So-net無料ブログ作成
検索選択
映画館(仮) ブログトップ
前の10件 | -

混雑は嫌だけど郊外の映画館よりも都内の映画館の客のほうがちゃんとしてるのでそういう意味では都内のほうが好き。 [映画館(仮)]

過去の映画館紹介記事を読み返してみて、この10年の間に閉館した映画館の多さに改めて気づくというか、都内の映画館は開けたり閉めたりを繰り返し、とりわけ渋谷なんかはこの間に個人的には壊滅状態だし、なにより全体的に自分が好きな映画館がたくさん館じまいしました。閉館が決まっている好きな映画館のひとつ、日劇にもこないだ行ってきて、この広さがやっぱ好きだなぁ、閉館残念だなぁと思いましたが、その一方でとりわけ思い入れの少ない台場のシネマメディアージュも閉館するそうですし、それはさておきどちらかといったら好きな映画館より嫌いな映画館のほうが増えてきたかも、というわけで、好きな映画館ランキングはやらないけれど、嫌いな映画館ランキングならやれるよ!と、いうことで本日は予定を変更して、最新版・嫌いな映画館ランキング、


この映画館がキラい!2016東京・秋・初秋・autumn


を、お送りします。


キラ★い!5位
TOHOシネマズシャンテ
→エレベーター前と後の順序が乱れる混み具合がキラい。椅子の座り心地悪い。※閉館決定済み。


あんたキラ★い!4位
テアトル新宿
→座席がほぼ平坦で前にヒトがいると見づらいうえ、椅子の座り心地悪い。雨の日とか階段滑りやすい死亡フラグ。



オレ、オマエ、キラ★い!3位
シネマカリテ
→ここの問題点は、近年、オープンしたくせして席を立つと影がスクリーンに投影されるという映画館としての素質がないところ。




オマエ結構キラ★い!2位
TOHOシネマズ六本木ヒルズ
→椅子が土足で上がったガキの靴と思われる土汚れ、座席のドリンクホルダー、トレーにポップコーンが挟まってたりして汚いなど細かい不衛生さが目立ち2位。






あんたなんか大キラ★★★い!1位
新宿ピカデリー
→ダントツ1位。MOVIXとカードが統合され、以前の8回鑑賞で1回無料から6回鑑賞で1回無料になったけどMOVIXのサービス(モーニングショー)がないなど統合さが曖昧。そしてここはなにより入場口から各階のスクリーン(3階~11階)にたどり着くまでの導線の絶望的な長さ。試しにエスカレーターで3階から11階まで普通に上がったら空いてても5分かかりました。入場開始してすぐに入っても混んでたら予告編余裕で始まってるレベル。エレベーターは一基しかないし狭い。史上最悪な構造のシネコン。ロビーにソファー置くぐらいならエレベーター増やすべき。エスカレーターを降りたすぐ先に売店があり万一エスカレーターで将棋倒しが起きたら確実に売店巻き添え。キャパの割りに売店狭すぎだし。映画ハシゴするときに上映スケジュールの効率を考え調べた結果、ここしか妥当な映画館がないとわかったとき、絶望。一回死んで新しい映画館に生まれ直してもらいたい。



…というわけで新宿の映画館が3館ランクインしました。
もう新宿っていうか、

惨宿

が、お似合いだよ!!

『シネマシティ』 [映画館(仮)]

…と、いうわけで人生初、立川へ行ってきまった。

朝も早いうえに、乗り換えが多いのは許せないので時間短縮および乗り換え被害最小限に抑えることができる特急スーパーあずさと名乗る特急に乗ったのですがまあこの特急の鈍いこと鈍いこと。鈍行に何回抜かれたことか。2分遅れで発車して立川に着いたのは謎の10分遅れ。ちょっとした小旅行感を期待していたのにプラス510円出してこの体たらく、あずさ許さないあずさ許さないスーパー許さない。この時代にこんなんで長野まで行くだなんて将来いつになったら着くのかわかったもんじゃないわね!!壁もなんか汚いし!ほら、そこも汚れてるよ!!

