとかいうし、よく聴いてるバンドが激動の時代を迎えている今年10月です。
それにしても、バンド名を改名ってぼくが知らないだけかもしれないけど結構珍しくないですかね。個人的にはそのままでやってほしいなっていう思いはあるのですが、そうですね、どんなバンド名になるのか予想してみました。ちゃっちゃと。妥当に行って、Dirty Young Men、Dirty Old Boy、Dirty Old Girl、Dirty Old Mens、OIOI MENS、DOM、BOY MEETS GIRLとかですかね。…それを改行しないだけ、ぼくも乗り気で書いてないということが伝わったと思うけど。

メレンゲ『楽園』 [音楽(仮)]

メレンゲのニューシングル

    楽園

が、本日フライング日です。

やっぱり曲調があの日あの時あの場所できみに会えなかったら的テイストが含まれていると思うのでどこか懐かしい感じがしますね。キラ☆キラ的ともいえる。
で、
この曲が主題歌になっているドラマは観てませんが、
不倫の応援歌ということなので(誤解を招く表現)
不倫をしているアナタにオススメだよ!(→吹き出し調。

そう、そこの、



オマエだーーーーーーーーーーーーーー!!!


…。



メレンゲ『僕らについて』 [音楽(仮)]

メレンゲのニューシングル

僕らについて

買ってきちゃった。

この曲はアニメ『ピンポン』のエンディングに起用されておる…起用されておる!わけですが、やっぱりなんか『ピンポン』てアルファベットで書くと『KINGKONG』とか『HONGKONG』みたいだなと思いますよねどうでもいいですよねそんな話は。
個人的には『‶あの夜明け前の”僕らについて』がすき。
すき、っていうか、ずき、って感じですね。意味わからないですけれど。

また、初回盤DVDには今年のヴァレンタインに渋公で開催されたライヴから7曲収録。
このライヴの帰りに大雪で電車が止まり降りまくる雪に埋もれながら3時間タクシーを待った思い出の日の映像なだけあって感慨もひとしおです。
『ユキノミチ』でまた感涙。
それもそうなのですが『君に春を思う』も『クレーター』も『シンメトリア』もDVDの選曲が…まあ!憎々しい!かっこいい照明も再確認。
確認したところ、僕の後頭部が何度か映り込んでいました。


自転車の空気を入れるのがめんどくさい。 [音楽(仮)]

僕のこのブログは2011年に閉鎖された音楽系SNSのPLAYLOGから引越でここへやってきて、で、ブログのテーマもPLAYLOGとして引き継いでいるので、やっぱり音楽のことは多少なりとも書いておかないといけないかなと思いますし、それがPLAYLOGへの弔い、餞なのかなというか、そのPLAYLOGの遺志を引き継いで後世に伝えていかなければならないなと思っていることにしたんですね。まあそれは言い過ぎだとしましても、PLAYLOGで特に交流のあったログ友というメンバーさんは当時10代から推定40代までいて、20人ほどおりましたけれども、いまはなにをしているのだろうか、たまに思い出してみたりするのですが、どこの誰だかはわからないけれど、どこかですれ違っていたりするのかもしれないなとか思うと、だからあれですね…、将来的には、ニュースとかに名前が出るときは氏名とネット上のハンドルネームを併せて公開する時代になっていくんじゃないかと思いますねすげー嫌ですけれど。

そんなわけで去年よく聴いたバンドのPVを貼り付けるだけの手抜きブログはじまるよ。


■サクラメリーメン

このブログを常に読んでいるかたがいるかどうかは存じませんが、このブログ上では定番ですね。もはや用語みたくなっています。足かけ…6年目?にして、去年ようやくメンバー全員にサインをもらいました。ライヴでのトータのひとりひとりの目を見て歌う感じに射抜かれて腰砕け。


■メレンゲ

すごく好きです。が、ほかの曲含めとにかくカラオケで歌いにくいです。なので、ひたすら聴くのみです。歌うことはしないのです。


■nicoten

まだライヴにまだ行けてないバンド。彼らの公式HPに行って少しするとPCが強制終了するのがライヴに行けない要因のひとつ。


■cinema staff

去年は某進撃の巨人のタイアップで有名になったのでしょうか。しばらくライヴを観に行けてないのでチケットが取りにくくなるまでには行きたいなぁ。


■グッドモーニングアメリカ

彼らの名前をどう略すのか、しばし考えていたのですが、オフィシャルは「グドモ」だそうです。僕それまでグモニって言ってた。ライヴの日程が個人的に行けない曜日にばかり組むのでこちらもライヴ疎遠気味。


このほか去年も変わらず、残念なことにS.R.Sが解散してしまったものの、まだ彼らの音楽は聴いているし、back numberはここ1年ちょっとライヴ行ってないけれど去年は武道館で演ったりファンクラブを立ち上げたりして調子に乗っているので今後ライヴはあまり行かないかもなぁとか理不尽なことを考えています。Dirty Old Menもしばらくライヴに行ってないのですが、彼らのライヴは別に行かなくてもCDで聴ければそれでいいや、っていう酷い言い方ですがもちろん変わらず聴いています。lego big morlは去年は不慮の事故でライヴやリリースの機会がなかったため、今月の復活ライヴを観に行きたいところですがまたの機会に。音速ラインは過去曲のアコースティックの音源アルバムがすごく好きで聴いてますが、そう思えば、こうしてヒトは年を取るたびに徐々にスローな曲を好きになって行くのかな、と、ふと思ったりしています。でも演歌を好きになるとは思えないのですが彼らが演歌を歌うようになればそれで好きになるのですね。日本はきっとそういう仕組みなのですね。

髪も爪も伸びるのが日増しに早くなっている気がするのです。 [音楽(仮)]

メレンゲのニューシングルが本日発売

なのですが

ネットで注文していたのですが

発売日にも関わらず手元に届いていないので

この曲を聴きながら

ああ、あのとき、
別のとこで注文していればと、

そう思わずにはいられないのでした。


「持ち運びの時間は?」と聞かれ「10分くらいです」と言ったのに「1分ですか」と言われめんどくさいのでもうそういうことにした。 [音楽(仮)]

このブログの年始にちらっと紹介したS.R.Sが解散を発表。


がーーーーん。


昨年、メンバー2人が脱退してからはネットで定期的に番組をやっていたらしいですが、リリースもなかったし、ライヴもなかったはずで、メールニュースで近況は知らされていたけれども、きょう解散の発表がありました。残念。メジャーデビュー曲の『Sometimes』から聴き始め、一昨年リリースのアルバムもすごく良い出来の作品だったし、タイアップも結構取ってたし、これから脂が乗ってきてもっといいカンジになってくるだろうと期待していた部分もあるのですが、いやはや残念。短すぎる。ライヴへは2度ほど行きましたが、もっかいくらい行きたかったなぁ。

しかし、

4人編成のバンドが2人欠けて2人になったらバンドっていうか、もう、デュオだし、



カズン



ていうカンジですもんね。
前の10件 | - 音楽(仮) ブログトップ