…と、立川に着いて思ったことは、市のクセして、なかなかの近未来都市だなってことです。ルミネ、エキュート、伊勢丹、高島屋…、どうでもいいけどまとまって揃ってる!
それになにより、
近未来都市の象徴、

モノレールが走ってる!わー!!

…てことで立川の映画館、

▼シネマシティ

●トイレの石鹸の泡度:手壬
●この映画館のこととか。
行くまでのイメージでは、立川だしぃー、微妙にきっとなにかがズレてるだろうという先入観がとてもあったのですが、全然コジャレた映画館でした。高島屋があって、モノレールが通っているそばにあって、出で立ちからしてここは23区と見まがうほどですよね。ロビーも広めで、解放感がある。が、キャパはそれなりにあるものの、トイレの狭さは気になったかな。複数ヶ所あるのかも知れないけれど、たまたま入ったトイレの狭さはミニシアター以下並み。そしてスクリーン内、教会みたいな照明でこれがまたコジャレたね、天使にラブソングを感がすごかったですね観たことないですけれど。まあでもなるほど、なかなか好きな感じ。ただ、座席と座席の前後の間隔はやや狭いというか普通かな。なんか知らないけれど体育会系大学生みたいなのがたくさんいて体育会系スポーツバッグだらけだったので狭く感じたのかも知れない。それでこの映画館では爆音上映というのが全国的にも有名だそうで同僚も前に言ってたから気になってはいたのですが今回は爆音ではなく、極上音響上映というスタイルで映画を観まった。なるほど…、同じ映画でも音が違い、これはキメ細やか。音楽、効果音、セリフ…、すべてきれい。ドカンドカンする場面では席に振動が伝わって揺れる。映像の質自体は普通だけど。立川市民はいつもこのスタイルで映画を観ているのかと思うと軽く嫉妬します。つまりこれが普通だと思ってるってわけだから。
ただ、スーパーあずさのあのノロさはもう味わいたくないのでまた行くかどうかは微妙かな。でもここのネット予約システム、クレカ決済だけど上映20分前までキャンセル可能というのがとてもありがたいですね、50円増しの料金ではあるけれど、電車の…、スーパーあずさのせいで間に合わなさそうな場合はキャンセルして予定を変更できる。こんなシステムはほかにみたことがないので、そんなところはダテに23区外ではないなと思いますね。コンセッションの料金も新宿あたりと比較したら安いし。
だから、ちっともスーパーではない、名前負けしている、イタいキラキラネームの、スーパーあずさの態度次第ですね。

『ユナイテッド・シネマとしまえん』 [映画館(仮)]

こないだ、ふと、駅で盲導犬が歩いているのを見かけたのですが、ふと、あれはラブリーなフォルムをしているなぁと、ふと、思うのですが、ふと、でもその姿を連れているかたは見ることが出来ないのだなぁと、ふと、思ったらその関係性が切なく感ずるのです。


▼ユナイテッド・シネマとしまえん

●トイレの石鹸の泡度:―※未調査。
●この映画館のこととか。
4DX導入館ということでそれ目当てで初利用。としまえんのすぐ近くというだけあってコドモがすごく多い印象。TOHOの新宿や六本木の客層とは明らかに違う。ロビーの構造はTOHOシネマズの六本木ヒルズに近い感じだけど、ムダに曲線な作りでごちゃごちゃしてて歩きにくい。トイレをちらっと見たけど、キャパの割に激狭な印象。いくつかあるみたいな貼り紙はしてあったけれど貼り紙しなければならないほどトイレが枯渇しているということになるので設計ミス感は否めない。それと、衛生面もイマイチなように見えました。としまえん駅で下車、すぐそばといえばそばなんだけれども駅と陸続きではなく、この日雨だったので若干濡れてしまうのが残念。としまえん久々だけど、相変わらずたどり着くまでに完全な住宅街のなかをしかも至近距離で電車が走ってる感が懐かしくて都内とは思えない感じがそれはそれで好き。1階しか利用しなかったけど2階にも行ってみればよかったな。もうたぶん行かないだろうから惜しいことをした。


冒頭のくだりに話を戻すと、そう考えてなんだか暗くなってしまったので。
ふと、考えたところ、日本やアメリカでは犬がいるから盲導犬なのだろうけれど、ふと、犬がさほどいない国などではどうしているのだろうと考えたのです。ふと、宇宙人ならば、ふと、テレパシーで、ふと、誘導したり、ふと、ブラックホールが、ふと、誘導したりするとは思うのですが、ふと、地球の場合だとお国柄や地方性で、たとえば、ふと、盲導熊の国もあるでしょうし、ふと、盲導コヨーテ、ふと、盲導鮭、ふと、盲導ギャング、ふと、盲導天狗、ふと、盲導ジョンイル、ふと、盲導ジョンナムなどがあるよね!!

…ふと、それらはもし、ふと、見えたとしても、ふと、見えないほうがいいよね!!

やっぱりかき氷4杯でうぷ。 [映画館(仮)]

映画館のマナーCMで、

お困りのことがあったら劇場スタッフまで。

とか、

そのような行為を見かけたら劇場スタッフまで。

とか、
あれってつまり正しい客が損をするわけよ、という話なんですよ。
劇場スタッフまで告りに行ってる間は映画観られないわけだから。しかも戻って、そのあとに劇場スタッフがやってきて注意したら誰が告ったかバレバレだし。だからうるさいとか、そういう次元の客ならば空いてれば自分が席を移動してそのストレスから逃れるとかしかないと思うんですよ、実際。

ただやっぱり、マナーが悪い客は普通に観続けて、正しい客は観賞中断、そんなことはあってはならないと思うんです。

だから、


そんなことをしてなんになるって言うの!
お願いだから劇場スタッフまで自首してちょうだい!!


と、いう、マナーCMに差し替えるべきですよね。

あとは、


マナーが悪い客にマナーが悪い客が支払う懸賞金を懸けてどんどん劇場スタッフまで告るようにすれば結構減ると思うし、億万長者だって夢じゃないよね!わくわく!!

夢で登山してて片方では誰か飛び降りて死んでるし片方では誰かアタマにケガしてなんか膨れてるしそんな休暇に疲れて目が覚める。 [映画館(仮)]

映画館で映画を観てるときにおそらくはトイレに行ったりだとか、エンドロールが始まったらば退出するヒトで、場内が暗いせいでか、非常口目がけて突進して非常口の扉を開けて未知なる通路が現れひとり恥ずかしい思いをしているヒトを老若問わず…、いやむしろ若い世代に多く最近にわかによく見かけるのですが、なんかもう数年前まではそんな光景見かけたことなかったのに最近はスマホの普及で頻度が高まってるというか、スマホをいじってなくとも前をよく見ないで歩くようになってしまったのだと思いますね。そういうヒトを見ると怖いですしなにより寒いですよね。間違って非常口の扉を開けたことで全員に気付かれれば爆笑されるかも知れないけれど、暗いから一部にしか気付かれないし、暗いうえに素なのかボケなのかわからない、つまりはわかりづらいネタだからぼくみたいなのに気付かれたら陰で鼻で笑われる程度なんですよね。


報われないよね。

この時期なので「言の葉の庭」を観て浸ってみる。 [映画館(仮)]

アクセス解析からすると映画ファンがヒソヒソとはびこるこのブログなので、そういえばTOHOシネマズのほくほくポテトに代わるいつの間にかの新メニュー?フリじゃがを賞味してみたのでなんとなくのその感想です。というかTOHOシネマズの飲食物って映画館のグレードに似合わずなんだかチープなイメージがあるのですが、今回もチープさが滲み出てます。
フレーバーは確か2個あるのですが、ぼくが食べたのは匂いがきつめではびこってました。だから混んでる映画のときはあまりおすすめはしないです。横ではびこるように食われたらイラッとすると思います。というかおそらくなんとなくの予想だけど片方のフレーバーもきっと匂いきつめだと思います。濃くしてドリンクも買わせようという算段が働いてますね、きっと。
でも味がはびこりすぎたほくほくポテトよりかは好きです。
思ってたよりもポテトが細くて、箸で食べるのが最適ですかね。なんかあの、ハリウッド映画でオフィス街で働くヒロインとかがオフィスで箸でなんか食べてるのっぽいです。容器の形は違うけれど。
ただ、箸ではなくフォークを渡されますね。けど個人的にはフォークとかの食べる道具を渡してくれるのはありがたくて、このテのべたべた手がはびこる汚れる系の食べ物を、こういった場所で食べるのならば道具が必要だと、かねがね考えていたからです!こどもなんかだと素手で食べて座席で拭いたりするのがはびこりそうだし、だからこういった食事を提供する映画館はストローだけではなく、箸なんかを用意するべきだと声をあげたいですね。

揚げ 物だけに。

ぷぷぷっ!

…。

『TOHOシネマズ新宿』 [映画館(仮)]

病院で出された薬が4種類、なんだかんだで5種類もあり、とてもめんどくさい思いをしているのですが、そのせいか食事後富に眠いのです。

…はっ!

盛られてる!
死なせられるのではないか!
死なせれれるのではないか!


▼TOHOシネマズ新宿

●トイレの石鹸の泡度:手壬
●ホームページ:http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/076/TNPI2000J01.do
●この映画館のこととか。
ゴジラヘッドで話題のあの映画館です。ゴジラヘッドというかもうボンバヘッドというカンジですよね。この界隈ガラ悪いからあんまし来たくないし、けど久々この映画館のために来たら、そこそこ一掃されてて、まあまあ。コマ劇場跡地と言われてもコマ劇場入ったことなかったからそこら辺のなんかの感情はないのですが、けど道を一歩外れたらガラ悪いのは変わらない感じはしましたね。追いやられて逆に集約されてるというか。で、TOHOシネマズ自体も久々に来たけど、このブログの検索ワードなぜか上位に君臨し続ける、あの、ほくほくポテトがなくなってる!それともここだけなのかな、わからないけど。フリじゃが、っていうじゃがメニューはありました。機会があれば食べてけなしたいと思います。館内アナウンスがここもまた防災無線みたいなアウンスで館内でも治安の悪化に歯止めをかけている印象は受けました適当ですけれど。オープンしたばかりということもあるせいか、ほとんどの映画にまんべんなくヒトが入ってる印象でかなりの混雑。というかこれもオープンしたばかりだからか、平日と休日でタイムスケジュールに違いがあるのは仕方ないとしても、同じ平日でもたとえばきょうと明日でもタイムスケジュールが違うということが結構見受けられ、そこは分かりにくくて残念。新宿駅からの導線で考えると、ちょっと歩くのですが、やっぱ新しもの好きってことでしょうか、最初は。入場口からスクリーンまでの導線はエスカレーターかエレベーターだけど、エレベーターは一基しかない(ように見えた)からよほど時間に余裕がない限りは使わない。エスカレーターも一人分のスペースしかなく、入場開始から目当ての(一部の)スクリーンにたどり着くまでは多少の時間はかかる。自分が映画を観たスクリーンはキャパが350とかのスクリーンでしたが退場時に出口が一ヵ所しか開放されてなく、スクリーンを出るまでにも数分かかりました。スクリーンを出た後の退場時は階段も使えるので階段がいちばん手っ取り早いかと。こことピカデリーとバルト9、そこら辺のストレスを感じないのは圧倒的にバルト9。とはいえTOHOシネマズなのでポイント溜まるし、今後も利用すると思います。

夜ももうTシャツじゃん! [映画館(仮)]

そういえばぼくが好きな映画館、日劇が閉館するそうで。
銀座地区にも東宝系シネコン進出のためらしいですが、1スクリーンの座席が1000くらいある映画館てもうないんじゃないかな、ああいうスケールのデカい映画館も好きなので残念です。
とか言いながら日劇には2年に1回くらいしか行ってなかったんですけれど。
それでそういえば久々にこのブログの検索ワードを覗いてみたら、

シアターイメージフォーラム
シネマカリテ 飲食
TOHOシネマズ ほくほくポテト

と、いった映画館で検索して迷い込んだ方が多いみたいです。
もっと変なワードで検索してるヒトがいるかも!と思ってはいましたが、ネット=変なヒトが多い昨今の風潮から考えると、思っていたよりもまともな人々が多く、ぼくは安堵しましたね。
ぼくはまあ都内の映画館は根こそぎ制覇したいと思っていますけれど、まあしないですけれど、行ってみたい映画館もいくつかあるし、行くたびにここでトイレの石鹸の泡度もあわせて紹介できたらいいなとか思ってますけれどこのブログいつまで続けるかわからないですけれど。

イメージフォーラムへはしばらく行ってないので、
あの映画館は青学の近く、ということだけしか覚えていないのですが、

どうせなのでこの際、最新情報にまじめに更新しますが、
当時なんて書いたか振り返りはしないですが、最近の
シネマカリテの印象でいうと、
ここでの飲食はオススメしません。
というか飲はいいけど食はダメ。
キャパが狭いので。
TOHOシネマズのほくほくポテトはたぶん当時も書いたけどオススメしません。
でもフレーバーが変わると、ちょっと試したくなって血迷って注文した夜もあるのですが、
基本的にあのポテトはどんな味でもダメだと思います。味も濃いし。
あれを食べることでほくほくするのは東宝だけです。違う意味でね!
ぷぷぷっ!!

寒いけれどなんか春っぽい匂いがするわず。『渋谷シネパレス』 [映画館(仮)]

発売日に届かないかもよ的な脅し文句が書かれていた
サクラメリーメンの2年10か月ぶりブランニューアルバム

キャラクター

が、無事にフライング日の明日到着しますメールが届いていて吐きそうです。
11月から予約しておいた甲斐があったー。
というわけで明日は仕事から帰ったらこれを聴きこんで歌詞も覚えなければいけないので大変ですよ。それにしても今回見事にライヴの予定が合わないのでどうしたものかとねちゃねちゃと考えているところですが、なんとかなるように早めに根回しを図りたいと思います。あと、便宜とかも。



話は全然変わるのだが映画館紹介。

▼渋谷シネパレス

●トイレの石鹸の泡度:手壬
●ホームページ:http://www.mitsuba-inc.co.jp/scp/
●この映画館のこととか。
そこそこ長い歴史を持った映画館だと思うのですがつい最近になってようやく入った映画館。そしたらなんと2階席があるぼくの好きなタイプの映画館。当然2階席のチケットを取って鑑賞しましたが、2階席ある割にはスクリーンが小さめでちょっと物足りなかった。しかし身を乗り出したら1階席に落ちそうなドキドキは味わえます。昔ながらの映画館だから前の席との間隔がかなり狭い映画館。ロビーやスタッフさんの雰囲気は落ち着いていて、混んでいなけれさえすれば穴場感覚なのですがそのときは混んでいたので穴場ではありませんでした。



というわけで、明日はもう仕事が手につかないくらいサクメリのことを考えるのを辞さない構えなので定時でダッシュで上がるもんね!ぷんっ!!

…。

朝晩の冷え込みが。『シネマサンシャイン平和島』 [映画館(仮)]

この秋でブログを始めてから8年になるのですが、
ブログを始めてからの8年間、
多かれ少なかれさまざまなことがありましたけれども、
映画にまつわるところでいうと、
この8年の間に好きだった映画館が潰れて潰れて潰れて、ツブレターって感じでしたね。



▼シネマサンシャイン平和島

●トイレの石鹸の泡度:手壬
●ホームページ:http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/heiwajima/
●この映画館のこととか。
都内では初で、いまのところは都内唯一の4DX導入館ということなわけですが、だからほかの設備も最先端かというとむしろ逆で、トイレの石鹸の容器や、ポスターをセロテープで留めてるところだとか、昔の映画館臭がとてもする、最先端とのギャップがハンパない映画館でした。スタッフもイマイチ気だるそうで、姑っぽく言うつもりもないけど、でも、良くはない。内輪ネタで盛り上がってる感じ。もちろん映画に罪はないけど、映画館の雰囲気的に見ると、よほどじゃない限りもう行かない。



ぼくの好きな映画館はムダにスケールがデカい映画館が好きなのですが、そういう映画館てたいがいがもう古い映画館なので、新しいシネコンに喰われておしまい、みたいなのがこの8年の間の流れだったように思います。
きょう紹介した映画館も潰れそうな感じですが、
まあ別にそこはどうでもいいや、ってカンジなのでぼくは前を向いて歩いて行ける、そんな感じです。


きょうもご拝読ありがとうございました。
前の10件 | - 映画館(仮) ブログトップ